Sound Devicesが8-Seriesのファームウエアv7.00をリリース

2020.10.7
Sound Devicesが8-Seriesのファームウエアv7.00をリリース

Sound Devicesは、8シリーズミキサー/レコーダーのメジャーファームウェアアップデートをリリースした。多くの改善と追加項目があるが、最も注目すべき新機能は、すべてのバスでWisycomMCR54ワイヤレスレシーバーとコンプレッサーのSuperSlotをサポートしたこと。 SD-Remoteアプリも、機能追加されている。

新しくリリースされたファームウェアアップデートバージョン7.00は、すべてのSound Devices 8シリーズミキサー/レコーダーが対象で、これには833888、およびScorpioが含まれる。

最も重要な新機能は、Wisycom MCR54のSuperSlotサポート。これにより、ユーザーは、周波数の設定、RFスキャンの開始と表示、パラメーターの編集、メニュー項目などのRF制御を8シリーズミキサー/レコーダーから直接行うことができるようになる。

また、ファームウエアのアップデートにより、プリフェードまたはポストフェードのすべてのバスとすべてのチャンネルでコンプレッサーを使用できるようになる。新しいQマーク機能(キューマーカー)を使用すると、録音の特定の位置を識別するためのマーカーを設定できる。

SD-RemoteAppもバージョン7.00にアップデートされた。このアップデートには、いくつかの新しいビューと、フェーダー、トリム、パン、およびファイル転送モードのリモートコントロールが含まれている。

Wireless Control of the v7.00 Firmware Update for 8-Sereis. Source: Sound Devices

変更点と修正点

新しいファームウェアv7.00は、8シリーズミキサー/レコーダーは多くの変更と修正が含まれ、ワークフローの改善に役立つ。識別しやすいようにサウンドレポートのファイル名の形式が変更された。ゲインを-infに設定した場合などに、仮想チャネルは自動的にオフにならない。

同社のSL-2SuperSlotワイヤレスモジュールとSL-6SuperSlotワイヤレスモジュールおよびCL-16コントロールサーフェスに関するいくつかの問題も修正されている。

8シリーズミキサー/レコーダー用のファームウェアv7.00は、Sound Devicesのダウンロードページから無料でダウンロードできる。また、こちらで、すべての新機能、変更、および修正の詳細を確認できる。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する