広告

キヤノンが「EOS R5 C」を発売

キヤノンが「EOS R5 C」を発売

キヤノンは、Cinema EOSの最新(そして最小)機種 EOS R5 C を発表した。EOS R5 Cは、既存のR5の Cinema EOS バージョンで、フォトグラファーよりもむしろ映像制作者に向けた機能を備えている。また、EOS C70 には新しいファームウェアをリリースした。

なお、キヤノンEOS R5 Cは、写真も撮れるように設計されたハイブリッドミラーレスカメラであることに変わりはない。このため、R5 Cは、「次世代」Cinema EOSラインの中で、純粋な映像制作ツールではない唯一の機種となる(2012年のEOS 1D Cは除外する)。

EOS R5との最大の違いは、アクティブ冷却機能により長時間録画が可能となり、オーバーヒートすることがなくなり、また、3つの新しいシネマカメラRAWライト録画モードが搭載された。さらに、R5の8K記録機能を継承し、キヤノン初の8KシネマEOSカメラとして発売される。

Canon EOS R5 C
Canon EOS R5 C. Image credit: Canon

EOS R5 C

まず、キヤノンの公式プレスリリースから引用する。

高解像度フルフレームCMOSセンサー、DIGIC Xプロセッサー、RFマウントの3つの要素で、高忠実度の8K撮影と、最高20コマ/秒のバーストスピードでの4500万画素の静止画撮影が、1つのボディで可能です。(同社英語サイトより)

このように、本機はハイブリッドカメラだが、より映像制作者向けの製品となっている。8K 30p RAW記録(外部電源使用時は最大60p)など、印象的なスペックを備えている。

電源は、ダミーバッテリー付きのウォールアダプターか、私の考えではもっと汎用性の高い、USB-C Power Delivery付きのパワーバンク(またはウォールアダプター)のどちらかになる。しかし、すべてのパワーバンクが8K 60p機能を有効にするのに十分な定格を持っているわけではないことに留意していただきたい。Power Deliveryは、ここで使用されているパワーバンクには必須の機能だ。R5 Cに装着され、キヤノンのバッテリーから給電されるバッテリーグリップは、この点で外部電源として認定されていない。

Canon EOS R5 C
Using USB-C PD, a power bank can also act as an external power supply. Image credit: Canon

EOS R5と比べるとボディがかなりおおきくなっているように見えるが、これは内部冷却システムが追加されたため。キヤノンによると、そのおかげで、記録時間の制限はもはや熱ではなく、メモリーカードとバッテリーの容量のみとなる。

高度な機能

EOS R5 Cは、PQとHLGによるHDRに加え、キヤノン独自のLog 3ガンマをサポートしており、映像制作者は広いダイナミックレンジで撮影して、下流のポストプロダクションでさらに映像を微調整することができる。さらに、デュアルピクセルCMOS AFも搭載している。

R5 Cはもちろん、人物の目をリアルタイムで追尾し、目が外れても頭も追尾できる「瞳AF」と「EOS iTR AF X」を搭載している。対応レンズでの光学式ISとの併用により、手持ち撮影時のブレの影響を軽減する協調制御型の電子式(IBISではない)手ブレ補正を搭載している。

Canon EOS R5 C
image credit: Canon

EOS R5 Cは、Cinema RAW Lightで内部記録し、広いダイナミックレンジと色域を持つ高忠実度の12ビット映像を、扱いやすいファイルサイズで取り扱うことができる。

また、RAWのバリエーションとして、RAW HQ(高画質)、RAW ST(標準画質)、RAW LT(ライト画質)を新たに開発し、撮影用途に応じてモードを選択することができる。

また、CFexpress 2.0 Type BとUHS-II SDカードスロットの2つのカードスロットにより、異なるフォーマット、解像度、ビット深度を同時に記録することができ、柔軟なワークフローに対応できる。

Canon EOS R5 C
Dual card slots. Image credit: Canon

もう一つ、時に非常に便利なのが、4K 120pでの音声記録が可能になったことだ。さらに、EOS R5 Cはアナモフィックデスクイーズ機能、真の24p撮影に対応し、シャッター角度も選択することができる。これは、フレームレートを頻繁に変更する場合に非常に便利だ。

EOS R5 Cは、12bit Cinema RAW Lightとともに、キヤノンの10bit XF-AVCフォーマット(最大810Mbps)や汎用性の高いMP4オプションもサポートしている。

再びプレスリリースから。

EOS R5 Cは、フルフレーム8Kセンサーを搭載し、内部オーバーサンプリングにより、優れた鮮明度、色彩、低ノイズで4Kおよび1080p撮影を可能にします。また、4K120pのハイフレームレートコンテンツを、画角のトリミングやノイズを発生させることなく記録することが可能です。

もちろん、EOS R5 CはキヤノンのRFマウントに加え、EOS R3と同じ多機能アクセサリーホットシューを装備しているので、TASCAM CA-XLR2dアダプター(記事はこちら)などの他社製アクセサリーも簡単に接続することが可能だ。さらに、R5 CはC70と同様、タイムコード専用の入出力を備えている。

Timecode on the EOS R5 C
Timecode I/O. Image credit: Canon

新しいメニュー構成

静止画と動画のメニューを完全に分離し、静止画撮影時にはEOS R、動画撮影時にはCINEMA EOSのメニューが表示されるようにしたのも、うれしいポイントだ。これはとても重要で、歓迎される機能だ。

Power Dial
New power/mode dial. Image credit: Canon

これを実現するため、EOS R5 Cでは新たに3ポジションのパワーダイヤルを搭載し、静止画モードと動画モードをシームレスに切り替えられるようになった。

その他の機能

13個のアサイナブルボタンと0.5インチ576万ドットの有機EL VFを搭載している。また、3.2型HD液晶タッチパネルも搭載している。画面はチルトとスウィーベルが可能なので、Vlog撮影にも問題ない。

R5 C back
A little bulkier overall. Image credit: Canon

少しかさばる面もあるが、本体の重量はわずか680g(カード、バッテリー含まず)。ちなみにC70は1170gだ。ボディには耐久性の高いマグネシウムを採用し、もちろん防塵・耐候性にも配慮されている。

R5 C screen
Swivel LCD screen. Image credit: Canon

残念ながらR5 CにはまだマイクロHDMI端子しかないが、USB-CとHDMIの両方のケーブルに挟める専用のポートプロテクターが付属している。

HDMI and USB-C protector
image credit: Canon

仕様

更に詳しい仕様は以下の通り。

キヤノン独自のRAW記録フォーマットには、LT(ライト)、ST(スタンダード)、HQ(ハイクオリティ)の3つのモードがある。LTまたはSTモードでは、センサー表示をフルフレーム(8192×4320px)、S35クロップ(5952×3140px)、S16クロップ(2976×1570px)から選択することができる。HQモードでは、s35クロップまたはs16クロップのセンサーのみ使用可能。すべてのCinema RAW Lightは12ビットRAW記録で、これらのモードでは、シャープネス、ノイズリダクション、手ブレ補正、オーバーサンプリングなどの画像処理は一切行われない。

R5 Cでは、Cinema RAW Lightの他に、XF-AVC、HEVC(MP4コンテナを使用)、h.264(これもMP4コンテナを使用)のプロキシ録画の3種類のコーデックが選択可能だ。

XF-AVCは10ビットで4:2:2カラーサブサンプリング、イントラフレーム圧縮またはLong GOP圧縮が可能。HEVCでは、4:2:2 10bitと4:2:0 10bitまたは8bitのカラーサブサンプリングがあり、3つのモードすべてでLong GOP圧縮を使用する。また、50iインターレース収録も搭載している。

また、Proxy記録では、XF-AVCまたはh.264ファイルを4:2:0 8bitカラーサブサンプリングで記録することが可能。

なお、650Mb/sを超えるフォーマットでは、内部記録用にSDカードではなく、高速なCFexpressカードが必要となる。

Canon x Atomos
The Atomos Ninja V+ attached to the EOS R5 C. Image credit: Canon

さらに、 Atomos Ninja V+は、EOS R5 Cの8K RAW HDMI出力に対応する予定で、その場合、Ninja V+はProRes RAWで記録することができる。

  • 8K 10bit、最大30p
  • 5.9K(クロップ)10ビット 最大60p
  • 2.9K(クロップ)12ビット 最大60pまで。
EOS R5 C specifications
image credit: Canon

搭載されていない機能

新型Canon R5 Cには、内蔵NDフィルター、プロ用(XLR)音声入力がない。後者は前述のTASCAM CA-XLR2dアダプターを使用することで解決できるが、前者はそう簡単には対応できない。これに関しては、EOS C70は、NDを内蔵したシネマEOSカメラとしては最小ものとなる。

3.5mm TRSステレオマイク/ライン入力と3.5mmヘッドホン出力は、もちろんカメラ本体にも装備されている。

Canon x TASCAM
The EOS R5 C with attached TASCAM CA-XLR2d adapter. Image credit: Canon

また、前述の通り、HDMI端子はフルサイズではなく、マイクロHDMIのままとなっている。SDI端子ももちろんないが、これは上位機(大型機)のための機能であり、このモデルには必要ない。

しかし、EOS R5 Cは、より高価なCinema EOSかめらのすべての機能を必要としないユーザーにアピールする点で大きな飛躍となるだろう。

価格と発売時期

キヤノンEOS R5 Cは、584,100円とされている。それに比べ、上位機種のEOS R3は673,200円。また、EOS C70は660,000円で購入できる。

Link: Canon

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する