ARRIがB-Mount 12/24Vバッテリーを発売

ARRIがB-Mount 12/24Vバッテリーを発売

ARRIは、ARRIカメラとLEDライトに電力を供給するための新しい標準として、Bマウント12 / 24Vバッテリーインターフェースを承認すると発表した。 「業界標準」としてのこの新しい24Vは、12Vシステムと比較して3倍の電力を供給できる。

Vマウントとゴールドマウントのバッテリーは何年もの間業界標準で、カメラやLEDライトに電力を供給するために世界中で一般的に使用されている。しかし驚いたことに、ARRIはBマウントバッテリーを「業界標準として、今後カメラやライトに採用する」と発表した。

Image credit: ARRI

Bマウントバッテリーとは

Bマウントバッテリーは新しいものではない。2019年4月のNABで、ドイツのメーカーbebobが発売した。この新しいバッテリー規格は、3つの「問題」を解決する。

  • セルとマウントは、12ボルトと24ボルトの両電圧をサポートする。
  • サイドスライド式バッテリーマウントは、マウントに遊びがなく、24ボルトバッテリーの重量を安全に受け止める。
  • Bマウントインターフェイスは、カメラ/アクセサリとの通信に1つのプロトコルのみを使用する。これは、すべてのメーカーが利用できるため、バッテリーはカメラと「通信」して、バッテリー残量を表示できる。

Bマウントは非常に優れているように見えるが、ニッチな製品であり、現時点ではBマウント付きのバッテリー/充電器/バッテリープレートを製造しているのはbebob以外にない。

Image credit: ARRI

ARRIがBマウントを今後の標準として生産

ARRIは、ARRIアンチツイストピンを備えた3 / 8-16インチのマウントポイント、80年代のPLマウント、または2018年に発売された最新のLPLレンズマウントなどの「業界標準」を作り出すことで知られている。 しかし「業界標準」とするには、ユーザーに受け入れられる必要があり、時間もかかる。

そのため、ARRIは現在、Bマウントを新しいユニバーサル24Vバッテリー業界標準として承認している。これからは、Bマウントを使用してすべてのARRIカメラとLED器具に電力を供給できる。

Image credit: ARRI

なお、現在のすべてのARRIカメラ、およびSkyPanel S30、S60、S120ライトは、Bマウントプレートやアダプターを使用して引き続き使用できる。

Bマウントバッテリー規格に関するARRIの声明は次のとおり。(要約)

bebobによって開発されたB-Mountは、文書化され、公開されている新しいバッテリーマウント業界標準です。 bebob、Blueshape、Core SWX、Fxlion、Hawk-Woods、IDX、SWITなどの主要なバッテリーメーカーは、最新のデジタルカメラ、アクセサリー、リグが従来の電源システムの限界を超えることが多いことを認識し、Bマウント製品を開発しています。 LED照明器具はオンボードバッテリーで駆動することもできるため、カメラとライトの両方に対応する業界標準は大きな利点を提供し、効率的なモバイル撮影の新しい可能性を開きます。

カメラシステムの問題は、多くの場合、バッテリー容量の制限に起因する場合があります。大容量の新しい24V業界標準は、プロのカメラおよび照明システムの増大する電力需要に将来を見据えたソリューションを提供します。 Bマウントを使用すると、従来の12Vシステムの3倍の電力を提供できる可能性があります。

これは興味深い動きであり、新しい標準になるまでに時間がかかるだけでなく、すべてのパワーソリューションメーカーがBマウントバッテリーを作成して発売するために多大な努力を払うことになる。 ARRIがVマウント/ゴールドマウントシステムからの移行に成功するか、今後注視したい。

詳細については、ARRIのウェブサイトを参照いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する