ソニーがVeniceのファームウェア6.0をリリース

ソニーがVeniceのファームウェア6.0をリリース

ソニーがVENICEのファームウェア6.0をリリースし、ダウンロード可能になったた。新しく導入されたフレームレートや、その他のさまざまな機能が追加されている。

すべてのソフトウェアライセンスで新しく追加されたフレームレートがある。以下の表を参照いただきたい。

HFR機能

  • 5.7K 16:9最大72fps
  • 4K 6:5最大72fps
  • 3.8K 16:9最大110fps
c/o Sony Cine. Support for FUJINON Premista series ZEISS eXtended Data

新しいメタデータ機能

メタデータに関連しても機能が追加されている。

  • ジャイロ情報
  • FUJINON PremistaシリーズにZEISS eXtended Dataをサポート
c/o Sony Cine. 3D LUT support for VF

新しいモニター出力機能

  • ビューファインダーへの3D LUTの適応
  • 新しいART(Advanced Rendering Transform)ファイルのインポート
  • SDI 1-4 3G-SDIレベルA / B切り替え可能
c/o Sony Cine. New Frameline Options in Firmware 6.0

撮影アシスト機能

ソーシャルフレームラインを含む撮影支援機能。

  • 2番目のユーザーフレームライン
  • 9:16および1:1のプリセットフレームライン
  • RECのビープ音とアラームの音量を個別に調整
  • すべてのファイルをロードする場合にCamID + Reel#を維持
  • OSDでGenlockとTCロックのステータスを表示
  • USERボタンでデ・スクイーズのオン/オフ
  • RCP Call機能

VENICEファームウェア6.0は、12月15日にソニー Veniceの公式Webサイトで公開されダウンロードできる。

サポート情報とリリースノートも同じリンクにある。なおファームウェア6.0を適用するには、ファームウェアがv4.0以降である必要がある。

c/o Sony Cine. Technicolor Venice Look Library

また、ART(Advanced Rendering Transform)テクノロジーを利用したVENICE用のTECHNICOLORルックライブラリの初期リリースについても言及されている。

これは、フィルムプリントエミュレーションの5つのルックで最初に作成された無料のLUTライブラリだ(rec 709ターゲットディスプレイを使用)。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する