キヤノンC700センサー交換とレンズマウント交換が可能に(欧州)

キヤノンC700センサー交換とレンズマウント交換が可能に(欧州)

キヤノンは欧州でC700のセンサーを、ローリングシャッターバージョン(Dual Pixel AFバージョン)からグローバルシャッターバージョンに変更するサービスを開始する。これは欧州の同社サービスセンターにて行われる。また、レンズマウントをEFPL間で変更するサービスも開始する。

C700には発売当初から、ローリングシャッターバージョンとグローバルシャッターバージョンの2種類のセンサータイプが存在している。今回発表されたのはそのアップグレードサービスだ。ローリングシャッターバージョンを購入後でも、グローバルシャッターバージョンに変更できる。

ただし、EFマウントのC700のセンサーをグローバルシャッターバージョンに変更すると、マウントもPLマウントに変更され、Dual Pixel AF機能も失われる。またダイナミックレンジも低下することになる。

なお、C700は、C700 EF、C700 PL、C700 GS PLの3種類のバージョンが存在する。(日本ではC700 EFとC700 GS PLの2種類で、C700 GS PLは現在発売時期未定となっている)

レンズマウントの交換サービスの料金も発表されており、欧州の各リージョンのRegional Competence Centres (RCC)で受け付けている。

このサービスにより、EFマウントをPLマウントに変更したり、EFマウントへ戻したりが可能となるが、将来的にはユーザーが行えるようになるかもしれない。

もしユーザーが自分でできるようになれば、大変有用だ。ARRIのカメラなどでは既に可能で、2分もあればマウント交換ができてしまう。C700でも、このようなことができるようになれば大変素晴らしいことだ。

価格は以下

レンズマウント変更のサービスは2017年3月から開始される。センサーの交換サービスについてはまだ先で、2017年中と発表されている。

なお、日本では同様のサービスが予定されているようだが、詳細は未定とのこと。

via Canon Europe

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する