AtomosがNinja Vのファームエアをアップデート - AtomOS 10.51

AtomosがNinja Vのファームエアをアップデート - AtomOS 10.51

AtomosNinja V用の新しいAtomOS 10.51をリリースした。ファームウェアの更新により、UIとワークフローがさらに改善され、Z CAM E2Ninja Vタッチスクリーンで制御できる。

Ninja V AtomOS firmware update 10.51 for Z CAM control released. Source: Atomos

約2週間前に、Ni​​nja Vのファームウェアアップデート10.5について記事をリリースした。このアップデートにより、Atomosの5インチモニターレコーダーでZ CAMカメラのさまざまな設定を制御できるようになる。 Atomosは、Z CAM制御機能をさらに拡張するNinja V向けのファームウェアAtomOS 10.51を発表した。ファームウェアは無料でダウンロードできる。

Ninja V AtomOS 10.51

新しい機能は次のとおり。

  • Ninja Vタッチスクリーンからカメラコントロールメニューを介してZ CAMメニュー画面を表示できる。注:HDMI経由でRAWを記録する場合、カメラ制御メニューは使用できない。
  • Ninja Vタッチスクリーンやオンカメラボタンから直接、メニュー、矢印、Enterキーを使用してカメラメニューに移動できる。
  • Ninja Vの記録メニューに追加された機能で、記録メニューと表示情報が必要な場合にメニューを強制的にアクティブにしておくことができる。

ProResまたはDNxでの記録時に、Z Cam Zlog2 GammaのAtomHDRエンジンのサポートが追加された。 HLGおよびPQモニタリングモードでは、拡張ダイナミックレンジを、Rec.709の6 stopリミットを超えて、露出補正の必要なしに拡張できる。ネイティブモードでは、ネイティブの圧縮LOG形式でZlog2を表示できる。既存のZlog2 3D LUTをこの入力と関連付けて表示することができる。 Rec.709は変換Rec.709を適用し、クリップされたハイライトを表示する。 LUT監視オプションを使用すると、選択した3D LUTを画像に適用してモニターできる。 LUTは波形トレースにも適用され、記録映像に焼き付けたり、ループアウトしたりできる。

Zlog2が出力され、フルレンジで記録される。これに一致するようにNLEワークフローを設定する必要がある。このワークフローを使用する場合、HLGおよびPQモニタリング機能は使用できない。このワークフローで3D LUTを使用する場合は、LUTの入力範囲が正当に定義されていることを確認する。

Ninja V AtomOS firmware update 10.51 for Z CAM control released. Source: Atomos

さらに、バッテリー容量警告が追加された。カメラまたはNinja Vのいずれかのバッテリー容量が少ないとポップアップメニューはで警告が表示される。

AtomOS 10.51ファームウェアの修正は以下の通り。

  • Rec.709、HLG、PQモードでモニターするための波形グラティクルの改良。
  • 上部の情報バーがLUTの誤ったモニターモードを報告する可能性がある問題を修正。
  • AtomX SYNCデバイスの命名規則を変更。
  • 再生モードでのファイルブラウザのパフォーマンスの改善。
  • Ninja Vが断続的にフリーズする原因とされるAtomHDRのAutoHDR関数の互換性を改善

Atomosは、YouTubeチャンネルで新しいビデオチュートリアルもリリースした。 1つ目は、Z CAM E2シリーズとNinja Vを備えたProRes RAWカメラコントロールセットアップガイドだ。

他のチュートリアルは、Final Cut Pro XでのZ CAM ProRes RAW SDRワークフローを解説している。

AtomOS 10.51ファームウェアアップデートは、Atomosウェブサイトから無料でダウンロードできる。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Atomos Ninja V (ATOMNJAV01)

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する