シネマーティン(Cinemartin)がLoyal LTを発表 ➖ $99のFHD/UHDフィールドモニター

シネマーティン(Cinemartin)がLoyal LTを発表 ➖ $99のFHD/UHDフィールドモニター

良いフィールドモニターは見つけるのに苦労するし、往々にして高価だ。しかし、適正な露出にしたり、正確にフォーカスを合わせるためには不可欠のものだ。Cinemartinのフィールドモニター、Loyal LH7インチのFHDUHDモニターは、フィールドモニターの必要な要素をすべて持っており、実に$99の価格だ。

Cinemartin Loyal LT

Cinemartin Loyal LTは偽色、ヒストグラム、ピーキング、波形表示、ズームなど多くの機能を搭載しているが、価格は$99と非常にお買い得だ。ただ、HDMI入力のみで、SDI入力は無い。FHD(LT)とUHD(S4K)の2つのモデルがあり、価格は同じ。ただし、FHDバージョンのほうは600nitsで、550nitsのUHDバージョンに比べ明るい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=OKtOKY5Ugh0&feature=youtu.be

ヘッドフォンジャックに加え、1/4”-20のマウンティングポイントが上面と底面の2箇所にある。$99はモニター本体の価格で、遮光板やソニーバッテリー用のプレート、HDMIケーブル、コールドシューアームなど、別途$50が必要だ。

購入はCinemartinのサイトから直接できる。

Cinemartin Loyal LTの主な仕様

  • サイズ:7インチ
  • 重量:. 379g(バッテリープレートなし)
  • 解像度:1920 x 1080(LTバージョン)または2160p(LT 24Kバージョン)
  • 1200:1のコントラスト比
  • 入力:HDMI
  • 電源:12V入力、14W
  • ツール:偽色、ヒストグラム、ピーキング、RGBパレード、波形、ズーム、オーディオレベル
  • 発売時期:出荷済み
  • 価格:$ 99.00

カメラメーカーは、おそらく主にカメラの画質そのものには注意を払っているが、内蔵モニターにはそこまで気をつけていないのではないだろうか。そこでZacuto、SmallHD、Marshallなどのモニターメーカーが専用モニターを発売しているわけだ。これらのモニターはどれも良くできており、ヒストグラムやピーキング、あるいは波形モニターなど、映像撮影に必要な機能を備えている。これらのモニターは一様に高価だったのだが、Loyal LTはその壁を打ち破ってくれたといえる。

しかし、価格で飛びつく前に、もう少しレビューをしてみたいと思っている。$99の価格なりに、製造面では妥協しているところもあると思われるが、安いからと言って必ずしも粗悪な製品ということはない。機能的にも十分満足できるものだ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する