キヤノンがEOS C70、C300 Mark III、C500 Mark IIのファームウェアをアップデート

キヤノンがEOS C70、C300 Mark III、C500 Mark IIのファームウェアをアップデート

キヤノンがEOS C70、EOS C300 Mark III、および C500 Mark IIのファームウェアアップデートを発表した。 EOS C70は6 月 30 日に予定されており、EF-EOS R 0.71x アダプターを使用する場合、HDMI ビュー アシストの改善、AF の改善、より広い EF レンズに対応する。 EOS C300 Mark III、および C500 Mark II は7 月 30 日に予定されており、XC Protocol、12-G SDI からの2K/FHD出力、1.8x アナモフィック デスクイーズなどがサポートされる。

キヤノンは、EOS C70、EOS C300 Mark III、EOS C500 Mark II のファームウェアアップデートを発表した。今後数か月の間にリリースされる予定だ。

EOS C70アップデート

2020年9月に発表されたEOS C70は、EOSシネマラインとミラーレスカメラの架け橋となった。 Super35mm DGO センサーとRF マウントを採用し、4K/120p 10 ビット ビデオ記録、デュアル ピクセル AF などを搭載する。ファームウェア v1.0.1.1により、EOS C70 には次の新機能が追加される。

  • HDMI ビュー アシスト:ビュー アシスト機能を追加すると、Canon Log ガンマでの撮影時に WideDR/BT.709 LUT を HDMI 経由で出力できる。
  • AF 機能の改善:このアップデートでは、AF フレーム サイズに「全域」オプションが追加され、AF エリアがフレームの 80% に拡大される。 「全域」を選択すると、ワンタッチでAFが「追尾」に、顔をタッチすると「顔検出」に切り替わる。
  • EF-EOS R 0.71x アダプター使用時に、AF フレーム位置を選択すると、AF 可能範囲フレームが一瞬だけ表示されるようになった。
  • EF-EOS R 0.71x アダプター使用時の拡張 EF レンズのサポート:DPAF、光学補正、メタデータ転送に次のレンズを追加: EF16-35mm F2.8L II USM、EF16-35mm F4L IS USM、EF24- 105mm F4L IS USM、EF70-200mm F2.8L IS II USM、EF70-200mm F2.8L IS III USM、EF70-200mm F4L IS USM、EF70-200mm F4L IS II USM
  • BT.709 標準ガンマを追加、16 文字のカスタム画像名のサポート:BT.709 標準/BT.709 オプションがガンマ/色域に追加された。 CP ファイル「C6」には、標準の BT.709 が設定される。また、カスタム ピクチャーファイルには最大 16 文字を含めることができるようになった。

EOS C300 Mark III と EOS C500 Mark II のアップデート

2020 年 4 月に発表された C300 Mark IIIには、同社の新しい Super35mm DGO センサーが最初に組み込まれた。 C300 Mark III の記事ラボ テストも参照いただきたい。C500 Mark II は、2019 年 9 月から発売されている。モジュラー コンセプトを備え、6K フルフレームに対応する。記事ラボテストも参照いただきたい。

ファームウェアアップデートで、両方のカメラに次の新機能と改善が追加される。

  • XC プロトコル機能:ストリーミングとカメラ制御のための キヤノンの新しい IP プロトコル。ライブ制作用に特別に開発された XC プロトコルにより、キヤノンリモート コントローラー RC-IP100 を使用したカメラ制御が可能になり、サードパーティ製品の開発が容易になる。
  • 2K/FHD の 12G-SDI 出力オプション:4K 以上の解像度で記録する場合、12G-SDI 出力を 2K/FHD に制限するオプションを追加。これにより、3G-SDI デバイスとの互換性が可能になる。
  • モニター出力 & HDMI 同時出力:モニター出力とHDMI出力を同時に可能。これにより、モニター出力の合計数が 3 になり、プロダクションの柔軟性が向上する。
  • アナモフィック1.8x デスクイーズ:1.8x デスクイーズ機能を追加し、アナモフィック レンズとの互換性をさらに高める。
  • 「ファイルのルック」機能:この機能はもともと EOS C70 で導入され、ユーザーは 3D LUT ファイルをカメラにロードし、記録された画像にルックを適用できる。これにより、ポストプロダクションを必要とせず、カラー補正された画像の結果をカメラ内に記録することができる。
  • BT.709 標準ガンマを追加、16 文字のカスタム画像名のサポート:BT.709 標準/BT.709 オプションがガンマ/色域に追加された。 CP ファイル「C6」には、標準の BT.709 が設定される。また、カスタム ピクチャ ファイルには最大 16 文字を使用できるようになった。

EOS C300 Mark III には、さらに次の新機能が追加される。

  • 0p -> 24p/30p プルダウン機能:この機能により、プロダクション スイッチャーへの出力信号を中断することなく、フレーム レートをシームレスに切り替えることができる。これにより、ブラックアウトやグリッチなしに、ボタンを押すだけでフレームレートをすばやく変更できる。

EOS C500 Mark II には、次の機能もある。

  • センサー モードがフル フレーム モードに設定されている場合の、アナモフィック 4:3/6:5 解像度オプション (シネマ RAW ライトのみ):これらの解像度モードを追加し、アナモフィック ポストプロダクション プロセスを簡素化する。

EOS R5 アップデート

EOS R5ミラーレスカメラのマイナーアップデートも発表された。これにより、COMPACT-SERVO 18-80mm および 70-200mm レンズがサポートされる (シリアル バージョン モデルはサポートされない)。これらの ENG レンズは、カメラとレンズのファームウェアがアップデートされている場合、EOS R5 で (EOS R アダプターを介して) 使用できるようになる。

価格と発売時期

上記のすべてのファームウェアアップデートは、キヤノンのウェブサイトから無料で入手できる。 EOS R5 および C70 のアップデートは 2021 年 6 月 30 日にダウンロード可能になる予定。またEOS C300 Mark III および EOS C500 Mark II カメラのアップデートは 2021 年 7 月 30 日にダウンロード可能になる予定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する