ComicaがBoomX-Dを発売 - 2.4 GHzのスマートフォン用ワイヤレスマイク

ComicaがBoomX-Dを発売 - 2.4 GHzのスマートフォン用ワイヤレスマイク

中国のオーディオメーカーComicaは手頃な価格の製品を生産しているが、今回ワイヤレスマイクBoomX-Dを発表した。このワイヤレスマイクは2.4 GHz WiFi帯域幅を使用し、2つの送信機と1つの受信機をペアリングできる。スマートフォン用ドングルを使用すると、スマートフォンで直接音声を録音できる。

ComicaBoomX-D_Featured

Image credit: Comica

Comica BoomX-Dシリーズの概要

コミカは2012年から手頃な価格のマイクを製造している中国の会社で、ワイヤレス製品を多くラインアップしている。今回、映像クリエーター向けのソリューションであるComica BoomX-Dを発売した。

RØDEWireless GoやSennheiser AVXシリーズ同様、Comica BoomX-Dシリーズは2.4 GHzのワイヤレス帯域幅を使用している。 BoomX-Dは、干渉を回避するために、最も強力な信号に合わせて周波数を自動的に調整する。同社によると、このシステムは最大48KHz / 16ビットの音声信号を20ms未満の遅延で50mの範囲で送信できる。

ComicaBoomX-D_04

Image credit: Comica

Comica BoomX-Dシリーズは、3つの製品で構成されている。

  • 従来のベルトパック送信機と受信機のセット。 1つの受信機に最大2つの送信機を接続できる。
  • スマートフォン用の小さなレシーバー。スマートフォンレシーバーには2つのバージョンがあり、1つはiPhone用のサンダーボルトコネクタ付き、もう1つはAndroid用のUSB Type-Cポート付き。
ComicaBoomX-D_05

The BoomX-D transmitter. Image credit: Comica

主な特徴

送信機は、内蔵マイクと3.5mmジャック入力を備えている。この3.5mm TRSマイクポートは送信機をロックする特別なバックルを持ち、ラベリアマイクが付属する。各ユニットには、バッテリー残量、音声レベル、およびその他の表示機能を示す画面がある。

ComicaBoomX-D_02

The Comica BoomX-D receiver. Image credit: Comica

受信機には、3.5mmジャック出力と3.5mmヘッドフォンジャックがある。従来のベルトパックをスマートフォンに取り付けて、付属のTRS-TRSSケーブルでスマートフォンに直接記録できる。受信機の側面には、各送信機の音量入力を個別に調整するための2つのボタンがある。

ComicaBoomX-D_03

Image credit: Comica

Comica BoomX-Dベルトパックは、内蔵の内蔵300mAhバッテリーで駆動され、最大5時間使用できる。 USB Type-Cポートを介してバッテリーを充電できる。ベルトパックの背面には、話者に付けるベルトクリップがある。

ComicaBoomX-D_01

Image credit: Comica

価格と発売時期

Comica BoomX-Dシリーズは3月中旬に発売される予定。ニーズに合わせていくつかのパッケージが用意されている。

  • 1つの送信機と1つの受信機を備えた標準のベルトパックセットアップ(BoomX-D1)の価格は185ドル。
  • 2つの送信機(BoomX-D2)が必要な場合は259ドル。
  • スマートフォン版(BoomX-UC1)は175ドル。
  • 1つの送信機/ 1つの受信機とスマートフォン受信機(BoomX-UC2)を含むパッケージは249ドル。

BoomX-Dパッケージには、ラベリアマイク、ウインドジャマー、3.5mm TRS-TRRSオーディオケーブル、TRS-TRSオーディオケーブル、および充電ケーブルが付属している。

なお、RØDEWireless Goは内蔵マイクだけで 199ドル。ラベリアマイクが付属するゼンハイザーAVXは699ドルだ。

 

関連商品

 

Comica CVM-VM10-K2スマートフォンマイクミニ三脚付き、ショットガンビデオカメラマイク(iphone samsung用など)

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する