ZacutoがキヤノンEOS C70用ケージとZ-Finderを発表

ZacutoがキヤノンEOS C70用ケージとZ-Finderを発表

Zacutoは、Z-Finderシステムを搭載したZacuto Canon EOS C70ケージを発表した。これらの製品はまだプロトタイプ段階だが、まもなく発売される予定で、すでに予約注文が可能。

キヤノンEOS C70はすでに出荷されている。(インタビューはこちら)。EOS C70は、DGOテクノロジーを内蔵したC300 Mark IIIと同じセンサーを備えており、ダイナミックレンジは最大16ストップを持つ。 C70は、RFレンズマウントを備えた最初のキヤノンシネマカメラで、DCI 4K / 4KUHDで、XF-AVC H.264 Long GOP 4:2:2/10bit、260Mbpsで最大60pの内部記録が可能。 またDCI 4Kで410Mbpsでは最大30p記録できる。さらにスローモーション映像を4K/4:2:2/10ビットで最大120フレーム/秒で記録することもできる。

EOS C70は、非常にコンパクトなカメラだが、SDI出力やビューファインダーがない。そのため、ZacutoはEOS C70用のケージとZ-Finderをリリースした。

EOS C70ケージ(プロトタイプ)

Zacutoは、EOSC70用のケージの3Dプリントされたプロトタイプを公開した。ケージはコンパクトかつ軽量で、部分的に装着する。

Image credit: Zacuto

カメラの上部にあるコールドシューの内側にネジで固定する上部プレートがある。上部プレートには、複数の1 / 4-20インチネジ穴、コールドシュー、ARRIスタイルの位置決めピンが付いた3 / 8-16インチのネジ穴がある。また、上部ハンドルを上部プレートに取り付けるためのNATOレールが組み込まれているほか、2つの1 / 4-20インチのネジ穴と3 / 8-16インチのネジ穴が用意されている。

Image credit: Zacuto

カメラの左側には、NATO互換のサイドレールがあり、1 / 4〜20インチの取り付けポイント、3 / 8〜16インチのARRIスタイルのネジ穴、M6ARRIロゼットマウントがある。

Image credit: Zacuto

最後に、ベースプレートは3本のネジでカメラの底に取り付けられ、非常に堅牢な作りになっている。ベースプレートには、Arca-Swissプレートが組み込まれている。ただし、独自のクイックリリースプレートを取り付ける場合は、3か所の1 / 4-20インチと1か所の3 / 8-16インチの取り付けポイントもある。

Image credit: Zacuto

Z-Finder

Zacutoはケージに加え、2.5x Z-FinderとC70内蔵LCDと互換性のあるマウントも発表した。C70にはファインダーがないため、明るい日光下での撮影には有用だ。

Z-Finderは、カメラのLCDディスプレイの前をスライドし、ケージに取り付けるブラケットを介して所定の位置に固定される。これによりZ-FinderはカメラのLCDと干渉することはない。

もちろん、Z-FinderをC70に取り付けた後は、LCD画面を閉じることはできないが、少し前後に傾けることはできる。 なおZ-Finderの金属フレームと使用するレンズはLCD画面のヒンジに負担がかかる可能性がある。

価格と発売時期

EOS C70ケージとZ-Finderは現在予約注文が可能で、12月中旬に出荷を開始する予定。ケージの小売価格は295ドル、C70 Z-Finderマウントは300ドル、Z-Finder本体は550ドルとなっている。Zacutoのウェブサイトはこちら

ケージは手頃な価格だが、Z-FinderとZ-Finderのマウント価格は少し高すぎる。845ドルで、おそらく長期的にはより用途の広い専用EVFに投資した方がよいかもしれない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する