サウンドデバイス(Sound Devices)がMixPre シリーズ用NoiseAssistプラグインとファームウェアV7.00をリリース

2020.6.30
サウンドデバイス(Sound Devices)がMixPre シリーズ用NoiseAssistプラグインとファームウェアV7.00をリリース

サウンドデバイスは、MixPre IIシリーズミキサー/レコーダー用のNoiseAssistプラグイン(有料)を導入し、MixPreミキサー/レコーダー用のファームウェアバージョン7.00アップデートをリリースした。

Image credit: Sound Devices, modified by:Cinema5D

MixPreMixPre II用ファームウェアV7.00

サウンドデバイスは、エントリーレベルのフィールドレコーダー/ミキサーMixPre IIシリーズ用の新しいファームウェアバージョン7.00をリリースした。MixPre 3-II、MixPre 6-II、MixPre 10-IIが含まれる。

このアップデートではまた、MixPre IIシリーズのNoiseAssistプラグインを導入した。プラグインは、以前はハイエンドの8シリーズミキサー/レコーダーでのみ可能だった。これにより、MixPre IIは、インタビューやライブストリーミングでの使い勝手が向上する。

このアップデートにより、MixPreは、アナログ出力とUSB出力の両方で最大400msの出力遅延などの機能も使用できるようになり、オーディオがカメラのビデオフィードと確実に同期できるようになる。またコントロールサーフェスとしてのP.I EngineeringのX-Keyプログラマブルキーボード、スティック、キーパッドのサポートを改善している。

ファームウェアV7.00の機能と修正

ファームウェアV7.00は、NoiseAssistプラグインを導入するだけでなく、MixPre-IIシリーズに機能を追加し、問題を修正している。

新機能

  • 適応型周辺ノイズ抑制用の有料プラグイン、NoiseAssistを導入。 NoiseAssistは、トラフィック、発電機、HVACノイズなどのバックグラウンドノイズを低減する高度な信号処理アルゴリズム。シンプルなユーザーインターフェースで、背景ノイズを調整できる。このプラグインは現在、store.sounddevices.comで$ 300で入手できる。詳細モードまたはカスタムモードで利用できる。 (MixPre IIシリーズのみ)
  • MixPre-3 IIおよびMixPre-6 IIで、出力遅延を利用可能。
  • ビデオオペレーターにオーディオを送信する場合、出力遅延により、オーディオがカメラのビデオフィードと同期できる。0〜400 msの遅延が可能。
  • 出力遅延がUSB出力に適用できるようになった。
  • ファームウェアv7.00より前のバージョンでは、出力遅延はアナログ出力にのみ適用されていた。遅延を使用して、オーディオより遅延が長いビデオとUSB出力からのオーディオを同期させることができる(MixPre-3 II、MixPre-6 II、MixPre-10 II、MixPre-10Tにのみ適用)。
  • P.I.のサポートEngineeringのX-keys®プログラム可能なキーパッド、スティック、キーボードに対応。
  • Xキー製品は、P.I Engineeringソフトウェアを介して標準のUSBキーボード機能にプログラムできる。これらのコンパクトなコントロールサーフェスは、MixPreのUSBキーボードショートカットと同じキーボード機能にマッピングすると、MixPre機能をすばやく触覚的に制御できる。機能には、録音、停止、再生などがある。
  • USB 1および2は、オーディオモードでヘッドフォンプリセットのソースとして使用できる。
  • MixAssistは、48.048 kHz以下のすべてのサンプリングレートで利用できる。

修正された問題

  • ファイルリスト内でキーボードコマンドが送信されたときにMixPreが応答しなくなることに対処
  • AUX 1および2は、MixPre-6および-6 IIのチャネル5、6、またはMixPre-10 Tおよび-10 IIのチャネル9、10にルーティングされ、再生が停止してもレベルが変更されなくなった。
  • 基本モードのチャンネルゲインとUSB出力のオーディオレベルの不一致に対処。
  • 出力が基本に設定されている場合、MixPre-6および-6 IIのチャネル5、6、またはMixPre-10Tおよび-10 IIのチャネル9、10は、電源サイクル後に誤ってパンされなくなった。
  • リンクされたペアを持つヘッドフォンプリセットは、リンクされたペアの片側だけを再生する問題に対処。
  • USB出力ルーティングでは、カスタムモードでゲインがBasicに設定され、チャンネルと出力がAdvancedに設定されている間、フェード前と後の両方のルーティングができなくなった。
  • リミッターがオンの状態で16ビットまたは24ビットから32ビットフロートに切り替えたときに、出力およびヘッドフォンリミッターがアクティブのままになることはなくなった。

 

MixPre II用のNoiseAssistプラグイン

今年初め、サウンドデバイスは、8シリーズミキサー/レコーダー用のNoiseAssistプラグインを発表した。名前が示すように、このプラグインは、トラフィックノイズ、ジェネレーター、HVACノイズなどのバックグラウンドノイズをリアルタイムで低減する。このツールは、MixPre-IIシリーズのミキサー/レコーダーでも利用できるようになった。

MixPre-II NoiseAssistプラグインのプロモーションビデオ

NoiseAssistは非常に使いやすく、バックグラウンドノイズを抑制できる。 わずか1 msのレイテンシで、NoiseAssistは非常に高速かつ効率的に動作する。 NoiseAssistの1つのインスタンスは、バスLまたはバスRの任意のチャネルで実行できる。さらに、NoiseAssistはMixAssistプラグインと一緒に使用できる。これにより、会話の音声がよりクリーンで優れたものになる。

NoiseAssistプラグインはMixPre-IIシリーズでのみ使用できる。オリジナルのMixPreシリーズはプラグインをインストールできない

サウンドデバイスのインストールガイドとセットアップチュートリアル:

NoiseAssistはSound Devicesのオンラインストアで購入でき、価格は$ 300。 Webページでシリアル番号を入力すると、マシンの互換性を確認できる。

リンク:MixPre II用Noiseassist

 

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

 

Sound Devices MixPre-3 II

 

 

 

Sound Devices MixPre-6 II

 

 

 

Sound Devices MixPre-10 II

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment