広告

LTOはバックアップメディアに最適か?

LTOはバックアップメディアに最適か?

長期的なデータバックアップは、あまり考えないことだが、映像やデータを将来再利用するためには非常に重要だ。 LTOテープは、近い将来、手頃な価格で長持ちするHDDの代替品となるだろうか?

ほとんどの映像クリエーターは、毎分5400または7200回転で回転するHDDハードドライブディスクに保存している。しかし、動いているものは、摩擦や経年変化によって損傷を受ける可能性が高くなる。 SSDの寿命は約3,000〜100,000回の書き込み操作または60〜150 TBW(書き込みテラバイト)とかなり固定されている。HDDは理論的には永久に存続する可能性があるが、通常は約10年後に故障する。ヨーロッパ最大のクラウドプロバイダーであるOVHcloudのデータセンターSBG2が全焼したことからわかるように、バックアップではこれらのデジタルの悲劇を完全に救うことはできない。

では、どうすればよいか

そこで、古いテクノロジー、つまりテープが再び登場する。 MiniDVテープとVHSテープについて考えると、磁気テープはそれ以上のものになる可能性がある。 LTOはLinearTape Openの略で、Hewlett Packard Enterprise、IBM、およびQuantumによって1/2インチテープカートリッジ用に開発された標準であり、現在の世代はLTO-8で、LTO-9は今年末に計画されている。 LTO-8は12TBをネイティブに保存でき、最大30TBを圧縮できる。LTO-9はさらに18TBのネイティブと45TBの圧縮ストレージ容量を備えている。ただし、これらは単なる架空の計算であり、H.264、Apple ProRes、REDCODEなどのすでに圧縮されたコーデックでは実現できない。

最大読み取りおよび書き込み速度は、LTO-8またはLTO-9テープでそれぞれ約360MB /秒または400MB /秒だ。圧縮データを使用すると、最大1000MB /秒になり、一部のPCIe SSDでさえ追いつくことができない。

HDDと比較した大きな利点の1つは、ほとんどのLTOテープの平均寿命が約30年であること。これにより、このメディアはデータのバックアップとメディアファイルのアーカイブに非常に適している。

mLogic LTO Drives
LTO-Drives usually come in desktop, internal or server rack variants. Image credit: mLogic

LTOテープの欠点

ただし、LTOテープには注意点がある。ほとんどの場合、約20,000パス(読み取りと書き込み)と評価されているだけでなく、その名前が示すように、リニアメディアだ。メディアはエンドツーエンドパスで読み書きされる。つまり、テープの中央に1つのファイルだけを配置または取得することはできない。これは、終日ライブプロジェクトを行うサーバー向けのメディアではない。 LTOテープは、長期のアーカイブストレージとバックアップを目的としている。

ワークフローもHDDとはかなり異なる。 LTOテープにはポートがない。通常、PCまたはサーバーにあるLTOドライブに挿入する必要がある。ここで、テープは実際にカートリッジから出て、ドライブ内の別のスプールで回転する。 LTOを使用して、現在作業中のデータの定期的なバックアップを作成し、その後それらをオフサイトに保存するものもある。 LTOからデータを取得することは、HDDなどの別の場所にすべてのデータを書き込むことも意味する。テープはオフラインで保存されるように作られているため、テープのデータに損傷を与える可能性のある電気部品がテープの近くにないことが求められる。ドライブはLTOアーキテクチャで最も高価な部分であるため、ほとんどのユーザーは1つまたは2つのドライブしか持っていない。

LTOは長期的な選択肢か

LTO規格は、一般的に、おそらくもっと長い間存続するだろう。すべてのLTOドライブにはある程度の下位互換性があり(LTO-8ドライブはLTO-7カートリッジも対応する)、2000年以降、3つの創設会社すべてが関与しているため、近い将来に廃止される可能性はほとんどない。 LTOコンソーシアムにはすでに次の3世代のロードマップがあり、LTO-12はネイティブで144TBの容量を持つように計画されている。

新世代のLTOのいくつかの追加機能には、機密データ用のAES暗号化およびWORM(1回書き込み、多数読み取り)機能が含まれる。

時間と十分なデータがあれば、目的のファイルを含む適切なドライブを見つけるという問題が発生する。ほとんどのLTO管理ソフトウェアには、何らかの形式のメディア資産管理機能(MAM)が付属している。これにより、さまざまなテープに書き込まれているすべてのデータのデータベースが作成され、必要なファイルを含むドライブを見つけるのに役立つ。

If your demand is high enough, a LTO-Tape library helps you with storing tens of LTO-Tapes and automating the backup process. Image Credit: Qualstar

LTOはすべての人にとってのソリューションか

それは絶対にない。ドライブの価格が4000 ドル前後になることもあるため、これはほとんどの小規模なポストプロダクション会社にとって依然として非常に高価だ。損益分岐点は、従来のHDDと比較して約300TBだ。ただし、前述のように、HDDとはまったく異なるユースケースがある。大量のデータを非常に長期間保存する必要があり、データを取得することはめったにない場合は、LTOが役立つ可能性がある。

テープの安全性と寿命が必要ではあるが、ドライブに高額な費用をかけたくない場合は、Amazon Glacier、Google Archive Storage、OVH cloudのCloud Archiveなどのオンラインアーカイブストレージサービスを選択できる。ストレージ自体は安価だ。たとえば、Amazon Glacierの月額は0.004ドル / GBだが、データの取得だけなら0.03ドル / GBと非常に高額になる。また、データがダウンロードできるようになるまで3〜5時間かかる。ただし、定期的なアーカイブデータが十分にあると、クラウドバックアップが不便になり、ローカルインターネット帯域幅がボトルネックになり、価格が高騰する可能性がある。

Featured Image Credit: Hewlett Packard Enterprise and Western Digital

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience