広告
広告

Audiotonix がSound Devicesを買収

Audiotonix がSound Devicesを買収

米国のメーカーSound Devices LLCは、ライブおよびスタジオオーディオの世界では定評があるが、映像業界では新規参入となるAudiotonix Groupに買収された。

10月14日、AudiotonixとSound Devicesは、この買収に関するプレスリリースを発表した。

Sound Devicesは、オーディオフィールドレコーダーで知られているが、ビデオモニター(一部はVideo Devicesブランド)、ワイヤレスオーディオシステム、アクセサリーなども製造していた。

最近では、32ビットの小型レコーダーとワイヤレストランスミッター「A 20 Mini」を発売している。

Sound DevicesがAudiotonixに参加

Co-Founder Matt Anderson will stay as CEO and Chief Engineer, while Co-Founder Jon Tatooles will leave after 23 共同創業者のマット・アンダーソンはCEO兼チーフエンジニアとして残るが、共同創業者のジョン・タトゥールスは23年間務めた後に退社する。Tatooles氏が去るが、両者とも今回の買収を喜んでいる。

アンダーソン氏はこう書いている。

この数ヶ月間、Jamesとチームを知ることができて楽しかったです。価値観や文化の面で、Sound DevicesはAudiotonixのグループ会社の中で完璧にフィットしています。サウンドデバイセズでは、ある意味で “いつも通り “に、過去23年間続けてきたこと、つまり最高のサウンド製品を作ることに集中することを続けていきます。しかし、Audiotonixグループは、資本へのアクセス、製造の深さ、エンジニアリングの知識、部品の調達、販売とマーケティングの専門知識の拡大という点で、私たちにさらなる強みをもたらしてくれます。私はこの新しい機会に非常に興奮しています。

From left to right: Jon Tatooles, James Gordon, Matt Anderson.

より良い製品のための専門知識と能力の向上

最後の部分は非常に興味深いもので、資金面や生産面でのキャパシティや知識を増やすことで、重要なアドバンテージを得ることができ、製品の開発スピードを上げることができる。VITEC(Manfrotto、Sachtler、Vinten、SmallHD、Teradekなど)やAudiotonixのような大きなグループは、同じ事業部門で複数のブランドを持っている。多くの場合、これらは複数の顧客グループに分かれており、予算やユースケース、マーケティングによって分けられている。

Audiotonix社のCEOであるJames Gordon氏はこう付け加える。

これまでの買収と同様に、私たちは常にグループ全体での知識の共有を増やしたいと考えており、FPGAベースのソリューションとRFワイヤレス技術を核とする私たちには、多くのチャンスがあります。

Audiotonix社は、Allen & Heath社やSolid State Logic社など、オーディオミキサーの分野で有名なブランドを保有している。Sound Devicesはフィルムやフィールドプロダクションのオーディオに特化しているが、Audiotonixの既存ブランドはスタジオやライブオーディオに重点を置いている。しかし、これは決して不利な条件ではない。クロスブランチの専門知識は、サウンドデバイセズ社のさらなる技術革新や製品の魅力向上に役立つだろう。

Audiotonixは、Allen & Heath、Calrec、DiGiCo、DiGiGrid、Group One Ltd、KLANG:technology、Solid State Logic、Sound Devicesの8つのブランドを保有することになる。

Audiotonixの詳細な声明は、同社のウェブサイトに掲載されている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する