広告

Blackmagic がVideo Assist 3.8 アップデートをリリース – 富士フイルムX-H2およびZ CAM E2シリーズ用のBRAW

Blackmagic がVideo Assist 3.8 アップデートをリリース - 富士フイルムX-H2およびZ CAM E2シリーズ用のBRAW

Blackmagic Designは、Video Assist 5インチおよび7インチ外部モニター/レコーダー用のアップデートをリリースした。Blackmagic Video Assist 3.8 Updateは、富士フイルム X-H2およびZ CAM E2カメラからのBlackmagic RAW収録をサポートする。

Blackmagic Video Assistの最新のファームウェアアップデートでは、いくつかのバグ修正と一般的な安定性の向上、およびRGBヒストグラムツールの追加が行われた。

しかし、最も重要なのは、Blackmagic RAWエコシステムのサポート対象カメラの拡大で、今回は富士フイルム X-H2およびZ CAM E2ユーザーをターゲットにしている。

Blackmagic Video Assist 5″ 12G HDR. Source: Blackmagic Design

Blackmagic Video Assist 3.8アップデート:X-H2にBRAWを搭載

X-H2SからのBRAW記録はファームウェア3.7ですでにサポートされていたが、新しくリリースされたX-H2も加わった。この2つのカメラの詳細な比較はこちら

FUJIFILM X-H2. Source: CineD

Sモデルよりも、X-H2は高解像度の40.2MPセンサー、最大8K30pまでの異なるフレーバーの内部ProRes記録(X-H2Sは6.2Kに「限定」されている)、さらにフルサイズのHDMIで最大8K30pまでの12ビットRAWビデオを外部レコーダーに出力できる。Blackmagic Video Assist 5インチおよび7インチ12G HDRレコーダーは、この8K RAWデータストリームを取り込んで、BRAWファイルにエンコードすることができるようになった。

Blackmagic Video Assist 7″ 12G HDR. Source: Blackmagic Design

対応するZ CAM E2カメラ

Blackmagic Video Assistの最新アップデートでは、選択したZ CAM E2カメラからHDMI経由でBlackmagic RAWを記録する機能もアンロックされている。リストには、E2、E2-M4、 E2-S6、および E2-F6モデルが含まれている。

Z CAM E2-F6. Source: Z CAM

この新機能の恩恵を受けるには、カメラのファームウェアを最新にする必要がある(ファームウェアのダウンロードリンク:E2 / E2-M4 / E2-S6 / E2-F6)。IBCで発表されたばかりのZ CAM E2-F6 Proは、まだ対応カメラのリストには含まれていない。

価格と発売時期

Blackmagic Video Assist 3.8 Updateは、Blackmagic Designのサポートセンターから無償でダウンロード可能。Blackmagic Video Assist 5インチおよび7インチ12G HDRモニター/レコーダーの現在の販売価格は795ドルおよび995ドル。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手