MetabonesがEF-GFX Smart Adapterと1.26x Smart Expanderをリリース

MetabonesがEF-GFX Smart Adapterと1.26x Smart Expanderをリリース

新たに発表されたMetabonesEF-GFXスマートアダプターや1.26xスマートエキスパンダーを装着すると、フルフレームのCanonEFレンズを富士フイルムのGFX中判カメラに取り付けることができる。AF、IBIS、スムーズアイリス、EXIFデータの電子レンズ通信も可能だ。エキスパンダーは、レンズの焦点距離とFストップを1.26倍にし、GFXセンサー全体をカバーする。

フルフレームレンズを中判カメラで使用するというアイデアは、まったく新しいものではない。 富士フイルムのGFX中判カメラの場合、ネイティブGマウントレンズの選択肢はそれほど多くない。一方、キヤノンEFマウントレンズは多く普及しており、それらを利用できれば非常に便利だ。過去にもそのようなアダプターは存在しており、たとえば、光学素子を備えたLaowa Magic Format Converterや、光学エキスパンダーを備えていない(ただし、V-NDフィルターを内蔵した)FotodioX Vizelex CineNDがある。 Kiponもそのようなアダプターを作っている。

光学素子を備えたレンズマウントアダプターに関して言えば、Metabonesは良好な画質で定評がある。同社は今回、Metabones EF-GFXスマートアダプター1.26xスマートエキスパンダーの2つの新しいアダプターを発表した。

EF-GFX 1.26x Smart Expander

このフォーカルエクスパンダーの考え方は、同社のフォーカルリデューサーであるスピードブースターとは正反対だ。このエキスパンダーは、レンズの焦点距離とFストップを1.26倍にし、イメージサークルを拡大して富士フイルムのGFX中判カメラのセンサー全体をカバーする。レンズの対角FOV(視野)は、フルフレームEFマウントカメラにネイティブにマウントされた場合と変わらない。

EF-GFX 1.26X Smart Expander. Source: Metabones

EFレンズの例をいくつか挙げると、スマートエキスパンダーを使用すると、24-70mm f /2.8は30-88mm f / 3.5になり、70-200mm f /2.8は88-252mm f / 3.5、50mm f /1.4は63mm f /1.8になる。 Metabonesは、エキスパンダーは超広角レンズでもうまく機能すると述べている。 例えば11-24mm f / 4 EFは、ケラレやコーナー収差なく、13.8-30.2mm f / 5になる。

Metabones EF-GFX Smart Expanderの光学設計は、いつものようにCaldwellPhotographicによって作成されている。 3群5枚で構成され、1枚の超高屈折率のランタンベースの光学ガラスと溶融シリカ製のレンズが組み込まれている。

さらに、EF-GFX Smart Expanderは、GFX100での位相検出オートフォーカス(PDAF)とボディ内手振れ補正(IBIS)、光学式手ぶれ補正、滑らかな虹彩などの電子レンズ通信もサポートしている。 Metabonesは、すべてのEFマウントレンズでIBISをサポートするアダプターは市場で唯一のものとしている。

fujifilm-gfx100-camera-body
FUJIFILM GFX100 camera body. Image credit: FUJIFILM

Metabones EF-GFXは、滑らかなアイリスをサポートするレンズを使用し、電子制御の絞りを遅くすることで、絞りの変化を静かにし、スムーズな遷移を実現している。スマートエキスパンダーのボタンは、自動絞り(プログラムされた露出またはシャッター優先)と手動絞り(絞り優先または手動露出)を切り替える。手動レンズの場合、ボタンを押すとカメラ本体の手動レンズ選択が表示され、IBISの正しい操作とEXIFのために焦点距離を選択できる。

EF-GFX Smart Adapter

Metabonesは、光学要素のないバージョンも発売している。多くの場合、EFレンズを使用するとケラレや劣化が生じる。ただし、一部のレンズは優れた性能を発揮する。たとえば、キヤノンのチルトシフトレンズは、GFXセンサー全体をカバーする。また他のズームレンズもケラレがほとんど見られない。

なお、このアダプターには、AF、IBIS、およびEXIF用のエキスパンダーと同じ電子レンズ通信が含まれている。また、アダプターが35mmクロップモードである必要があるレンズと中判をカバーするレンズを記憶できる便利な機能も追加している。これにより、カメラのメニューで35mmクロップモードを探す時間を節約できる。

EF-GFX Smart Adapter. Source: Metabones

このアダプターの重量は168gで、Smart Expanderの重量は346g。どちらのアダプターも、黒いマットサテンの内部とアルカスイス互換の着脱可能な三脚マウントを備えている。

制限事項

適合レンズを使用する場合でも、ネイティブレンズほどスムーズではない。 Metabonesは、これらのアダプターの初期リリース時の問題と制限項目のリストを公開した。

  • まれに、Smart Expanderで4:3を使用する場合、3:2用に設計されたレンズフードを取り外す必要がある。
  • 各レンズは、最初に使用するときにキャリブレーションの手順を実行する必要がある。手順については、MetabonesのWebサイトにあるオンラインユーザーマニュアルを参照する。
  • オートフォーカスの性能が不十分で、一部のレンズではまったく機能しない場合がある
  • ビデオオートフォーカスの場合、AF-Cカスタム設定(動画)メニューでフォーカス感度を上げ、AFスピードを下げる必要がある。
  • AF + MFとレンズ収差補正はサポートされていない。
  • 一部のフィルム用レンズは、デジタルカメラに必要な十分なAF精度を達成できない場合がある。レンズがDSLRで正常に機能しているように見えても、ミラーレスカメラでAFの問題が発生する可能性がある。
  • 絞りは古いレンズでノイズを発生させることがある。絞り優先とマニュアル露出モードを使用するか、滑らかな絞りの動きのレンズを使用する。
  • IS / OS / VCレンズでは、IS MODE設定は無視され、SHOOTING ONLYモードとCONTINUOUSモードの両方が同じように動作する。これは、キヤノンカメラと同様だが、富士フイルムのOISレンズでは異なる。これは、ISの有効性を最大化できるが、マイナス面は、フォーカス中にOISができない可能性がある。
  • MF距離表示は機能しない(ただし、レンズが距離情報を送信する場合、AF距離表示は機能する。

これらの制限の幾つかは将来のファームウェアアップデートで修正される可能性がある。すべてのMetabonesアダプターには、ファームウェア更新用のMicroUSBポートが用意されている。

価格と発売時期

Metabones EF-GFX1.26xスマートエキスパンダーは現在入手可能で、価格は729ドル。光学部品を使用しないEF-GFXスマートアダプターは、まもなく439ドルで入手可能になる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する