キヤノンがEOS RPとEOS90Dファームウェアアップデートをリリース

キヤノンがEOS RPとEOS90Dファームウェアアップデートをリリース

キヤノンはEOS 90D DSLRおよびEOS RPミラーレスカメラ用ファームウェアアップデートを発表した。ビデオモードに23.98Pを追加している。

このファームウェアアップデートは、今月初めに発表されたもの。PowerShot G7X Mark III、G5 X Mark II、およびEOS M6 Mark IIも同じアップデートが用意されているが、EOS 90DおよびEOS RPが先にリリースされる。

23.98Pがサポートされていなかったのは、初期の5D MarkIIが最初は手動での露出を制御できなかったことを思い出させるが、奇妙なことだった。しかしFHDと4Kの両方に対し23.98pをサポートしたのは、いずれにしても前向きな対応だ。

Canon EOS RPファームウェアアップデート1.4.0はこちら

Canon EOS 90Dファームウェアアップデート1.1.1はこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する