ゼンハイザー(Sennheiser)がGoPro Hero4用防水マイクMKE-2を発表

NAB 2017でゼンハイザー(Sennheiser)は、 GoPro Hero 4用のMKE-2 Elements防水マイクを発表した。 アクションカメラとして使われることが多い GoProなので、外部マイクも十分な防水性や防塵性が求められる。

ゼンハイザーのマイクはオーディオ録音のスタンダードのひとつとして認知されているが、 GoProなど小型アクションカメラ用のマイクには取り組んでいなかった。 GoProが防水ハウジングに収納されていると、本体のマイクはほとんど使えなくなるが、このMKE-2 Elements防水マイクを使用すると、優れた音質で音声を拾うことができる。

 

Sennheiser MKE-2

同社ではカメラ自体がハウジング内に密閉されているため、このような外部マイクの開発は苦労を伴ったと語っている。密閉されたハウジングの外側にマイクを設置するため、埃や雪、氷、そしてもちろん水にさらされるので、強固な防水対策が必要だった。 ゼンハイザーは “防汗”技術を一歩前進させ、この “防水”ソリューションを開発した。

下は、 GoProの内部マイクとゼンハイザーMKE-2 Elementsとの比較のビデオ。

このユニットは、 GoProハウジングのバッテリー拡張用ケースに内蔵されている。 GoProのUSBポートにプラグを差し込み、音声レベルはオートでオーディオを集音する。マイクロフォン自体は、騒音を低減するためにソフトマウントに取り付けられており、独自の防水性のウインドシールドに覆われている。 MKE-2エレメントは水中では、約1mで約30分間の防水機能がある。

ゼンハイザーMKE-2 Elements for GoPro Hero 4は199.95ドルで販売中。 同社は GoPro HERO 5用も開発中だが、価格や発売時期はまだ発表されていない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する