シグマfpダイヤル/ボタン変換サービス開始

シグマfpダイヤル/ボタン変換サービス開始

シグマは、オリジナルのfp のユーザー向けに、ダイヤル/ボタン変換サービスを実施している。後ダイヤルやMODEボタン、マイク・ケーブルレリーズ端子カバーをfp Lのパーツに合わせて有償で改造する。

fpシリーズには現在、2019年10月に発売されたオリジナルのSIGMA fp(レビューはこちら)と、2021年3月に発売された新しいfp L(映像クリエーター向けレビューラボテスト、フォトグラファー向けレビュー)の2つがある。fp と fp L はほとんど同じに見えるが、ダイヤルとボタンには微妙な違いがある。シグマは、fp の本体を、fp L の新しいパーツに変更するサービスを行っている。

the SIGMA fp next to the fp L.
SIGMA fp L next to SIGMA fp front. Image credit: CineD

fp ダイヤル/ボタン変更サービス

この変更サービスは、fp の元のパーツをfp Lのパーツに変更する。これには、3つのパーツの変更が含まれる。

  • リアダイアル:fp L に採用された新しいリアダイアルは、よりしっかりとしたクリック感がある。
  • MODE ボタン:MODE ボタンの高さが低くなる。ボタンのストロークはそのまま。
  • マイク/ケーブル リリース ターミナル カバー:カバーを引き戻すための突き出たエッジが削除される。
SIGMA fp conversion service. Source: SIGMA

シグマはさらに、この変換サービスで、カメラのセンサーと筐体をクリーニングすると述べている。リクエストがあれば、カメラのファームウェアを更新することもできる。なお取り外した部品は返却されない。

価格と発売時期

変換サービスは、認定を受けた シグマのサービスポイントで行う必要があるため、カメラを返送する必要がある。 送料、変換サービス、および必要な時間は、国や地域によって異なる。たとえば日本では、変換サービスは約2週間かかり、16,500円(税込)となっている。

シグマのサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する