Frame.ioがv3.7をリリース

2020.9.3
Frame.ioがv3.7をリリース

Frame.ioは、オンラインコラボレーティブワークフロープラットフォーム、Frame.io v3.7のアップデートをリリースした。このアップデートには、フルバージョンでのFrame.io Transferアプリのリリース、FCPXワークフロー拡張、iOSプレーヤーコントロールの改善、iOSデバイスでのHDR再生が含まれている。

iOSでの改善項目

iOSデバイスユーザーの場合、Frame.io v3.7には、モバイルアプリに次のような多くの改善が含まれている。

  • YouTubeと同様に、動画を見ているときに、画面の左側/右側をダブルタップして前後にジャンプできるようになった。1フレームから30分までジャンプ間隔を選択できる。
New preview feature. Image credit: Frame.io
  • 再生ヘッドを手動でドラッグすると、新しいプレビュー機能により、フレームの正確なクリップのサムネイルをスクラブできる。
  • iOSでは、Webアプリの同じ移動機能とコピー機能を使用できる。
HDR for iOS. Image credit: Frame.io
  • HDRコンテンツを使用している場合、Frame.io v3.7はすべてのHDR互換iOSデバイスでのHDR再生が可能になった。また、レガシーiOSデバイスのSDR形式に対応する。
  • 2020年のPQファイルまたは任意のコーデックのP3色空間でアップロードできるようになった。また、サポートされているiOSデバイスで再生される4K 10ビットHEVCプロキシファイルを作成可能。さらに、AirPlayコンテンツを任意のHDR 10互換ディスプレイに表示できる。

これらの改善は、映像クリエーターが屋外で作業する場合非常に有用となる。

Image credit: Frame.io

FCPXワークフローの拡張

Frame.ioはFinal Cut Pro X 10.4.9リリースで、Final Cut Pro Xワークフロー拡張を行っている。 FCPXワークフロー拡張機能により、次のことが可能になる。

  • ProResに加え、H.264に対応し、さまざまな解像度とサイズでプロキシファイルを生成する。
  • バックグラウンドでクリップをダウンロードし、Frame.io拡張機能から直接FCPXにドラッグできる。
  • ファイルのダウンロード中に、キーワードを追加したり、クリップの名前を変更したり、イベント間で並べ替えたり、タイムラインでカットしたりできる。

FCPXユーザーの場合、Frame.ioのこのワークフロー拡張により、時間を大幅に節約できる。

Image credit: Frame.io

エンタープライズ管理コントロール

Frame.ioでは、セキュリティとプライバシーが問題だった。エンタープライズユーザーの場合、コンテンツを保護するため、表示、ダウンロード、共有の権限を制御する手段を設定できる。しかし今では、さらに次のようなものが追加されている。

  • 管理者コントロールで、内部の透かし設定を設定し、チームごとに透かしテンプレートを管理できるようになった。許可されていないユーザーが透かしの入っていない資産を取得または配布することを防ぐ。
  • 共有リンクの作成者は、コンテンツの表示を妨げずに、透かしIDテンプレートの位置、テキストの色、および不透明度を調整できるようになった。
  • 透かしの入っていないアセットを表示、共有、ダウンロードできるアカウントを選択できるようになった。
Image credit: Frame.io

転送アプリ

Frame.io Transferアプリは、2か月前にFrame.io v3.6でベータ版として導入された。このアプリはWindowsおよびmacOSと互換性があり、ワンクリックで大きなファイル、高度なフォルダー構造、またはプロジェクト全体をダウンロードできる。CineDでは2か月間Frame.io Transferアプリを使用したが、時間を大幅に節約できた。

Frame.io Transferアプリのフルバージョンでは、次のような改善が追加された。

  • 大きなファイル、フォルダ全体、またはプロジェクト全体をワンクリックでアップロードやダウンロードできる。また、進行状況の更新をモニターし、転送に優先順位を付け、帯域幅を構成できる。 xxHashチェックサムは、転送の正確性を保証する。
  • デスクトップ通知をオンにしていると、転送が完了または中断すると通知される。
  • 重複ファイルの処理。
  • ダウンロード権限が有効になっている場合、パブリック共有リンクの受信者は、ログインすることなく、ダウンロードすることもできる。

価格とリリース時期

Frame.io v3.7はすでにリリースされており、いつものように、既存のすべてのユーザーはこのアップデートを無料で入手できる。 Frame.ioは、Proメンバーシップの場合は月額$ 19、チームプランの場合は$ 49からのオンラインサブスクリプションサービス。また、無料で7日間の試用ができる。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する