広告

DJI Ronin 4D レビュー - 究極の手ぶれ補正カメラ

DJI Ronin 4Dを発表した。ジンバルを内蔵したフルフレームカメラ、いや、6K/9Kカメラを内蔵したジンバルだろうか。ワイヤレスビデオ伝送機能とコントロールシステム、ProRes RAWレコーディング機能を備えている。CineDでは Ronin 4Dを手に入れ、じっくりとテストすることができた。今回は Ronin 4Dのレビューをお届けしたい。

これはレビューなので、公平な評価をしなければならないのだが、しかし、正直なところ Ronin 4Dには興味津々だ。私の目には完全に革命的なものとして映っている。長い間待ち望まれていたジンバルとカメラの融合だからだ。もちろん完璧ではないが、業界を揺るがすものであることは間違いないだろう。

The DJI Ronin 4D in its full glory. Image credit: CineD

ジンバル革命を振り返る

8年前に最初のハンドヘルドジンバルが発表されたとき、それはFreefly MoVi M10だった、この技術をカメラに組み込むことができるのか?と言うのが当時の興味だった。

しかしそれはそれほど簡単ではなく、ジンバルの分野では、DJIなどが何年もかけて技術を進化させてきた。ここ数年、片手で操作できるジンバルが主流となり、高品質なカメラも小型化・軽量化されてきた。

With my Freefly MoVi M10 on an Easyrig in 2013, shortly after it was released. Image Credit: CineD

同時に、DJIはドローン用のハイエンド画像伝送システムを開発し、Inspireドローン用の Zenmuse X5およびX7カメラで、適切なレンズ交換式カメラモジュールを開発した。(Zenmuse X7については、DJIのインタビューを含めてこちらで詳しく紹介している。またこちらで詳しいレビューを掲載している)

そして今、2021年、DJIはこれらの技術の集大成である Ronin 4Dを開発した。

「DJI Ronin 4D」というネーミング

カメラとは呼べないこのデバイスのスペックを語る前に、このネーミングに触れておきたい。DJIはかつて自社のジンバルをRoninと呼んでいたが、その後RoninではなくRS2やRSC2と呼ぶようになった。Roninにはカメラが搭載されていないからだ。今回の製品は、まさにその名にふさわしい製品だ。

主な特徴:4次元のZ軸

さて、話は Ronin 4Dのレビューに戻るが、 Ronin 4Dの「4D」というのはかなり的を射た名前だ。 Ronin 4Dは、通常の3軸ジンバルの機能に加えて、4軸目となるZ軸を追加している。このZ軸があることで、歩いたり走ったりしたときに発生する縦方向のブレを完全に補正することができるのだ。つまり、どのようにカメラを動かしても、非常に安定した映像を撮影することができる。DJIの垂直方向の手ぶれ補正は、 Ronin 4Dの前面と底面に設置されたセンサーで、空間内の位置、物体や地面までの距離を測定することで実現している。

The Z-Axis arm sets the Ronin 4D apart from everything else on the market. Image Credit: CineD.

6Kと8Kバージョンのフルフレームカメラ「X9」

そして、その4軸スタビライゼーションだけでは不十分と言わんばかりに、DJIはその4軸ジンバルを中心に、高度に専門的な映画撮影のコンセプトを構築した。 Ronin 4Dには、X9と呼ばれるフルフレームセンサーのカメラが搭載されており、パッケージで選ぶカメラによって、6Kまたは8Kの撮影が可能になる。8KバージョンのX9はまだ開発中のため、DJIは今のところ6Kバージョンをテスト用に送ってくれた。しかし、このカメラには感銘を受けた。

The X9-6K camera in the Ronin 4D. It offers interchangeable mounts. Image credit: CineD.

ProRes RAWを内部記録する唯一の “正当な “カメラ

このフルフレームカメラは、H.264コーデックだけでなく、ProRes 422HQやProRes RAWでも記録できる。ProRes RAWを内部記録できるカメラは、DJIのドローン「Inspire 2」用の「Zenmuse X7」を除けば、このカメラだけとなる。それ以外では、ProRes RAWはAtomosの外部レコーダーでしか記録できない。

Ronin 4Dが使用する記録メディアは3種類ある。DJI独自の1TBのProSSDは、カメラの最高品質モードを記録する。また、CFExpress Type-Bのストレージカードや、USB Cポートを備えた通常の外付けSSDも使用できる。

DJI PROSSD 1TB inside the DJI Ronin 4D. Image credit: CineD.

ハイフレームレート、デュアルネイティブISO

このX9-6Kカメラは、6Kでは最大60フレーム/秒、4Kでは最大120フレーム/秒で記録できる。ProRes RAWと通常のProResコーデックの両方で6Kをフルフレームで記録できるが、4K ProRes RAWを希望する場合は、Super35クロップモードに切り替える必要がある。ProRes RAWで4K120をSuper35モードで記録することもできるのだ。ただ、これらの高いフレームレートは、さらに上下にクロップされ、この場合は2.39:1のアスペクト比になることに注意する必要がある。

X9-8Kカメラが発売されれば、12ビットのProRes RAWで最大75フレーム/秒の8K記録が可能になる。

X9-6KのネイティブISOは800と5000のデュアルで、DJIは14ストップ以上のダイナミックレンジを実現していると述べている。ファームウェアが最終版ではないため、ダイナミックレンジ、ラチチュード、ローリングシャッターテストなどの標準的なラボテストはまだ実施していないが、近いうちにこれらのテストを行う予定だ。

DLマウント、Eマウント、Mマウント、すべて交換可能

X9カメラは、DJI独自のマウントであるDLマウントを含む、多くのレンズマウントに対応している。また、ソニーやライカのレンズを使用するためのEマウントとMマウントアダプターも用意されている。これらのマウントは完全に電子的に動作するので、 Ronin 4Dからこれらのレンズの絞りとフォーカスを変更することができる。

The X9-6K without any lens mount attached. Image credit: CineD.

9ストップの内蔵ND

信じられないのは、この小さなX9のカメラブレインの中に、どうやってこれほど多くのメカニカルNDフィルターの組み合わせを収めることができたのかということだ。1/2~1/512の範囲で9ストップのNDが内蔵されており、これは他のカメラの内蔵NDよりもはるかに多い。そして、このNDフィルターを使っても、大きな色の変化はまったくない。

9 stops of mechanical ND filters are built into the DJI Ronin 4D. Image credit: CineD.

LiDARと自動マニュアルフォーカス

このセンサーには位相差ポイントがないので、従来のオートフォーカスは使えない。しかし、DJI Ronin 4Dにはライダー・フォーカシング・システムが搭載されており、これが驚くほどよく機能している。例えば、Eマウントレンズでもオートフォーカスの制御が可能になった。

LiDAR focusing system on top of the lens on the Ronin 4D. Image credit: CineD.

また、オートフォーカスだけではなく、右側のグリップにあるフォーカスホイールを使って、快適にマニュアルでフォーカシングすることも可能だ。 Ronin 4Dでは、レンズのモーターを使用しているため、非常に正確なフォーカシングが可能となっている。また、レンズをキャリブレーションした後に、正確な距離を表示する側面の目盛りも非常に便利だ。また、Lidar Waveformと呼ばれる革新的な機能がある。これはレンズの前にある物体からの距離を表示する、新しいフォーカシング支援ツールだ。

Focus wheel on the right-hand grip on the DJI Ronin 4D. Image credit: CineD.

DJIは、フルマニュアルのレンズを Ronin 4DとそのLidar技術で使えるようにするレンズモーターも用意している。この2つを組み合わせることで、フルマニュアルレンズがキャリブレーション後にオートフォーカスレンズとして使えるようになる。レンズキャリブレーションは保存でき、レンズを交換しても簡単にリロードできる。

オートフォーカスとマニュアルフォーカスをミックスした「Automated Manual Focus」というモードがある。このモードでは、フォーカスポイントが移動すると右グリップのフォーカスホイールが自動的に回転し、直感的にマニュアルでオーバーライドフォーカスすることができる。

また、DJIのAI技術を使って人物などの被写体を追跡し、撮影し続けることができる「ActiveTrack Pro」も用意されている。これはもうDJIのドローンでおなじみの機能だ。被写体の複雑な動きも、より簡単にトラッキングできるようになる。

ビルドクオリティ

Ronin 4Dは、ジンバルが内蔵されているにもかかわらず、過酷な使用にも耐えられるように見える。多くの撮影監督がこのデバイスの開発に協力したことがわかる。本体はアルミニウム・マグネシウム合金製で、Z軸アームはカーボンファイバー製だ。

メインモニターとユーザーインターフェース

The main monitor of the DJI Ronin 4D is a 5.5″ 1000 nit display. Image credit: CineD.

Ronin 4Dのメインモニターは、5.5インチの1000nitのタッチスクリーンで、非常に明るくシャープな画像だ。またユーザーインターフェースはほとんど不満のないものだ。一般的なカメラのメニューに比べ、このユーザーインターフェースはすべての設定を直感的に行うことができる。タッチ操作に最適化されたBlackmagic社製カメラのインターフェースを彷彿とする。なお、タッチスクリーンを使わなくても、側面にナビゲーションホイールがあるので、手袋をしていても簡単に使うことができる。

The main monitor of the Ronin 4D from the other side. Image credit: CineD.

リモートモニターとフルリモート操作

Ronin 4Dにはもう一つのモニターが用意されている。システム全体が、一から作り直されており、完全なリモート操作もできるようになっているのだ。7インチのリモートモニターは1699ドルで追加購入でき、1500nitの明るさを実現している。カメラ本体のハンドルを外して、リモートモニターにスライドさせるだけで完了する。また、カメラとバッテリーの間にビデオトランスミッター(399ドル)が必要だが、これを使えば、フォーカス、ジンバル、録画、カメラの全設定など、すべてをリモートで操作でき、RAWの映像をリモートで再生することもできる。

The DJI Ronin 4D Remote Monitor with the camera handles attached allows for full camera and gimbal control. Image credit: CineD.

また、単なる付加機能ではなく、リモート伝送が Ronin 4Dのコンセプトに組み込まれていることに驚く。もちろん、DJIのO3と呼ばれるドローンの画像伝送技術をベースにしているので、見通しが良いところでは20,000フィート(6km)の到達距離で、遅延もほとんど気にならないという優れた性能を持っている。もちろん、これによって遠隔操作の可能性が大きく広がる。多くのスポーツやアクションシーン、車から車への撮影では、カメラマンの他に、リモートモニターでフレーミングを行う別のオペレーターがいた方が効率的だ。ワイヤレスビデオトランスミッターをカメラに接続したり、カメラをジンバルに載せてバランスを取る必要もなく、ほとんど準備なしで実行できる。

The Remote Monitor outside its included cage and without the handles. Image credit: CineD.
Backside of the Ronin 4D Remote Monitor. It also allows for attaching an additional monitor for loop-through. Image credit: CineD.

デメリットは重さ

このように、私は Ronin 4Dの品質にかなり納得していますが、もちろん完璧ではありません。

最も明らかな欠点は、重量だ。 Ronin 4Dは、すべての部品を取り付けた状態で5kg近くになるが、これにレンズは含まれていない。ジンバルなので自由に動けないといけないので、どうしてもこのように体の前にホールドすることになるが、これではすぐに腰に負担がかかってしまい、長時間の撮影は困難だ。

After a short time it starts feeling heavy – Nino Leitner in the woods for the DJI Ronin 4D review. Image credit: CineD

また、目の高さに合わせるのも簡単ではない。片手ジンバルと違って、レンズを横に持ったときに手がレンズと同じ高さになるので、人を目線で撮影するためには腕をかなり高く上げなければならず、それはさらに疲れるし、ある程度の体力が必要なのは間違いない。もちろん、Easyrigを使うのもひとつの方法だ。

ショルダーカメラとして使えるか?

Ronin 4Dの操作方法は本当にこれしかないのだろうかと考えると、このジンバルは、実際にショルダーカメラとして機能する最初のジンバルではないだろうか?

Our experiment: DJI Ronin 4D rigged up to be a shoulder camera. Image credit: CineD.

