アドビ、Frame.ioを12億7,500万ドルで買収

アドビ、Frame.ioを12億7,500万ドルで買収

アドビとFrame.ioは、両社が手を組むことを発表した。アドビはFrame.ioを12億7,500万ドルで買収し、そのクラウドレビュー技術を自社製品に統合する。この取引は第4四半期に完了する予定。

Frame.ioは、2015年の創業以来、実に順調に業績を伸ばしてきたプラットフォームであり、作業上の問題点を解決してきた。それは、クリエイター、ディレクター、クライアント、編集者などが、タイムコードを記したメールを延々と送り合うことなく、ビデオ編集を進める分かりやすい方法だ。

CineDdeでもFrame.ioを活用

レビューを編集するためのCineDのワークフローの中で、私たちは毎日のようにFrame.ioを使っていて、とても満足している。プロキシや数百ギガバイトのフル解像度の未編集映像を、地球の裏側にいる編集者に定期的に送っている。Frame.ioは、NASや他のウェブサービスに映像をアップロード/ダウンロードするより、はるかに速いのだ。

Image Credit: Frame.io

アドビが12億7,500万ドルで買収

両社はFrame.ioを12億7,500万ドルという破格の金額でアドビと統合する意向であることを発表した。規制当局の承認を経る必要があるため、まだ取引は成立していないが、2021年第4四半期には完了する予定。

Frame.ioの声明

Frame.ioの共同設立者兼CEOのエメリー・ウェルズ氏は、ブログ記事の中で、動画市場が世界規模で爆発的に拡大し、他の多くのサービスや動画制作全般の中で、Frame.ioの成長を加速させたことを説明している。

そして、今回の買収により、Frame.ioの技術がCreative Cloudのシステムにより深く浸透していくことを説明している。もちろん、どちらのサービスもサブスクリプションベースなので、今後も何らかの形でサービスを利用することになるのは明らかだ。既存のCreative CloudユーザーがFrame.ioのレビュー機能を利用するために追加料金が発生するかどうかはまだわからない。

Frame.ioの技術がPremiere ProやAfter Effectsにどれだけ貢献できるかは明らかだ。

アドビ以外のNLEやソフトウェアについて

また、Final Cut Pro、 DaVinci ResolveAvid Media Composerなど、他のパートナーとの統合にも引き続き投資していくとしている。

しかし、最終的にどうなるかは、アドビの製品への統合が数ヶ月後に完了してからでないとわからない。

Frame.ioのC2C(カメラtoクラウド)でPremiere Proと連携して納期を短縮?

約半年前、Frame.ioはC2C(camera to cloud)技術を印象的なビデオで紹介した。CineDチームのメンバーで、プロの編集者であるDave Kratz氏と話したところ、彼はFrame.ioのcamera to cloudがAdobe Premiere Proのシステムに統合されることに非常に興味を示した。彼は以下のようにも語っている。

Frame.ioのCamera to Cloudソリューションは、特に遠隔地でのポストワークには非常に魅力的だ。それがPremiere Proに直接統合されることになれば、アドビにとっては大きな変化となるだろう。ポストプロダクションでは、映像がインジェストされるのを待つだけで、非常に多くの時間を無駄にしているが、これで何日も節約できる。数年後には、Avidのような他のNLEは存続が危ぶまれる可能性もある。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience