広告
広告

DJIがRonin 4Dを発表 – 6K/8K ProRes RAW 4軸手ぶれ補正カメラ

DJIがRonin 4Dを発表 - 6K/8K ProRes RAW 4軸手ぶれ補正カメラ

DJI Ronin 4Dは、新開発のフルフレームジンバルカメラ「Zenmuse X9」、4軸スタビライズシステム、LiDARフォーカシングシステム、ワイヤレスビデオ伝送・制御システムを一つの製品にまとめたプロ向けの新しいカメラシステム。このカメラには、最大6K/60pの記録が可能なX9-6Kと、最大8K/75pの記録が可能なX9-8Kの2つのバージョンがあり、内部的にはProRes RAW、ProRes、H.264を使用している。

中国の大手ハイテク企業であるDJIは、最近、DJI Pocket 2やDJI Air 2Sドローン(レビューはこちら)など、手頃な価格のコンシューマーおよびプロシューマー向け製品を発売している。 今回、同社はプロ向けの製品を発表した。新しく発表されたDJI Ronin 4Dは、これまで同社が発表してきたものとは異なるものだ。この記事では、新機能とスペックに焦点を当てている。

Ronin 4Dの概要

Ronin 4Dは、DJIの新しい4軸スタビライズドカメラで、プロ向けの製品だ。このカメラは、高品質のビデオ撮影と手ぶれ補正、そしてワイヤレスビデオ伝送を組み合わせたオールインワンシステムとして設計されている。画像処理システム「CineCore 3.0」を搭載し、正確な色再現が可能な8K RAWコーデック、高度なアシスト機能、低遅延な画像処理によるマルチリンクのモニタリングとコントロールを実現している。

Ronin 4D. Source: DJI

カメラの重量は約4.67kg(コンボのモジュールをすべて含むが、レンズとストレージカードは除く)。カメラに搭載されているメインモニターは、5.5インチ1000ニットのタッチスクリーンパネルで、FullHD解像度60Hzで、自由に回転させることができる。

Zenmuse X9 ジンバルカメラ

新型DJI Ronin 4Dの核となるのは、新開発の「Zenmuse X9」。前回、新しいZenmuseジンバルカメラが発表されたのは4年前で、DJIはSuper35mmイメージセンサーを搭載し、最大6K 12bit CinemaDNG RAWを30fpsで撮影できる「Zenmuse X7」を発表した。しかし、X7のカメラモジュールは、ハンドヘルド撮影のためのプラットフォームではなく、ドローン「 DJI Inspire 2」での使用のみを想定した設計となっていた。

Zenmuse X9 Sensor. Source: DJI

新しいZenmuse X9はフルフレームセンサーを搭載しており、2つのバージョンがある。

  • 6Kで最大60fps、4Kで最大120fpsに対応したX9-6K
  • 8Kで最大75fpsをサポートするX9-8K

X9-8KおよびX9-6Kは、一般的に使用されているH.264コーデックに加えて、Apple ProResおよびProRes RAWを内部記録することができる。センサーは、800と5,000のデュアルネイティブEIを備えている。DJIによると、14ストップ以上のダイナミックレンジも実現している。これについては、後日CineDのラボテストで確認してみたい。

Ronin 4D. Source: DJI

Zenmuseには、9ストップの物理的なNDフィルターも内蔵されているので、明るい環境で絞りを開いて撮影することもできる。DJIによると、 Ronin 4Dに搭載されている独自のDJI Cinema Color System(DCCS)は、自然な肌色を実現し、異なるシネマカメラを使用した場合でも、プロジェクト全体で楽に色調を統一することができるとしている。

また、DJI独自のDLマウント、ライカMマウント、ソニーEマウントなど、焦点距離の短いマウントへの接続が可能なレンズ交換式マウントを採用している。

アクティブ・バーティカル4軸手ブレ補正システム

ジンバルカメラ「Zenmuse X9」単体では、3軸の手ぶれ補正しか搭載されていない。しかし、DJI Ronin 4Dのボディには、Zenmuse X9を保持するZ軸アームがもう1本追加されており、カメラの縦揺れをなくすように設計されている。3軸ジンバルを使った撮影で多く見られる、歩行時の独特の揺れは誰もが知っている問題だ。オペレーターは、歩き方を工夫したり、Tilta Floatのようなステディカムシステムを追加することで、それを回避している。

Ronin 4D. Source: DJI

Ronin 4Dでは、DJIは垂直方向のカメラの揺れを完全に取り除いている。カメラは、下向きのToFセンサー、前方と下向きのデュアルビジュアルセンサー、内蔵IMU、バロメーターのセットからの入力を処理する新しいアルゴリズムによって、この流動性のある動きを実現している。 Ronin 4Dは、DJIのActiveTrackよりも長い距離から被写体を追跡できるActiveTrack Proも搭載している。