この Ronin 4Dのレビューのために、CineDのFlorian Milzは、CineDスタジオにあるいくつかのリギング・コンポーネントを使って、試してみた。その結果、実際に肩に乗せて使用することが可能であることが分かった。Z軸アームのためにレンズが通常のショルダーカメラよりもはるかに高い位置にあるので、完璧ではない。もしDJIがハンドルと本体をつなぐケーブルを作ってくれたら、これは実用的なリグになるだろう。また、4軸ジンバルのような安定性を、方担ぎで得られるというのは画期的だ。

The Ronin 4D can be a – very high – shoulder camera. In theory. Thanks to Johnnie Behiri to be my victim. Image credit: CineD.

激しいバッテリーの消耗

Ronin 4Dは、DJIがRonin 2やInspireドローンにも使用しているTB50バッテリーを使用している。DJIによると、 Ronin 4Dでは約150分の使用が可能とされているが、通常の撮影条件ではこれは比較的現実的ではない。秋の気温が低い屋外で撮影した場合、平均して1時間半以下しかバッテリーが持たなかった。1日中の撮影なら、このバッテリーを何本も買わなければならないだろう。ただ、このバッテリーは自己発熱するので、寒冷地では一般的な大型のブリックバッテリーよりも信頼性が高いはずだ。

DJI TB50 batteries for the Ronin 4D are already known from the Ronin 2 and Inspire 2. Image credit: CineD.

三脚での撮影

さて、 Ronin 4Dは、重さの問題を別にすれば、手持ちでの撮影に最適なカメラであることが分かった。しかし、通常の三脚撮影ではどうだろうか? 実際に重くて大きなレンズを取り付けることができるのだろうか? 結局のところ、このカメラはフルフレームセンサーからProRes RAWを内部記録できるハイエンドのカメラなのだから、全ての撮影をこのカメラでこなせることが望まれる。

それは可能だが、ちょっとした工夫が必要だ。

It’s crazy but possible: Mounting a heavy lens on the Ronin 4D. Of course without the gimbal or Z-axis enabled. Image credit: CineD.

重いレンズを装着する場合は、もちろんZ軸アームが使えなくなる。この場合、2つの問題がある。ひとつは、カメラマウントだけでは重いレンズを保持できないため、必ずレンズサポートが必要となる。つまり、レンズを支えるためには、通常よりも長いレンズサポートが必要になる。第二に、レンズが非常に高い位置にあること。これらの問題があるが、可能ではある。また、Eマウントをはじめとするほとんどのレンズマウントに対応したアダプターが用意されているので、PLレンズを Ronin 4Dに装着することも可能だ。

まとめ

DJI Ronin 4Dは非常に複雑な製品であり、今後このカメラの様々な側面をより詳細に見ていきたいと考えている。

この Ronin 4Dレビューでは、あまり多くの映像がないことをお詫びする。まだ発表されていない段階でのレビューだったが、このカメラはあまりに目立ちすぎるため、多くを撮影できなかったのだ。今は発売された後なので、人々の目を気にせず自由に撮影することができる。今後 Ronin 4Dを使ってもっと多くのものを撮影し、レビューしたいと考えている。

今のところ、これは未来のカメラだとしか言いようがない。これはまさに革命であり、すべての人に当てはまるものではないが、数年後にはほとんどのカメラが同じ形ではなくなっているかもしれない。これはジンバルカメラの新しいカテゴリーの始まりであり、これまでは難しいとされてきた多くの撮影が、急速に主流になるだろう。

Only time will tell how popular the Ronin 4D will be in the market. Image credit: CineD

価格と発売時期

X9-6Kカメラを搭載したバージョンは12月から発売され、8Kカメラは後日発売される予定だ。

本体、Zenmuse X9-6Kジンバルカメラ、LiDARレンジファインダー、高輝度メインモニター、ハンドグリップ、トップハンドル、TB50インテリジェントバッテリー、キャリングケースを含む6Kコンボの価格は7,199ドル。X9-8Kバージョンは後日(正確な日付はまだ公表されていない)発売され、1TBのDJI PROSSDも含まれ、11,499ドルとされている。残念ながら、この Ronin 4Dのファーストルックレビューでも紹介した「4Dビデオトランスミッター」と「高輝度リモートモニター」は別途購入する必要がある。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する