広告

Rycoteがマイクロホン HC-15、HC-22を発売

Rycoteがマイクロホン HC-15、HC-22を発売

Vitecグループ傘下の英国Rycoteが、同社初のマイクロホンHC-15とHC-22を発表した。HC-15とHC-22は長さの異なる2つのハイパーカーディオイドショットガンマイクで、付属品なしで779ドルから購入できる。

先日、Vitecグループが米国のAudix社を買収した記事をリリースした。高品質なマイクロホンメーカーを買収したことで、Vitecのオーディオラインナップが期待される。しかし、Vitecのオーディオ部門の1社であるRycoteは、すでに現在、最初のマイクロホンを発表している。

Rycoteとは?

Rycoteの名前は、RØDEやその他のマイクロホンメーカーのために作られたマイクロホンマウントやウインドシールドに関連して聞いたことがあるかもしれない。実際、この2つの製品は長年に渡り、同社の主力製品だった。時代は変わり、2018年からVitecグループの一員となったRycoteは、今回初めてHC-15とHC-22のショットガンマイクロホンを発表した。

HC-15とHC-22ショットガンマイクロホン

この2つの機種は、その名前から多くのことが特徴としてわかる。HCとはハイパーカーディオイドのことで、両マイクロホンのポーラーパターンは、フロントピックアップの角度が非常に狭く、フォーカスされたものだ。つまり、両マイクロホンとも指向性が高い(ショットガンタイプのマイクロホンに期待される機能)。HCの後の数字は、マイクの物理的な長さ(センチメートル)を示している。Rycote HC-15は155mmの短いショットガンマイクであるのに対し、Rycote HC-22は221mmの全長を持つ。両機種とも直径は19mmで共通となっている。

同社は、このマイクの音を「正確」であるとし、鮮明な音に温かみを加えたと説明している。すでにいくつかの動画がYoutubeに上がっている。

Rycote HC-15 characteristics and specs. Source: Rycote

さらにRycoteは、このマイクは自己ノイズが非常に小さいとしている。いずれも金メッキのノイトリックXLRコネクタを採用し、RF保護と低消費電力も備えている。ライコートが述べているように、両マイクは社内で設計され、英国のライコートの工場で製造されている。

Rycote HC-22 characteristics and specs. Source: Rycote

両マイクロホンとも48Vファンタム電源に対応し、S/N比は85dB、再生周波数帯域は50Hz〜20kHz。両モデルとも非常によく似たスペックだが、長さが異なるため、特性や極性パターンが若干異なっている。

価格と発売時期

Rycote HCショットガンマイクロホンは、どちらも現在購入可能。短い方のRycote HC-15は779ドル、長い方のHC-22は799ドルで販売されている。

Rycote HC-15 in a case. Source: Rycote

Rycoteはコストを下げるため、これらのマイクを付属品のないシンプルなケースに入れて出荷している。もちろん、マウントやウインドシールド、クリップなどのアクセサリーも豊富に取り揃えている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する