DJI Digital FPVシステム - 遅延の少ないトランスミッターとゴーグル

DJI Digital FPVシステム - 遅延の少ないトランスミッターとゴーグル

DJIは、低遅延HDトランスミッター、カメラ、およびゴーグルのセットのDJIデジタルFPVシステムを発表した。従来のFPVドローンの欠点であった画質の向上も実現しており、競技用だけでなく映像制作用途にも使える。このシステムにより、DJIはFPVドローン市場への参入を図る。

FPVドローンとは?

FPVとは“First Person View”の略で、日本語では「一人称視点」を意味する。FPVドローンとは、ドローンから見た前方の映像をゴーグルで見て操縦するドローンのことで、FPVドローンレースとして競技も行われている。

FPVドローンは DJI Inspire 2のような従来のドローンと同じように、VRゴーグルを使うことができる。これによりオペレーターは自分のドローンに乗っているかのような視点で操縦することができる。従来のドローンでは、ほとんどの機種にGPSが装備されており、自身の位置を認識して、例えば同じ位置にホバリングするということも可能だ。

DJIDigitalFPVSystem_01

A traditional FPV drone. Image credit: Wikipedia

一方、FPVドローンは当初ドローンレース用に作られたもので、GPSモジュールは搭載されていない。従って、常に操縦者がコントロールしていないと墜落してしまう。FPVドローンはできるだけ速く飛行するように作られているので、超小型で軽量だ。 またFPVドローンは非常に高速なので、スマートフォンやタブレットから操縦することはできない。ほとんどの場合FPVドローンはゴーグルを使用して操縦する。

このようなFPVドローンを映像制作に使用することを思いついた映像クリエーターもいた。FPVドローンは非常に小さいので、狭い隙間でも通り抜けることができ、今までにない映像を撮ることができるのだ。下の作品はその良い例だ。

FPVドローンやマイクロドローン用に適したカメラを開発しているメーカーもあるが、多くのユーザーは自作しているのが現状だ。これらのドローンはレーシングドローンであって、ビデオの品質には重きを置いておらず、低品質のビデオ伝送とSD画質のビデオ品質に留まっている。レースには高品質のビデオは二の次だったのだ。DJIはデジタルFPVシステムで、この状況を変えようとしている。

DJIDigitalFPVSystem_Featured

Image credit: DJI

DJI Digital FPVシステム

DJIデジタルFPVシステムは4つのコンポーネントで構成されている。

  • HDビデオトランスミッタ:DJI FPVエアユニットモジュール
  • 1080Pカメラ:DJI FPVカメラ
  • ゴーグルペア:DJI FPVゴーグル
  • リモコン:DJI FPVリモコン

これはFPVドローンレースに対応した最初のHDシステムだ。映像クリエーターにとっても、映像制作の目的で簡単に使うことができる。

ビデオ伝送は最大4kmの範囲でわずか28msと、超低レイテンシーを実現している。またリモートの遅延は7msだ。

DJI FPVカメラは150度の広い視野角を持っており、記録は標準、レーシングモード、LEDモードの3つの記録モード(またはカラープロファイル)が利用できる。 DJIによると、標準モードは「色の損失を減らし、より独創的なディテールを保ち、明るい状況での画質を向上させる」ので、映像制作には最も適したモードと言える。レーシングモードでは、画像はより彩度が高くなり、LEDモードでは、画像ノイズを低減しながらLEDライトの彩度を上げている。

DJI Digital FPVシステムでフライトを記録するには、2つの方法がある。 1つはDJI FPVカメラ内で記録する方法。これは毎秒最大60フレームで、1080Pで録画できる。 もう一つは、720P /60fpsで記録するDJI FPVゴーグルを使用する方法。どちらの場合も、ビデオはmicroSDカードに保存される。ゴーグルに記録する場合は、すぐに映像を再生して見ることができる。

DJIDigitalFPVSystem_02

The DJI FPV Goggles. Image credit: DJI

DJI FPVゴーグルは蜂のように見える、非常に未来的なデザインだ。またゴーグルにはDJI FPVエアユニットモジュールとのビデオ伝送用に4つのアンテナが取り付けられている。右側には、周波数チャンネルを調整するための2つのボタンがある。

周波数に関しては、DJI FPV Air Unitには8つの周波数チャンネルがあり、最大8機のドローンを同時に飛行させることができる。各オペレーターは専用のチャンネルを持っているため、ドローンレースには特に便利だ。またドローン間の干渉を減らす効果もある。 DJI FPV Air Unitには2本のアンテナがある。これらのアンテナは受信機と送信機用で、信頼性の高いビデオ信号伝送を実現している。

DJIDigitalFPVSystem_03

The DJI FPV Remote Controller. Image credit: DJI

DJI FPVリモートコントローラーはDJI Phantom / Inspireコントローラーと非常によく似ている。DJI FPVリモートコントローラーのソフトウェアにより、DJIデジタルFPVシステム全体のさまざまな設定を変更できる。また、コントロールスティックを調整することもできるようだ。

価格と出荷時期

DJI Digital FPVシステムは現在発売中。

標準構成は819ドルで、DJI FPVゴーグルとDJIエアーユニット(カメラとトランスミッター)を含んでいるが、RCリモコンは含まない。 Fly More ComboバンドルはDJI FPV Remote Controllerを同梱して929ドルとなっている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する