AputureのAmaran MX - 最も明るいミニLEDライト

 上のビデオは字幕ON、設定を日本語にすると日本語の字幕をご覧いただけます。

 

Aputurecinema5Dに、非公式に新しいミニLEDライトを発表した。クレジットカードサイズのLEDライトで、従来品より5倍明るく、有用な機能も搭載されている。

Aputure MX Mini LED Light

Aputure MX Mini LEDライト

従来のAputure M9ライトは当時最も小型のポータブルライトで、広く普及しているが、その後継機として、同社はよりパワーアップし色温度コントロールも備えたミニLEDライトをリリースしようとしている。ユーザーからのフィードバックを受け、超高耐久性で明るいM9をアップデートすることに決定した。

これは、M9とほぼ同じサイズだが、2倍の厚さがある。筐体は、外部に真鍮コーティングを施した航空機グレードのアルミニウムで作られている。内蔵バッテリーで、最小の光量の場合で約8時間、最大光量で約1時間連続使用できる。 Aputure M9には9つのLEDライトがあったが、Aputure MXには120度のビーム角度を持つ286個のLEDライトが搭載されており、バイカラーモードでは、色温度範囲は2300~6800Kとなっている。光品質は、同社の製品にとって常に重要な要素で、この新しいライトでも、TLCIとCRIレーティングは97を達成している。既にAputure M9よりも5倍明るいが、ブースターモードを起動すると約60秒間さらに明るくすることができる。

Aputure MXはまだ入手できないが、推定価格は125~150ドルの見込みだ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する