FilmConvertがキヤノンEOS C500 Mark II用のプロファイルをリリース

FilmConvertがキヤノンEOS C500 Mark II用のプロファイルをリリース

FilmConvertは、キヤノンEOS C500 Mark II用の新しいカメラパックをリリースした。この新しいプロファイルは、FilmConvert、FilmConvert Nitrate、CineMatchと互換性があり、映像のカラーコレクション、グレーディング、カラーマッチが可能。

FilmConvertは、DJI Air 2S、キヤノンEOS C300 Mark III、EOS R5/R6などのカメラパックに続き、EOS C500 Mark II用のカメラパックを追加し、カラープロファイルのライブラリを拡大している。

FilmConvertプラグインを使用すると、カラーマッチング(CineMatch)およびカラーコレクション(FilmConvert/FilmConvert Nitrate)ツールにより、カメラのセンサーデータに基づいて映像をグレーディングすることができる。つまり、撮影したカメラに基づいて、RAW映像を見栄えのする映像に変換することができる。さらに、FilmConvertのツールは、Adobe Premiere Pro、After Effects、Final Cut Pro X、Resolveなど、さまざまなNLEと互換性がある。

Image credit: Canon

キヤノンEOS C500 Mark II用FilmConvertプロファイル

EOS C500 Mark IIが最初に紹介されたのは2019年9月で、その後CineDのラボでC500 Mark IIをテストしたが、その結果、13.1ストップ以上のダイナミックレンジ、わずか15.5msのローリングシャッター、そして信じられないほどの低照度特性を示した。

また、EOS C500 Mark IIは、内部的にはCinema RAW Lightで5.9Kの解像度で最大60P、2Kで120fpsの撮影が可能だ。またモジュール式を採用し、コンパクトなカメラで、さまざまな撮影に対応できる。2年経った今でも、このカメラは新しさを失っていない。

Canon C500 Mark II fully rigged up with the Extension Unit 2 and a Canon Sumire Prime in my hands © 2019 cinema5D

FilmConvertは、このEOS C500 Mark IIの対応した新しいカメラプロファイルをリリースした。このプロファイルを使えば、C500 Mark IIを他のミラーレス/シネマカメラに正確にマッチさせることができるだけでなく、映像をカラーグレーディングして、「フィルムルック」や「グレイン」を得ることができる。

価格と発売時期

いつものようにFilmConvertは、このカメラプロファイルを無料でダウンロードできるが、もちろん使用するにはソフトウェアのライセンスが必要となる。しかし、FilmConvert NitrateとCineMatchは無料で試用することができ、このリンクを使ってFilmConvertから購入すると10%の割引を受けることもできる。

詳細とダウンロードについては、こちらのFilmConvertのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience