マンフロットがMOVEクイックリリースシステムを発売

マンフロットがMOVEクイックリリースシステムを発売

マンフロットは、新しいクイックリリースシステム「MOVE」を発表した。カメラリグを三脚からスライダー、ジブなどに素早く移動させることができる。

マンフロットは、ボール雲台MH496-Q6、カメラバッグGimPod、Pro Light、ジンバル300XMと並んで、グリップ機材用の新しいクイックリリースシステムMOVEを発表した。

昨年のバーチャルショーでiFootage Seastars Q1の紹介をしたが、グリップ機器のクイックリリースシステムは新しいものではない。しかし、マンフロットはこのコンセプトをさらに推し進め、20kgの耐荷重を実現した。

Image credit: Manfrotto

マンフロットMOVEの特徴

マンフロットのMOVEは、カメラなどの機材をクイックリリースできる。このシステムにより、カメラリグをスライダーから三脚、一脚、ジブなどの間で素早く移動させることができる。

マンフロットのMOVEは、全体がアルミニウムの削り出しでできており、重さはわずか220gで、最大20Kgの耐荷重がある。寸法的には、ベースの直径が60mm、システムを閉じたときの全高が53mmとなっている。

Image credit: Manfrotto

トッププレートには、1/4″20の取り付けネジと、バネ式の回転防止ピンが付いている。また、トッププレートには、1/4″-20から3/8″-16へのアダプターが内蔵されている。ボトムプレートはフラットなベースに3/8″-16の取り付け穴を備えている。

Image credit: Manfrotto

MOVEは、Xロックを回してトッププレートを離すだけの簡単なシステムだ。特定の位置合わせは必要なく、トップを好きな角度で設置できる。撮影が終わったら、トッププレートを別のMOVEレシーバーに装着し、トッププレートをレシーバーに押し付けて完全にロックする。

Image credit: Manfrotto

MOVEレベリングトッププレート

マンフロットは、通常のトッププレート(コードネームMVAQR-PLATE)の機能をすべて備えながら、レベリング機能を追加したレベリングトッププレート(コードネームMVAQR-GIM)もオプションで発売した。このレベリングトッププレートは、15°の調整範囲を提供する。

Image credit: Manfrotto

価格と発売時期

MVAQRクイックリリースシステムは、99.99ドルで販売されている。ベースのみが89.99ドル、レギュラープレートが24.99ドル、レベリングトッププレートが29.99ドルとなっており、すべての製品は現在発売中。

直接の比較として、iFootage Seastars Q1(現在はQ1Sに変更)は、わずか9Kgの耐荷重で、コンプリートキットは$74.00。

詳細は、マンフロットのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience