広告

frame.ioがRED V-RAPTORおよびV-RAPTOR XL向けCamera to Cloudベータ版の提供を開始

frame.ioがRED V-RAPTORおよびV-RAPTOR XL向けCamera to Cloudベータ版の提供を開始

RED V-RAPTORとV-RAPTOR XLのためのframe.io Camera to Cloudのネイティブインテグレーションが遂に登場した。8K REDCODE RAWファイルを即座にクラウドにアップロードできるため、オフロードの時間を短縮し、バックアップも可能。専用ファームウェアのアップデートは現在無償で提供されている。

frame.ioのCamera to Cloud(C2C)は、2021年2月に初めて提供開始されて以来、しばらくの間、その存在をアピールしてきた。今年初め、Adobe傘下のリモートコラボレーションプラットフォームは、Atomosやその他いくつかのハードウェアメーカーと握手し、このハードドライブ不要のワークフローで可能性の境界を押し広げることに成功した。

さらに最近、同社はRED富士フイルムも含む)との提携を発表し、同社のフラッグシップ8KデジタルシネマカメラであるV-RAPTORとV-RAPTOR XLにネイティブC2Cインテグレーションを導入することを明らかにした。今回、これを実現するベータ版ファームウェア・アップデートが利用可能になった。

frame.io Camera to Cloud: RED V-RAPTORとV-RAPTOR XLで使用可能に

REDのV-RAPTORとV-RAPTOR XLにCamera to Cloudのネイティブ統合が登場したことは、この技術がプロキシファイルだけにとどまらないことを明確に示している。むしろ、メディア主導のワークフローを最短時間で陳腐化させることを真に狙っているようだ。

RED V-RAPTOR XL with frame.io C2C integration. Source: frame.io

実際、REDのフラッグシップカメラは、8K .R3Dファイルを即座にクラウドにアップロードできるようになり、これらは編集目的で世界中のリモートコラボレーターが(ほぼ)即座に利用できるようになる。オリジナルのRAW映像に加え、ProResプロキシ、CDL、LUT、.WAVオーディオファイルなど、その他の有用な付帯メディアもアップロードすることが可能だ。アップロードはワイヤレスまたはイーサネット接続で行うことができ、より高速で安定した結果が得られる。

RED V-RAPTOR XL with frame.io C2C integration. Source: frame.io

このワークフローでは、frame.ioまたはAdobe Creative Cloudの契約が有効であることに加え、撮影現場に高速インターネットが存在することが必須条件となる。frame.ioによると、.R3Dファイルのアップロード速度は最低でも800Mbps程度が必要とのこと。しかし、ProResプロキシのアップロードのみを選択することもでき、この場合、80Mbpsで十分だ。

RED V-RAPTOR XL. Source: RED

RED TECH LIVE with frame.io:本日10AM PST

この新しい統合の可能性を示すために、frame.ioのMichael Cioni氏がREDのYouTubeチャンネルでライブ配信を行う予定。ライブストリームは、本日午前10時(PST)に予定されており、Camera to Cloudワークフローに完全に焦点を当てたものとなっている。このイベントは無料で、Q&Aセッションも用意されている。

価格と発売時期

RED V-RAPTORとV-RAPTOR XLのCamera to Cloud Betaファームウェアアップデートは、現在REDのウェブサイトからダウンロードできる。アップデートは無料だが、この機能の恩恵を受けるには、有料のframe.ioまたはAdobe Creative Cloudのサブスクリプションが必要となる。

最後に、数週間前に発表されたばかりのRED V-RAPTOR S35の今後のC2Cサポートについては、現在のところ公式な情報はない。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手