REDがV-RAPTORを発表 – DSMC3ラインナップ初のカメラ

REDはDSMC3ラインアップの最初のカメラの詳細情報を発表した。RED V-RAPTORだ。最大120fpsのモーションキャプチャが可能な8K Vista Visionセンサーを搭載し、現在24,500ドルで購入することができる。

我々がREDのライブストリームイベントを待っていた間、同社はそれをスキップし、代わりに新しいRED V-RAPTORの写真を開示し、同社のウェブサイトにリダイレクトした。REDのCEOであるJarred Land氏とのライブQ&Aセッションも行われた。

RED V-RAPTORは、待望のDSCM3ラインナップの最初のカメラとなり、今回の発表はかなりエキサイティングなものとなっている。

RED V-RAPTOR:大判カメラ

このカメラには8K Vista Visionセンサーが搭載されており、8Kラージフォーマットと6K Super35クロップモードでの撮影が可能だ。4Kや2Kなどの他のクロップモードも当然用意されている。

V-RAPTORは、REDカメラ史上最高の記録的なダイナミックレンジと最速のセンサースキャンタイムを実現しているとのこと。いずれCineDのラボテストで測定することになるだろう。

フレームレートは、17:9モードを使用した場合、8Kで120fps、4Kで240fps、2Kで480fpsという驚異的な速度で撮影できる。また、2.4:1モードでは、2Kで600fpsという優れたフレームレートを実現している。

RED Komodoと同様に、この新モデルはネイティブのCanon RFマウントを採用しており、フルフレームレンズの幅広い選択肢が可能で、位相差オートフォーカスを搭載している。

The RED V-RAPTOR features an 8K Vista Vision sensor. Source: RED

DSMC3: REDミニマグは終了

このカメラは、16ビットのREDCODE RAWを最大800MB/sのデータレートで記録することができる。これは、Angelbirdと共同開発したRED PRO CFexpressカードを使用することで実現している。REDミニマグは必要としない。

また、RED Komodoで初めて導入されたREDCODE RAWの圧縮率(HQ、MQ、LQ)を簡略化して採用していることも確認できた。

RED V-RAPTOR front view. Source: RED

その他の確認された仕様

ティーザー写真から予想されるように、RED V-RAPTORはカメラの背面にあるVマウントバッテリーから電力を供給することができ、ボディの右側にはカメラコントロール用の2.4インチ液晶ディスプレイが内蔵されている。

また、V-RAPTORは、デュアル4K 12G-SDIポート、5ピンXLR入力、Wi-Fi接続、多目的9ピンEXTポート(タイムコード入力にも対応)など強力なI/Oツールを備えている。さらに、背面には有線コントロール用のUSB-Cポートが追加されている。

RED new camera teaser image
RED V-RAPTOR back view. Source: RED Facebook page

新しい形状

最初のティーザー画像で明らかになったように、このカメラは古いDSCM2のラインナップではなく、むしろKomodoに近い新しいフォームファクターを採用している。

コンパクトでありながら、頑丈で防水・防塵に優れたデザインだ。ボディはアルミニウム製で、サイズは6×4.25インチ(約152x108mm)、重さは4ポンド(約1.8Kg)。

RED V-RAPTOR vs KOMODO. Source: RED

RED V-RAPTOR スターターパック

本体のみのオプションとともに、以下のようなStarter Packも用意されている。

  • DSMC3 RED® Touch 7インチLCD
  • RED® PRO CFexpress 660GBカード
  • RED® CFexpressカードリーダー
  • 2x REDVOLT® MICRO-V バッテリーパック
  • RED® コンパクトデュアルVロックチャージャー
  • 2x V-RAPTOR™ ウインググリップ
  • EXT-T/Cケーブル

価格と発売時期

RED V-RAPTORの新しいホワイトストームトルーパーバージョンは、REDのウェブサイトで販売中だが、在庫がなくなり次第終了となる。価格は24,500ドル。ブラックバージョンは、2021年末までに数量を増やして販売する予定。

RED V-RAPTORスターターパックは29,579.99ドルで、より幅広いアクセサリーパッケージを備えたプロダクションパックオプションも今年後半に発売される。さらに、スタジオ構成やハイエンドプロダクション向けに設計されるXLバージョンは、2022年前半に登場する予定。

なお、電子式NDフィルターを搭載したRED® RF-PLアダプターも近日中に発売することが発表された。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience