広告

REDがV-RAPTORとV-RAPTOR XLのCamera-to-Cloudファームウェアベータ版をリリース

REDがV-RAPTORとV-RAPTOR XLのCamera-to-Cloudファームウェアベータ版をリリース

REDは、フラッグシップ8Kカメラ、V-RAPTOR 8K VV、スタジオ向けのV-RAPTOR XL、最近リリースされたV-RAPTOR 8K S35用のファームウェア1.4.2をロールアウトした。このファームウェアは、frame.io Camera-to-Cloud(C2C)統合に対応した最初の公式ファームウェアとなる。

10月、Adobe傘下のリモートコラボレーションプラットフォームframe.ioは、REDとのパートナーシップを発表し、同社のフラッグシップカメラV-RAPTORにCamera to Cloudネイティブ統合を実現した。この機能は、V-RAPTOR用のベータ版ファームウェア(1.4.0beta)のリリースで実現し、最終的には「エントリーレベル」のKOMODO(ファームウェア1.7.0beta)にも導入された。

このCamera to Cloudファームウェアはテスト段階を終了し、正式なファームウェアリリース(v.1.4.2)に切り替わった。

RED V-RAPTOR 8K VV. Credit: RED
RED V-RAPTOR 8K VV. Image credit: RED

RED V-RAPTOR 8K VV、XL、S35:ファームウェア1.4.2

Camera to Cloud(C2C)技術により、frame.ioはこの10年の終わりまでにハードドライブベースのワークフローを変更するとしている。RED KOMODOで撮影した6K .R3Dクリップをいくつか使ってこの機能を簡単にテストしたが、カードを取り出すことなくRAWビデオファイルを直接クラウドにアップロードするというアイデアは、かなり気が遠くなるようなものだと認めざるを得ない。

RED V-RAPTOR XL body. Credit: RED
RED V-RAPTOR XL body. Image credit: RED

もちろん、このワークフローの恩恵を実際に受けるには、超高速のインターネットアップロード速度が必要となる(.R3Dファイルで約800Mbps、ProResプロキシで80Mbpsが推奨される)。そのため、遠隔地に住んでいる人や働いている人(私も含めて)にとって、これは現在、C2C技術を利用する上で大きな障害となっている。しかし、帯域幅の制限は徐々に解決されるだろう。

RED V-RAPTOR users can upload .R3D, ProRes, CDL/LUT, and .WAV files to the cloud. Credit: RED
RED V-RAPTOR users can upload .R3D, ProRes, CDL/LUT, and .WAV files to the cloud. Image credit: RED

それでも、V-RAPTORのユーザーは、最大8K解像度の.R3Dファイル、ProResプロキシファイル、CDL、LUT、.WAVオーディオファイルをワイヤレスまたは有線USB-C/Ethernet経由でframe.io(またはAmazon S3)へ直接アップロードできるようになったようだ。接続のセットアップは、かなり直感的でスピーディなプロセスで、このRED TECHのビデオで説明されている。

frame.io C2C setup. Credit: RED
frame.io C2C setup. Image credit: RED

ファームウェアのフルリリースノート

ファームウェア1.4.2は、新しいクラウドアップロード機能に加えて、その他の機能、新しい対応メディア、いくつかのバグフィックスをもたらす。

以下は、強化された機能の全リスト。

追加された機能

  • V-RAPTOR 8K S35のサポート
  • メディアを挿入せずにクラウド・アップロード・メニューにアクセスできるようになった。
  • クラウドアップロード機能(Frame.ioとS3)
  • DSMC3 RED Touch 7″ OS 5.1アップグレード
  • RED ConnectのTCPストリーミングオプション
  • OWC 325GBおよび640GBのサポート
  • Lexar Professional 1TBおよび2TBサポート
  • Wise 640GBのサポート

改善された項目

  • センサーフリップのキャリブレーションプロセス

修正された項目

  • サイドUIバッテリーパーセントの精度
  • 再生中の誤ったND値
  • 最初に再生に入るとき、LCDが真っ白になる
The new RED V-RAPTOR 8K S35 "RHINO" edition. Image credit: RED
The new RED V-RAPTOR 8K S35 “RHINO” edition. Image credit: RED

価格と発売時期

RED V-RAPTOR 8K VVV-RAPTOR XLV-RAPTOR 8K S35 のファームウェアバージョン 1.4.2 は、現在無料でダウンロードすることが可能。また、C2C機能の恩恵を受けるには、アクティブなframe.ioまたはAdobe Creative Cloudのサブスクリプションが必要であることに留意いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手