Sound Devicesが8-Seriesミキサーレコーダー用7.20ファームウェアアップデートをリリース

Sound Devicesが8-Seriesミキサーレコーダー用7.20ファームウェアアップデートをリリース

Sound Devicesは、8シリーズミキサーレコーダー用の新しい7.20ファームウェアアップデートと、iPhone用の新しいSD-Remoteアプリを発表した。また、8シリーズミキサーレコーダー用のNoiseAssistプラグインを、4つまたは8つのインスタンスに同時に適用できるようになった。

Sound Devices 833、888、およびScorpioは、プロ向けに作られた同社の最高級のミキサーレコーダーだ。今年初めにプレミアムSoundDevices 833/888 8チャンネルミキサーレコーダーへのメジャー7.0ファームウェアアップデートがリリースされたが、今回は7.20ファームウェアアップデートをリリースした。

8-Seriesミキサーレコーダー用の7.20ファームウェアアップデート

7.20ファームウェアアップデートには、特に4つおよび8つの同時NoiseAssistプラグインインスタンスのサポートとバグ修正が含まれている。

Image credit: Sound Devices

この内部(有料)プラグインは2020年5月に導入され、録音する場合にバックグラウンドノイズをキャンセルできるようになった。

また、以前はiPadおよびAndroidタブレットでのみ利用可能だったが、このファームウェアアップデートにはiPhoneでのSD-Remoteアプリのサポートが含まれている。このアプリは、フェーダー、トリム、パン、トランスポートコントロール、メタデータ、モニタリングなどのリモートコントロールを可能にする。

以下は、Sound Devices7.20ファームウェアアップデートの追加変更点。

  • 新機能:NoiseAssistの4インスタンスバージョンと8インスタンスバージョンをサポート。 NoiseAssistインスタンスを任意のバスに適用できるようになった。
  • iPhone用のSD-Remoteをサポート。 SD-Remote FalseTakes機能もある。
  • トリム/フェーダーグループオプションを使用すると、グループ内で最小のチャンネル番号を持つチャンネルで複数のチャンネルのトリムゲインを制御できる。
  • 変更点:「X」出力がソースとして選択されている場合、「X」出力のゲインとミュートがDanteおよびUSB出力に渡されるようになった。
  • 修正:電源投入時に稀にオーディオが欠落する問題点を解決。
  • 記録中、赤いディスプレイアーティファクトがCL-16画面に表割れる問題を解決。
  • 左右バスにプリフェードでルーティングされたチャネルは、電源を入れ直した後、ミュートされなくなった。
  • CL-16フェーダーの動きは、電源投入後に断続的に登録されなくなった。
  • バスセンドオンフェーダーモードでCL-16の一番上の行のノブを押しても、誤ってモードを終了することがなくなった。
  • 電源を入れた後、トリムまたはフェーダーが断続的に応答しなくなる問題を解決。
  • WisycomMCR54のキャリブレーショントーンに関するさまざまな問題を解決。適切に操作するには、WisycomMCR54がv1.7以降を実行している必要がある。
  • 8シリーズインターフェイスから作成されたWisycomMCR54の周波数設定は、電源を入れ直しても失われなくなった。適切に操作するには、WisycomMCR54がv1.7以降を実行している必要がある。
  • bEXT​​チャンクの内容を並べ替えて、iXMLメタデータではなくbEXTのみを読み取ることができるDAWおよびNLEがNotesを常に読み取れるようなった。
  • 深夜0時以降に記録が開始されたタイムコード値が誤ってスタンプされなくなった。
  • X7 / X8は、888のDanteおよびUSBOutにルーティングされたときにX5 / X6として誤って解釈されなくなった。
  • チャンネルのステレオリンクステータスを変更しても、チャンネルがプリフェードに送信されるバスのオーディオがミュートされなくなった。
  • 大きなフォルダのコピーに続いて新しい記録を終了するときに、システムが応答しなくなる問題を解決。
  • X3とX4が833のソースオーディオとして選択されている場合、USB出力はサイレントではなくなった。

このような修正や変更は顧客の声が反映されており、このようなハイエンド製品では重要なことだ。

価格と発売時期

8シリーズミキサーレコーダー用のSoundDevices 7.20ファームウェアアップデートは、SoundDevicesのWebサイトからダウンロードできる。 8シリーズ用NoiseAssistも現在入手可能で、2インスタンスで600ドル、4インスタンスで1100ドル、8インスタンスで2000ドルで販売されている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する