Frame.ioがCamera to Cloud (C2C)を正式リリース

Frame.ioがCamera to Cloud (C2C)を正式リリース

今年初めに発表された新しいワークフロー/クラウド/オンザフライアップロードサービス(記事はこちら)は、Frame.io C2C(Camera to Cloud)と呼ばれ、現在正式にリリースされている。ベータバージョンは成功裏に終了し、この新しいサービスは既存のFrame.ioのユーザーに追加費用なしで利用できるようになった。

Frame.io C2Cと呼ばれるこの新しいサービスは、映像ファイルをカメラからクラウドにすばやく安全に転送するための非常に便利で新しいアプローチだ。そのため、ユーザーは、現在の状況を即座に確認し、撮影を続けることができる。

Frame.io C2C
image credit: Frame.io

Frame.io C2C – Camera to Cloud

Frame.ioは、誰もがどこからでもコラボレーションできるシステム。新しいC2Cについては、以下のビデオを参照いただきたい。

さらに深く知りたい場合は、Frame.ioがプロモーションビデオをリリースしているのでこちらも参考いただきたい。

C2Cを機能させるには、カメラに接続された認定デバイスが必要となる。現在、互換性のあるデバイスはあまり多くない。しかし、同社は、専用APIでハードウェアおよびソフトウェアメーカーが独自のFrame.ioC2C互換デバイスを開発できるようにするC2C認定プログラムを提供している。

認証されると、Sound Devicesミキサー/レコーダー(現在は888およびScorpio)やTeradek CUBE 655などの認定済みデバイスが、タイムコードに正確なH.264プロキシファイルを記録、エンコードし、ファイル名が一致するH.264プロキシファイルを安全な接続を介してFrame.ioに直接送信する。 5G、LTE、またはWiFiにより、世界中のどこでも、編集可能なプロキシファイルをほぼリアルタイムで配信できる。

上のビデオは、SoundDevices 888ミキサー/レコーダーをセットアップし、Frame.ioC2Cで動作させる方法を解説している。

互換性のあるカメラ

Frame.io C2Cの使用を開始するには、もちろん互換性のあるカメラが必要で、SDIを介して特定の機能と属性を提供する機能が必要となる。

サポートされているカメラシステムは、SDIを介してレコードトリガー、クリップ名、およびタイムコードを提供する。

  • RED DSMC2(Epic Monstro、​​ Epic Helium、Gemini、Ranger)とKomodo
  • パナビジョンDXL2
  • ARRI AlexaとAmira
  • ソニーVENICE、F55、FS7、FX9、FX6
Frame.io C2C camera list
cameras compatible with C2C (will be expanded over time). Image credit: Frame.io

部分的にサポートされているカメラシステムは、SDIを介してレコードトリガーとタイムコードを提供するが、クリップ名は提供しない。

  • キヤノンC300MkII
  • パナソニックVaricamとEVA1

価格と発売時期

Frame.io C2Cはスタンドアロンのサービスではなく、Frame.ioプラットフォームへの追加であるため、すでにユーザーの場合は、すぐにC2Cを使用できる(ハードウェア要件を満たしている場合)。 Frame.ioサブスクリプションは月額15ドルから。 Frame.ioで利用可能なすべてのプランを表示できる。

Link: Frame.io

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する