Tilta がEOS C70用カメラリグを発表

Tilta がEOS C70用カメラリグを発表

Tilta(ティルタ)はキヤノンEOS C70用のCamera Rigを発表した。これは、ロケーティングピン付きの複数の3/8 “-16および1/4” -20スレッド、デュアルコールドシューレシーバー、NATOレール、およびARRIロゼットを備えた黒色アルミニウム合金製だ。また、すべてのTiltaハンドル、アダプター、ベースプレート、およびアクセサリーと互換性がある。現在89.10ドルから予約注文が可能。

キヤノンEOSC70は、ミラーレスカメラのようなボディ形状を持つシネマカメラ。 2020年9月に発表され、Super35 DGOイメージセンサーとRFマウントを採用している。 10ビット4:2:2で最大4K/120fpsで内蔵のSDカードに記録できる。もちろん、このカメラはデュアルピクセルAFシステムを採用している。またRF-EF 0.71xフォーカルレデューサーアダプターは、C70を実質的にフルフレームのEFマウントカメラに変換する。

Canon EOS C70
Canon EOS C70. Image Credit: CineD

C70のケージとリグに関しては、Kondor Blue、SHAPE、Wooden Camera、Zacutoなど、すでに多くの選択肢があるがTiltaも発売した。

TiltaのEOS C70ケージ

Tiltaのフルカメラケージは、黒色アルマイト合金でできており、重量は278.5g。これによりカメラの保護と取り付けポイントの追加を提供する。ケージは位置決めピン付きの3/8 “-16および1/4” -20ネジ、デュアルコールドシューレシーバー、およびタイプIVおよびVIサイドハンドル用のNATOレールを備えている。

また、2つのARRIロゼット接続と、Tiltaのオプションのシングルロッドホルダー用のロッドアタッチメントポートも備えている。 ARRIロゼットの1つはケージの下部にあり、調整可能なトップハンドルを取り付けて縦位置の撮影が可能になる。滑り止めクッション付きのセキュリティアタッチメントは、ケージの左上隅にある。これにより、ケージとカメラ本体の間に接触点ができる。

Camra Cage for Canon EOS C70. Source: Tilta

底板には、カメラをクイックリリースプレートに取り付けるための1/4 “-20ネジがあり、RS2取り付けプレートのARCAレシーバーと互換性がある。付属のEFマウントレンズアダプターサポートはケージの前面に取り付けられ、RF-EFアダプターを取り付けることができる。当然、このケージは、さまざまなTiltaのハンドル、ベースプレート、マウント、およびアクセサリーと互換性がある。

Camra Cage for Canon EOS C70. Source: Tilta

価格と発売時期

EOS C70用のTilta Camera Rigは現在予約注文が可能で、出荷は2021年6月の初めに開始される予定。ケージの定価は99ドルのみだが、Tiltaではすべての予約注文に対し10%割引を適応し、89.10ドルになる。いつものように、同社はキットも提供している。

  • ケージとロッド付き15mmベースプレートを含む軽量キット。価格は145ドル(先行予約割引で130.50ドル)。
  • ケージと、ハンドルマウントとケーブルを備えたREC On/Off付き左側の高度なパワーハンドル(F570バッテリー)を含むハンドヘルドキット。価格は219ドル(先行予約割引で197.10ドル)。
  • 上記のキットのすべてのアクセサリーに加え、15mmロッドマウントを含むキット。価格は329ドル(先行予約割引で296.10ドル)。
Camera Cage for Canon EOS C70. Source: Tilta

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する