ソニーがFS7とVeniceのファームウエアをアップデート

ソニーがFS7とVeniceのファームウエアをアップデート

ソニーがVeniceFS7のファームウェアアップデートを発表した。Veniceは、ProRes6Kオプション、3D LUTサポートなどが追加されている。これらは当初の予定よりも多少早く実現した。FS7は、Cine EIで基本ISOを選択可能にした。

FS7ファームウエアアップデート

まず簡単な方から説明しよう。 今回リリースされたのは、FS7ファームウェアV4.30。Cine EIで基本ISOを選択できるようになった。

確かに小さな改善ではあるが、ユーザーにとっては大きな機能追加だ。多くのユーザーは、センサーのダイナミックレンジを最大限にする場合、一つのISOしか選択できなかった。

別のISOを選んだ場合は、ポストプロダクションに頼っていたが、これを収録時にカメラ内で行うことができるようになった。

新しい機能は、大きな恩恵を与えてくれる。カメラのネイティブISOの2000 EIよりも高い、あるいは低い設定ができる。したがって、露出設定には注意が必要となる。

Veniceファームウエアアップデート

ソニーのVeniceが今年の初めに発表されたとき、機能追加のロードマップも発表された。ファームウェアアップデートV2は今年8月と発表されていたので、今回の発表は前倒しされたものだ。

以下が追加された機能。

  1. イメージャモードの追加:6K 17:9、6K 1.85:1および4K 6:5
  2. デュアルベースISO:ISO2500を追加
  3. Eマウントレンズサポート
  4. 可変フレームレート(FPS選択)
  5. Apple ProRes HDサポート
  6. 同時記録フォーマットの追加
  7. User 3D LUTサポート
  8. EIをS-Log3出力に適用して記録
  9. 4K 17:9、3.8K 16:9および4K 4:3イメージングモードでのサラウンドビュー
  10. 高画質ファインダ拡大フォーカス
  11. オートホワイトバランス
  12. ハイ/ローキー
  13. VF偽色表示
  14. Ethernet経由のカメラリモートコントロール
  15. カメラマン側での再生ボタン追加
  16. 6K 3:2イメージャーモード再生機能の制限を解除

ProRes HDでの記録を可能とし、ISO2500の高感度(デュアルベース)ISOを追加することで、Veniceの機能が更に充実したと言える。

3D LUTサポートと6Kでのアスペクト比の追加も興味ある機能追加だ。そして、同じ機能がS-Log3 EIにも適用されるように思える。来年もV3のファームウエアアップデートが予定されている。詳細はこちらで見ることができる。(ページの下部の予定機能リスト)

VeniceとFS7ファームウェアアップデートは下のリンクからダウンロードできる。

FS7のファームウエアV4.30のダウンロードはこちら(ソニーの日本語サイト)

なお、VeniceのファームウエアV2は、7月5日時点で未だ日本語サイトに未だアップされていない。

 

フジヤエービックのショップサイト

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する