広告

DJI Ronin 4Dファームウェアのアップデートは2022年2月と6月に予定

DJI Ronin 4Dファームウェアのアップデートは2022年2月と6月に予定

DJI Ronin 4Dと高輝度リモートモニターは、2022年に(少なくとも)2回のファームウェアアップデートを受ける予定だ。2022年2月の最初のアップデートは、リモートモニターにミラーコントロールモードとクリーンビデオ出力を追加し、Zenmuse X9のより多くのマニュアルレンズのサポートを追加する。2022年6月の2回目のアップデートでは、タイムコードのサポート、カスタマイズ可能なフレームレートのスロー/ファストモーション、リモートモニターのリモートジャイロコントロールなどが追加される。

2021年10月、中国のハイテク企業DJIは、4軸スタビライズカメラシステム Ronin 4Dを発表し、多くの映像制作者を驚かせた。ProRes RAW内部記録、LiDARフォーカスシステム、4軸目のスタビライズといった印象的なスペックを持つ Ronin 4Dは、確かに多くの注目を集めまた。このユニークなカメラに関する過去の記事はこちらでご確認ください。

Zenmuse X9の2つのバージョンと新ファームウェアのアップデートロードマップ

Ronin 4Dは、新開発のZenmuse X9ジンバルカメラモジュールを使用しており、X9は2つのバージョンで提供されるため交換が可能。最初のものはX9-6Kで、現在すでに入手可能で(あるいはごく近いうちに入手可能となる予定)、最大6K 60fpsでビデオを記録できる。2つ目のバージョンX9-8Kは2022年夏に発売される予定で、最大8K 75fpsでの動画撮影が可能となる。

今回DJIは、 Ronin 4DとHigh-Bright Remote Monitorの新しいファームウェアアップデートロードマップも発表した。今年は(少なくとも)2回の大きなファームウェアアップデートが行われる予定。最初のものは、2022年2月(正確な日付はまだ100%確定していない)と非常に近くに予定されている。もう1つのファームウェア・アップデートは、2022年6月に予定されている。

DJI Ronin 4D – 2022年2月のファームウェア・アップデート

最初のファームウェアアップデートでは、 Ronin 4D用高輝度リモートモニターに2つの新機能が追加される。

  • ミラーコントロールモード – このモードでは、High-Bright Remote Monitorがメインモニターのユーザーインターフェースを表示し、ユーザーがDJI Ronin 4Dをリモートでコントロールできるようになる。
  • クリーンなビデオストリームの出力 – リモートモニターのリモートモニター拡張プレートのHDMIとSDIポートを介して、オーバーレイ情報なしのクリーンなビデオストリームを出力できるようになる。

また、このアップデートにより、Zenmuse X9のより多くのマニュアルレンズがサポートされるようになる。新たに、時計回りまたは反時計回りのフォーカスリングを持つレンズは、LiDARセンサーによるすべてのオートフォーカス機能に対して適切に(手動で)キャリブレーションすることができる。

High-Bright Remote Monitor. Source: DJI

DJI Ronin 4D – 2022年6月ファームウェアアップデート

2回目のファームウェアアップデートは、2022年6月に開始予定で、カメラ本体とリモートモニターの両方にアップデートが行われる予定。本体には以下の機能が追加される。

  • タイムコードなどの拡張ポートへの対応 – 4D拡張プレートを介して利用可能になる予定。
  • カスタマイズ可能なフレームレートのファスト/スローモーション – センサーのフレームレートをカスタマイズできるファスト/スローモーションモードに対応する予定。
  • クリーンなビデオストリームの出力 – Ronin 4D は、本体の HDMI ポートからオーバーレイのないクリーンなビデオストリームを出力することができるようになる予定。

高輝度リモートモニターは、以下の新機能を備えている。

  • 独立した録画と再生 – リモートモニターに送られた映像と音声信号を H.264 で microSD カードに内部録画し、内部録画した映像の再生に対応。
  • 内蔵モーションコントロール – リモートモニターを内蔵ジャイロを介して独立したモーションコントローラーにし、 Ronin 4Dのジンバルを制御することができる。
  • HDMI信号入力 – リモートモニターのHDMI入力ポートから標準的なHDMI1.4信号の入力をサポートする。
DJI Ronin 4D. Image credit: CineD

価格と入手方法

いずれのファームウェアアップデートも、DJIサポートサイト(DJI Assistant 2アプリ経由)で無料ダウンロードリンクとして提供される予定。2月のアップデートが迫っているが、正確な日付はまだ確認されていない。

Zenmuse X9-6Kを搭載した Ronin 4Dは現在6,799ドルで予約可能で、Zenmuse X9-8K搭載バージョンは11,499ドルになる予定だ。当初は若干の遅れがあったものの、間もなく出荷が開始されるようだ。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects