広告

富士フイルム X-H2Sレビューとミニドキュメンタリー

富士フイルム X-H2Sが世界のほとんどの地域で発売された。今回はそれに合わせて短いミニドキュメンタリーを作成した。

この記事の最初の原稿は2ヶ月以上前に日本に向かっているときに書いた。そして、もうすぐヨーロッパに戻るため、東京と大阪での最後の仕事を終え、皆さんのためにこのレビューを仕上げているところだ。

まず最初に、このレビューの作成を依頼し、個人的に手紙をくれた人々に感謝したい。私たちが考えていることを皆さんが気にかけてくれていること、そして私たちからの連絡を待ってくれていることを知ることは、いつも励みになる。そしてもちろん、遅れていることを純粋に申し訳なく思っている。なぜか、「私たちの小さな映画業界の世界」で同時に多くのことが起こっているため、自分の締め切りに間に合わせることができなかったのだ。とはいえ、この遅れは必ずしも悪いことではなく、Aは人生観を保つのに役立つ。結局のところ、私たちはカメラのレビューについて話しているのであって、地球を救うことについて話しているわけではないのだから。しかし、もっと重要なことは、ラスベガスで7年間働いた後、東京に戻ってきた若い日本人女性、ミサさんに会うことができたことだ。彼女の個人的なストーリーは私の関心を引き、彼女が協力してくれたことに感謝している。

FUJIFILM X-H2S
FUJIFILM X-H2S. Credit: CineD

4月に富士フイルムのVictor Ha氏にインタビューし、その後、実際に使い、ラボテストも行った。

今回は、使い勝手と画質という2つの基本的な部分に焦点を当ててレビューする。X-H2Sは、この2つの点でよくできているが、それはクリエーターの心をつかむのに十分なのだろうか。

X-H2S vs X-T4
X-H2S vs X-T4. Credit: CineD

X-H2S or X-T4?

まず、私は富士フイルムX-T4(レビューはこちら)のオーナーだ。この数年間、非常によく働いてくれたし、私の意見では、コストパフォーマンスという点では負けることはないだろう。しかし、ProResと4:2:2の内部記録ができないのは確かで、まさにここでX-H2Sが登場し、不足している機能をサポートし、6.2K解像度、3×2オープンゲート記録、4K 120fpsなどを追加している。

FUJIFILM X-T4 vs X-H2S side comparison
FUJIFILM X-T4 vs X-H2S side comparison. Credit: CineD

スペック面では、両機種とも富士フイルム独自設計のセンサー(X-T4はBSI CMOS、X-H2SはStacked CMOSアーキテクチャー)を搭載している。これにより、カメラはより高い解像度、フレームレート、およびローリングシャッターを達成することができる。X-T4は、物理的なボタンで操作することができ、X-H2Sと比較すると、「連続」または「シングル」から「マニュアル」にフォーカスを変更(およびロック)する方法が最も良い例だ。X-T4では、物理的なAF切り替えボタンがあるため、より簡単に、より直感的に操作することができる。

X-T4 physical autofocus switch buttons
X-T4 physical autofocus switch buttons. Behind, the X-H2S. Credit: CineD

しかしこの数ヶ月間、2台のカメラを手元に置いていたところ、X-H2Sを手にすることが多くなり、X-T4は棚に置かれたままになっていた。その最大の理由は、X-H2Sで内部的にProResを記録できることにあった。

X-T4は非常に有能なカメラだ。しかし、もしあなたが撮影から編集まで行う必要があれば、X-H2Sはあなたのニーズによりフィットするかもしれない。(4:2:2 10bit ProResのマスターを持つことに次いで)。

X-H2Sの気に入った点(順不同)

ファーストインプレッション

伝統を守りながら、小さくてスタイリッシュにできている(最近発表されたMFTセンサーサイズのパナソニックLUMIX GH6よりもさらに小さい)。価格はもちろん主観的なものだが、低価格で高度な撮影ができる。個人的には、X-H2Sのようなサイズの小さなミラーレスカメラで撮影することは本当に「夢のような」ことだ。

EVF:

X-T4で撮影するときにネックになったのは、EVFの画質だった。これは、とても十分とは言えない。さらに、視度調整ツマミの誤差もあり、小さな画面ではピントが合いにくい。X-H2Sでは、EVF画面とEVF機構の品質が向上し、さまざまなレンズでマニュアルフォーカスによる撮影が快適になった。

ProRes LT internal recording
ProRes LT internal recording. Credit: CineD

ProRes:

カメラに高品質のコーデックがあることの有用性については、誰もが同意すると思う。これに、異なる解像度とビットレートで記録する能力が加われば完璧だ。ニコンとパナソニックは、すでにいくつかのミラーレスカメラ(Z 9とLUMIX GH6)で内部ProRes記録を提供しているが、X-H2SはProRes LT記録を提供する唯一のカメラだ。ProRes HQは素晴らしい機能だが、記録メディアの容量を大量に消費する。ProRes LTは、4:2:2 10bitの高品質な内部記録を、HQと比較してわずかな容量で行うことができる。しかも、画質はそのままに。(X-H2Sの記録モードと仕様に関する技術的な情報については、新しいカメラのデータベースをご覧いただきたい)。欠点は、任意の解像度とフレームレートでのProRes記録は、現在のところCFexpressカードでのみ可能だ。これは、SDカードを持っている人には追加の出費を意味する。私は富士フイルムに、高速なV90 SDカードで何らかのProRes記録を可能にすることを検討できないかと打診しており、回答が得られればこの記事を更新する予定だ。

FUJIFILM X-H2S in the field.
FUJIFILM X-H2S in the field. Credit CineD

ProResで撮影し、その映像をAdobe Premiere Proに読み込み、最初に素材をトランスコードする必要なく、すぐに編集を開始できるということは、あらゆる面で安心感を与えてくれる。これはもちろん、コンピュータやラップトップを、例えばアップルのM1/2 ARMベースの高級機にアップグレードしなかった人たちにもメリットがある。もちろん、グレーディングに4:2:2 10bitコーデックを使用することで、色付けのプロセスも簡単になることは言うまでもない。

オートフォーカス

カメラのファームウェアVer.1.02のアップデートにより、AFの信頼性が向上し、他のカメラメーカーのAF性能に容易に対抗できるようになった。(最新のファームウェアVer.103はこちらでダウンロードできる)。なお、アニマルフォーカスなどの機能をすべてチェックしたわけではない。しかし、自分の作品を撮影しながら、多くの機能をチェックした結果、次のような結論に達した。顔検出は、私にとって最も効果的な機能だ。上記のミニドキュメンタリーは、AFモードのみで撮影している。ミサさんへのインタビューでは、このモードでのAFがしっかりしていることが改めて分かった(AFの迷いは一度もなかった)。ただ、複数人が写り込んでしまうと、顔検出がうまくいかなくなることがあった。そこで、「AF ON」ボタンを長押しして、ピントを合わせたい人物に合わせる。X-T4では、「AF-Cモード」でピントをキャッチした後、指一本で簡単に「Mモード」に切り替えて、ピントを固定することができる。そして、また人が動き出したら「AF-C」に戻す。

X-H2S AE/AF LOCK MODE
AE/AF LOCK MODE. Credit: CineD

X-H2S(または他の富士フイルムカメラ)では、「ON」を1回押すと、AFが目的の被写体にロックされ、もう一度押すと、フォーカスが解除される。

機能設定で、AE-LボタンがAFロックに割り当てられていることを確認する。その後、「設定/ボタン/デイリー設定/AE&AFオン/オフスイッチ」で設定する。

AF-Cをマニュアルフォーカスに変更するわけではないが、最終的に、被写体に簡単にフォーカスをロックするのに役立つ。

音質

X-T4にはすでに良いプリアンプが装着されていたが、オーディオに関してはX-H2Sも同じように(それ以上ではないにせよ)仕上がっていることを報告できるのは嬉しい。録音された音は、低ノイズで良質だ。また、音をモニターする際のヘッドホンレベルも関係している。私が気づいたのは、値8までのレベルがいかに低いかということだ。

X-H2S - Stills from the timeline. ISO1250
Stills from the timeline. ISO1250. Credit: CineD
X-H2S - Stills from the timeline. ISO12800
Stills from the timeline. ISO12800. Credit: CineD

低照度性能

このカメラの低照度性能は本当に優れている(18-120mm F4レンズで撮影している)! 明るくない場所で撮影していても、一度も限界を感じることはなかった。もちろん、ソニーa7S IIIのような「ナイトビジョン装置」ではないが、ドキュメンタリー的な撮影では、その低照度性能で全く問題ない。ミサさんがプールに入るシーンの一部は、ISO8000で撮影している。たしかに少しノイジーだが、それでも非常に使い勝手が良い。ちなみに、F-Log2での撮影では、できる限りネイティブISOであるISO1250のままで撮影している。これが最もきれいな画像になる。

改善すべき点(順不同)

オーバーヒート 

私の経験では、カメラはオーバーヒートすることがあり、それはどの程度の時間撮影するかよりも、どこで撮影するかによって決まる。日本の蒸し暑い夏に屋外で撮影していたとき、カメラは比較的早く温度上昇を警告した(すぐにシャットダウンせず、追加の映像を撮影する時間を与えてくれたのは好都合だった)。ミサさんとの対談の時もそうだった。音を良くするために部屋のエアコンを切ったら、部屋がかなり熱くなった。30分くらいすると、カメラがオーバーヒートを 警告した。

X-H2S Overheating yellow card
Overheating yellow card. Credit: CineD
X-H2S Overheating red card
Overheating red card. Credit: CineD

富士フイルムはこの問題を解決するために、カメラ本体の背面に取り付けることができる外部ファンを販売している。正直なところ、これはカメラの使い方が制限されるため、私が最も好まないアクセサリーだ(このファンを取り付けると、液晶画面を閉じて元の場所に戻すことができない)。このように、オーバーヒートは起こり得ることであり、撮影スタイルによって解決策がある場合もあれば、ない場合もある。

結論から言うと、急いでファンを購入する必要はない。私は、「普通の」気温の屋内や屋外で何時間も撮影しても、オーバーヒートの問題は起こらなかった。本当に暑くなったときだけ、カメラは反応する。まずはファンを購入せずに撮影してみて、様子を見ると良いだろう。

Cooling Accessory installed on FUJIFILM X-H2S
Cooling Accessory installed on X-H2S. Image credit: CineD

IBIS:

次にIBISの性能だが、ここでもX-T4と比較する。

私は幸運にもX-T4が発売される前にテストすることができ、そのIBIS性能に非常に感銘を受けた。その性能の高さを証明するのに十分な映像を集めたが、一部のユーザーから特定の使用条件下での性能に関する問題が報告された。富士フイルムはすぐにIBISの性能を微調整して対応したが、その結果を見たとき、私はX-T4のファームウェアをアップデートしないことに決めた。

今回、X-H2Sを試してみて、IBISの性能は私が期待していたものとは違うと感じている。カメラを動かさない限り(三脚モードなど)、あるいはゆっくり動かす限り(パンニングなど)、IBISは、特に「ブーストモード」がオンになっているときは、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれる。しかし、人の動きを追ってみると、ここがスタビライザーの欠点となる。15-45mmと18-120mmのレンズでテストしたが、18-120mmのレンズの方が少し性能が良かったものの、IBISをオンにして人を追うと、X-T4の方がうまくいっているように思う。

IBISの性能を最大限に発揮するために、動作条件によっては画像がぶれるなどの結果に直面する可能性があるモードと、保証された性能を弱くしたモード(基本的には今の状態)の2種類を用意することも検討すべきかもしれない。

X-H2S Deep handgrip
Deep handgrip. Credit CineD
X-H2S - The "bump"
The “bump”. Credit CineD

全体的な使い勝手

X-H2Sを長時間使ってみて、手の小さい人には快適なカメラではないことがわかった。グリップが深すぎるし、背面のノブやジョグダイヤルの操作を難しくしているのは、この小さな「段差」だろう。また、RECボタンを押した後に、いくつかの数値や機能を変更することができないのも、カメラを使っているときの制約になる。ホワイトバランスはその一例だが、より現実的なのは、RECボタンを押した後にフォーカスモード(AF-C/AF-S/M)を切り替えることができないことだ。

さて、6.2K、3×2のオープンゲートは素晴らしいものだが、このモードで撮影する場合、次の2つの可能性が欠けている。

  • アナモフィックレンズを使用する場合、実際の正しい画像を見ることができるように、画像をデスクイーズする機能
  • 6.2K解像度を16×9で撮影したくても3×2しか使えない。ポスト処理で水平にクロップして16×9で書き出すことは可能だが、カメラ内でできると非常にありがたい。
X-H2S - HD framing guides only
HD framing guides only. Credit: CineD

できれば後日追加してほしい機能

6K 16×9の専用録画モードと、オープンゲートモードで撮影する際に適切なフレーミングのために画像をデスクイーズする機能については、すでに述べた。また、クロップサイズのガイドラインを追加する方法がないのも残念だ。現在の「HD」は確かに十分ではなく、その「白い縁取り」はほとんど見えない。さらに、映画撮影の場合はシャッター角も考慮されるべきだろう。異なる解像度と高フレームレートモードを切り替えると、シャッタースピードの値を手動で調整するのを忘れると面倒だ。最後に、RECボタンを全押し(シャッター半押し)する直前に、一瞬だけ画像が非常に明るくなり、撮影中もずっと気になっていた。これを解消することはできないだろうか。

FUJINON 18-120mm f/4 LM PZ WR Lens
FUJINON 18-120mm f/4 LM PZ WR Lens. Credit: CineD

フジノン18-120mm F4 LM PZ WRレンズ

富士フイルムは私にフジノン18-120mm F4 LM PZ WRレンズを提供してくれ、私はこれを非常に気に入った。確かに明るくはないが、全体的な汎用性は本当に注目に値する。ズームレンジは良好だが、もう少し広ければと思う。F4の常時絞りは素晴らしいが、レンズのズームレンジ全体をカバーするためにオートズームを行う際には注意が必要だ。36mmと90mm、78mmと31mmにズームインすると、絞りはデジタル的に「ジャンプ」する。この現象の良い例は、私のビデオで10:34のところで見ることができる。富士フイルムはこの問題を認識している。

The very much welcomed Large HDMI
The very much welcomed Large HDMI. Credit: CineD

まとめ

X-H2Sは素晴らしい多機能な性能を持っている。将来のファームウェアアップデートでさらに良くなる可能性はあるだろう。

X-T4からのアップグレードは必要かについては、あなたの制作ニーズによる。しかし、公平に見て、富士フイルムサミットから数日後、ほんの少し待った方が賢明かもしれない。個人的には、X-H2が何をもたらすのか、非常に興味がある。

撮影機材に完璧はなく、X-H2Sも同様だが、富士フイルムがこのカメラ開発でどれだけ真剣に考えたか、本当に感心している。確かに、非常に長い間、さまざまな場面で活躍できるツールだと思う。画質は非常によく、ローリングシャッターもよく抑えられている(ラボテストではソニーVENICE 2 8Kに次いで2番目に良い)。

ProResの内部記録は非常に魅力的だ。全体として、私はX-H2Sでの撮影を非常に楽しんだ。私の体格に合った非常にコンパクトなデバイスだった。

X-H2S LCD movement restriction when using headphones
LCD movement restriction when using headphones. Credit: CineD

上記のミニドキュメンタリーについて

X-H2Sで撮影、6K、3:2(ポスト処理でトリミング)。スローモーションの1ショットは4K/120pで撮影。(画像がきれいにアップスケールされる)F-Log2。IBIS、ISブーストモード使用。インタビュー以外はすべて手持ち撮影。オートフォーカスのみ。

CFexpress cards by angelbird
CFexpress cards by angelbird. Credit: CineD

Angelbirdの記録メディアカードは信頼できる。

Adobe Premiere Pro最新版で編集。5分34秒から5分48秒まで、1%ワープスタビライザーエフェクトを追加。10:10〜10:22にDigital Anarchyのフリッカー除去フィルタを使用。

Color: CineD LUTs builder by fylm-ai.

Music: Epidemic Sound

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手