LiDARレンジファインダー

4Dに搭載されているもう一つの興味深い技術は、新設計のLiDARレンジファインダーだ。正確なレーザー計測値を継続的に生成し、シャープで高速かつ信頼性の高いフォーカシングを実現する。43,200以上の測距点が10m先まで届くため、LiDARは光量の少ない環境でも被写体を素早く見つけ出すことができる。

Ronin 4D. Source: DJI

LiDARレンジファインダーを搭載したDJI Ronin 4Dには、3つのフォーカスモードがある。

  • マニュアルフォーカス – MFモードでは、撮影者がフォーカスポイントを見つけ、正確にフォーカシングすることができる支援ツールLiDAR Waveformを提供する。
  • オートフォーカス – AFモードでは、カメラが被写体にフォーカスする。
  • オートメイテッド・マニュアル・フォーカス(AMF) – 両モードを組み合わせた新しいモードで、フォーカスポイントを追いながらフォーカスホイールを自動的に回転させるが、オペレーターはいつでも手動で介入することができる。

ワイヤレスビデオとリモートモニター

4DはDJIの新しい伝送技術「O3 Pro」を採用しており、1080p 60fpsの低遅延フィードをAES 256ビット暗号化して、最大約20,000フィートの伝送範囲でリモートモニターに伝送することができる。O3 Proは、2.4GHzと5.8GHzに加え、DFS周波数帯にも対応しており、障害物や干渉のある厳しい環境下での安定性と耐干渉性を高めている。また、1台の送信機で複数の受信機を使用することができ、複数の Ronin 4D間で素早くフィードを切り替えることができる。

High-Bright Remote Monitor. Source: DJI

DJIは、「 Ronin 4D」に付属する高輝度リモートモニターもオプションで提供する。1,500nitの7インチモニターには、ワイヤレスビデオレシーバーが内蔵されている。また、ジャイロセンサーを内蔵しているので、動きに合わせてカメラをコントロールするモーションコントローラーとしても使用できる。さらに、 Ronin 4Dのハンドグリップ、DJI Master Wheels、DJI Force Pro、または新しいDJI 3チャンネルフォローフォーカスに接続して撮影することも可能だ。また、複数のリモートモニターを併用する場合、各機器は独立したLUTを搭載し、他のモニターに干渉することなくロードされた素材を個別に再生することができる。モニターに内蔵されたmicroSDカードスロットは、最大1080p/60fpsのプロキシ映像記録に対応している。

High-Bright Remote Monitor. Source: DJI

ストレージ、オーディオ、バッテリー

DJI Ronin 4Dは、コスト効率の高いソリューションとして4Kプロジェクト向けのUSB-C SSD、CFexpress Type-Bカードスロット、最大解像度とフレームレートでの内部記録に最適なパフォーマンスと安定性を発揮するDJI独自のPROSSD 1TBの3つのストレージ方式を提供している。

オーディオレコーディングでは内蔵マイクを備え、2チャンネル24ビットオーディオに対応している。また、本体には2つの3.5mmジャック、エクスパンションプレートには2つのXLRポートを搭載しており、入出力オプションを追加することができる。

Ronin 4D. Source: DJI

Ronin 2やInspire 2と同様に、DJI Ronin 4DはTB50インテリジェントバッテリーを採用しており、最大2.5時間の撮影が可能。DJIによると、このバッテリーは自動加熱技術により、過酷な天候下でも信頼できるように設計されている。

Ronin 4D. Source: DJI

DJIは、このカメラは、プロトタイプをテストし、貴重なフィードバックを提供してくれた厳選された撮影監督たちと協力して設計したと述べている。また、今後のプロジェクトで Ronin 4Dを使用する8人の受賞歴のあるDPと直接協力していくことも発表した。これは、ロドニー・チャーターズ(ASC、CNSC、NZCS)、石坂拓郎(JSC)、レイチェル・モリソン(ASC)、シャオシ・ザオ(CNSC)、アカデミー賞最優秀撮影賞受賞者のエリック・メッサーシュミット(ASC)。エリック・メッサーシュミット(ASC)、クラウディオ・ミランダ(ASC)、ピーター・パウ(HKSC)の各氏が参加している。

価格と発売時期

DJI Ronin 4Dは現在予約受付中で、2種類のコンボがある。

  • 6K Comboバージョンは、本体、Zenmuse X9-6Kジンバルカメラ、LiDAR距離計、高輝度メインカメラモニター、ハンドグリップ、トップハンドル、TB50インテリジェントバッテリー、キャリングケースがセットになっている。6K Comboバージョンの価格は7,199ドル。
  • 8K Comboバージョンは、ジンバルカメラを除く6Kバージョンのすべてを含み、ジンバルカメラ「Zenmuse X9-8K」を含む。また、PROSSD 1TBも含まれている。価格は11,499ドル。
Ronin 4D. Source: DJI

その他のアクセサリーやパーツは別売りとなっており、例えば以下のようなものがある。

  • 4Dビデオトランスミッターは399ドル。
  • 7型高輝度リモートモニター:1,699ドル。
  • DJI PROSSD 1TB」は799ドル。
  • DJI PROSSD Mountは229ドル。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する