カルトーニがMaxima 5.0 とMaster 25フルードヘッドを発売

2019.10.1

カルトーニ(Cartoni)は、IBC 20192つの新しいプロフェッショナルグレードの三脚フルードヘッド、Maxima 5.0Master 25を導入した。これらのフルードヘッドは映画や放送など、比較的大規模な撮影を想定している。

これらの三脚ヘッドは、単なるスペックの向上だけでなく、新しい試みも採用されている。

Maxima 5.0

Maxima 5.0は同社のMaximaシリーズの次世代の製品で、その前身であるMaxima 40(耐荷重40 kg)および30(同30 kg)からかなり改善されている。

Maxima 5.0は、最大50 kgの耐荷重だが、重量はわずか13 kgと軽量。 + 90°から-90°のチルト範囲で、この耐荷重を保証している。 Maxima 5.0にはMitchellマウントがあるが、ボウルヘッドの使用も可能。スライドプレートは、ARRI、ソニー、O’Connorに対応している。 Maxima 5.0は、同社の特許のカウンターバランスを備えており、ヘッドのオペレーター側のディスプレイで正確に繰り返しダイヤルインできる。さらに、ロック機構があり、レバーを押すだけでヘッドが動くのを防ぐ。

Maximaシリーズのこの新しいヘッドは、非常に人気のあるO’Connor 2575フルードヘッドと直接競合することが想定されており、Elisabetta Cartoni氏はインタビューで、Maxima 5.0は、O’Connorヘッドよりも、最適化されていると述べている。 これら2つを比較する機会はまだないが、将来比較してみたい。

Master 25

Master 25はCartoniのプレミアムオールラウンドフルードヘッドで、価格も競争力がある。放送局や独立プロダクションなどを想定している。

Master 25は、連続的なカウンターバランスと流体抵抗、150mmのボウル、+ 90°から-90°の傾斜範囲を特長としている。耐荷重は3 kgから30 kgで、ヘッドの重量は4.4 kgとなっている。

Elisabetta Cartoni氏によると、NASA関連の会社がこのヘッドの開発を支援し、スムースな動作や停止ができる新しいフルードを開発した。このヘッドはすでにユーザーの間で好評と同氏は述べている。

価格と発売時期

Maxima 5.0とMaster 25は現在入手可能。Maximaは約8,000ユーロ、Master 25は約6,000ユーロとなっている。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する