広告

REDCODE RAWコーデックをJinni.Techが徹底解剖 - 新しいビデオでREDへの厳しい非難を展開

REDCODE RAWコーデックをJinni.Techが徹底解剖 - 新しいビデオでREDへの厳しい非難を展開

REDの宿敵YouTuberが登場した。Jinni.Techは、彼の最新ビデオで、REDの圧縮RAWフォーマットREDCODEに使用されている特許取得済みの方法は、GAS(グリーンアベレージサブトラクション)をわずかに変更した(JPEG 2000ベースの)CineForm RAWフォーマットとほぼ同じであると述べている。さらに彼は、REDはCineFormが特許を取得していないことを利用しただけだと主張し、それゆえこの方法が「先行技術」であることをほのめかしている。

Jinni.Tech氏 vs REDの背景

Covid以前の時代 – 2019年7月 – 私たちは、RED Digital Cinemaと特に当時のREDメディア(The RED Mags)とその価格に焦点を当てたJinni.Tech(旧REDカメラの非公式メディアであるJinniMagsの会社)からの一連のビデオについて書いた。これらの動画はかなりの議論を引き起こした。2019年のこれらの動画に関する最初の記事2番目の記事(英語)はこちら。

その後の展開 – 訴訟と反訴

この後、Jinni.TechのBruce Royceは2020年8月にREDに関する次のエピソード(パート5 – Red terms of business legality)をアップロードしたが、結局2022年に法的な理由でビデオを削除しなければならなかったようだ。少なくとも、現在彼のチャンネルに再アップロードされている動画では、Jinni.Techはそう主張している。

その後、RED対Jinni.Techで「特許・商標侵害、虚偽広告、不正競争、不当利得、契約違反」で訴訟も起こされたが、Jinni Techが「REDが勝訴した場合、意味のある賠償金を支払うことができない可能性が高い」ことを知ったREDは「自発的に予断なく訴訟を却下」した。その後、Jinni.Tech対REDの反訴があったが、これも棄却された

このように、両者の間には反目しあう歴史がある。したがって、Jinni.Techからのいかなる情報も、彼が明らかに意図を持っているため、塩漬けにされている。とはいえ、彼は1週間ほど前に新しいビデオを投稿し、REDに対して新たな非難を浴びせている。(しかし、彼はこのビデオを投稿するのに悪いタイミングを選んだと思う、年末年始の休暇でほとんどの人がオフィスにいない)。

Part 6 – REDCODEはQuickTimeと同等か?

最新のビデオパート6では、Jinni-TechのBruce Royceが、REDCODE RAW圧縮フォーマットについての解剖に焦点を当てている。REDCODE、QuickTime、CineFormの間に顕著な類似性があると考える理由について、ビデオで非常に詳細に説明している。

ビデオの説明の中で、Jinni.Techからのいくつかの注意、修正、説明がある。

  • JPEG2000で見られる9-7は、ハイパスとローパスの間のビット除算器ではない。これはFIRフィルタの係数であり、使用するビット数とは無関係。しかし、9-7はCineForm適応では2-6の2倍の演算が必要となる。これは、CineFormコーデックが計算を減らすことを目的としているため。
  • RedのグリーンアベレージングはCineFormのものよりもCPUに負荷がかかる。しかし、どうやらRedの映像の柔らかさは、出力に適用されるぼかしと、貧弱なデモザイク・アルゴリズムの2つの要因によるようだ。
  • Redの特許にある “プリエンファシス “カーブは、劣悪なガンマカーブであり、より良いログカーブではない。
  • Red oneカメラの初期版では、レッドはレッドカラーに何もしていないようだ。

R3D、JPEG2000、QuickTimeについて

ビデオの冒頭で、彼は古いRED Oneカメラの古いR3Dファイルを、古いウェーブレットJPEG 2000コーデックやAppleのQuicktimeビデオフォーマットと比較している。さらに、R3Dファイルは標準的なJPEG 2000 QuickTimeビデオであり、非標準のRED固有のラッパーフォーマットの中にパックされているため、標準のプレーヤーで再生できないことを示している。

次の章では、ほとんどのイメージセンサーのベイヤーパターンのRGGBパターンの仕組み、デモザイクとは何か、GAS(グリーンアベレージサブトラクション)について動画で解説している。

