広告

Meikeが16mm T2.5 フルサイズ対応シネレンズを発表

Meikeが16mm T2.5 フルサイズ対応シネレンズを発表

Meikeが16mm T2.5フルフレームシネマレンズを発表した。これは同社のフレームシネマレンズの6番目となる。5種類のレンズマウント(PL/EF/RF/E/L)があり、45mmのイメージサークル、ギア式のフォーカスリングとアイリスリング、11枚の絞り羽根が特徴だ。現在、1,199ドルで販売されている。

中国のレンズメーカーであるMeikeは、手頃な価格で良質のレンズを製造している。同社は、フルサイズ、APS-C、およびMFTカメラ用のさまざまなレンズセットを提供している。最新の製品では、APS-C/S35カメラ用のミニプライムシネレンズセットのRFマウントバージョンがある。

今回、フルサイズ用レンズのワイド側を拡充する新レンズとして、Meike 16mm T2.5を発売した。この新しいレンズは、既存の24mm T2.1、35mm T2.1、50mm T2.1、85mm T2.1、そして最近リリースされた105mm T2.1に加えて、新たに発売されるものだ。

Image credit: Meike

概要

新しいMeike 16mm T2.5は、イメージサークル45mmを特徴とし、ARRI Alexa Mini LFやソニー VENICE 1および2を含む多くのフルフレームおよび大判カメラに対応する。レンズマウントは5種類から選択可能。PL、キヤノンEF、キヤノンRF、ソニーE、ライカLの5種類のレンズマウントから選択できる。

Image credit: Meike

このレンズの開放F値はT2.5、最短撮影距離は0.3m。シネマレンズであるため、業界標準のM0.8ギア付きフォーカスリングとアイリスリングが付属している。フォーカスリングは330°の長焦点で、正確なフォーカシングができる。シリーズの他のレンズはすべて前面フィルタースレッドが82mmだが、この新しい16mmレンズは86mmのフィルター径となっている。

Image credit: Meike

サイズ、重量、光学設計

サイズと重量は、選択したレンズマウントオプションによって異なる。鏡筒の長さは101.9mm(PL)~135.9mm(ソニーE)。各レンズの重量は約1,150g。

Image credit: Meike

光学設計は11群16枚。この中には非球面レンズが2枚含まれており、色収差の低減に役立つ。さらに、T2.5絞りは11枚羽根の構造で、滑らかで丸い背景のボケを実現する。

主な特長

  • 広角16mmフルサイズ対応レンズ
  • T2.5-22
  • PL/EF/RF/E/Lマウントの選択が可能
  • イメージサークル:45mm
  • ギア式フォーカスリング、アイリスリング
  • 11群16枚
  • 絞り羽根11枚
  • フロント径:90mm
  • 前面フィルターネジ:86mm
  • 重量:約1,150g

価格と発売時期

新しいMeike 16mm T2.5 Full Frame Cine Lensは、現在同社のサイトで先行販売中。すべてのレンズマウントは同じ価格で、1,199ドルとなっている。このレンズは7月30日までに出荷を開始する予定。

詳細については、Meikeのウェブサイトをご覧いただきたい。

フジヤエービックのMeike製品ラインアップはこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手