GAS と JPEG 2000

続いて、2007年にREDが取得した特許と、さらなる資料の検証をしている。Jinni.Techによると、Apple対RED.COMの裁判(そして主にThomas Graeme Nattress(REDのリードカメラシステム設計者)の「特許を支持する個人宣言」)を検証すると、GASプロセスはREDの特許の重要な部分であることがわかる。

Green average subtraction (GAS) process. Source: Jinni.Tech

次に、1996年にアナログ・デバイセズ社がデジタルイメージセンサー用のWaveletビデオコーデックを初めて発表したことにさかのぼる。これが2001年に完成したJPEG2000の画像圧縮技術の誕生につながった。

CineForm と CineForm RAW

ビデオの最後の部分は、CineFormコーデックの歴史を説明している。CineFormビデオコーデック(2001年から2002年にかけてDavid Newmanが開発)は、ウェーブレット圧縮ビデオコーデックで、8ビットまたは10ビットYUV、あるいは12ビットRGB/RGBA(CineForm HD)でも広く利用されている。

簡単に言えば、CineForm は JPEG 2000 フォーマットの適応だが、(ビデオ編集の)スピードに重点を置いている。CineFormはJPEG 2000よりもはるかに計算負荷が低く、8倍から10倍速く編集でき、ファイルサイズはJPEG 2000の8-10%にすぎない。CineFormは、生データ圧縮にハフマン方式を選択することでこれを実現した。

その後2005年に、CFA Bayerイメージセンサーのデータから直接大幅な圧縮を行うCineForm RAWが導入された。このコーデックはその後、SiliconImaging社のSI-2Kカメラに採用され、10ビットログで視覚的にロスレスのベイヤー生データを記録することができるようになった。Jinni.Techによると、CineForm RAWは2005年以前、つまりREDがプロジェクトとして存在する以前(2005年12月からだった)から開発・導入されていたという。

The SI-2K camera that recorded CineForm RAW. Source: Jinni.Tech

CineForm RAWコーデックのポイントは、GAS(グリーンアベレージサブトラクション)がわずかに異なるだけで、基本的にはREDが後にREDCODEで特許を取得したのと同じ技術であるというJinni.Techの主張を実証することにある。

まとめと意見

この記事には、Jinni-Techのビデオからの主張が多く含まれており、これらは記事の著者やCineDの意見ではない。このビデオは議論のための興味深いトピックを提起しているが、判断を下す前に、常に両者の話を聞くことが重要だ。

REDはここ数年でやり方を変え、最近のカメラ(KomodoとDSMC3ライン)は「既製品」のメディアを使用するようになった。この変化が、2019年からのJinni.TechのREDMAGの動画によってどの程度促進されたかは不明だ。現在でも「RED公認」のメモリーカードはあるが、これはどちらかというと推奨品で、他の多くの非認可のCFexpressカードやCFastカードも動作する。これは映像制作者全体にとって、前向きな進歩だったと思う。

正直なところ、例えばRED Komodoは、スペックを考えると非常にリーズナブルな価格のシネマカメラだ(特にグローバルシャッターセンサー)。さらに、以前のREDカメラとは異なり、顧客はもう何千ドルもアクセサリーに投資する必要がなく、すぐに撮影できるカメラパッケージを手に入れることができるのも良い点だろう。また、RED V-Raptor 8Kは、わずか2ヶ月前の標準的なラボテストで明らかになったように、その価格とサイズを考慮すると、驚くべきダイナミックレンジを持つカメラと言える。

個人的には、より多くのカメラメーカーが、REDの特許に制限されることなく、圧縮RAWコーデックをカメラに搭載できるようになることを望む。一方、特許を所有することはすべての企業にとって重要な資産であり、REDは2007年に合法的に特許を取得している。しかし、この特別な特許が、DJI、ニコン、キネフィニティなどの企業がより優れたビデオコーデックへのアクセスを制限しているのは残念なことだ。

ニコン対REDは状況を変えるかもしれない

この特許が成立するかどうかは、そう遠くない未来に分かるかもしれない。REDがフラッグシップカメラZ 9に内部圧縮RAWコーデックを使用したとしてニコンを訴えると、ニコンはREDを反訴し、基本的にRAW圧縮技術を出願前に既に公知としたことを特許庁に開示しなかったため、彼らのRAW特許は強制力を持たないと述べている。陪審裁判は2024年1月に設定されているため、詳細が判明するまでしばらく時間がかかるだろう。その間、ニコンZ 9ユーザーは内部圧縮されたRAWを使い続けることができる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手