Insta360がEVOを発表 - 折りたたみできる360°カメラ

2019.3.17
Insta360がEVOを発表 - 折りたたみできる360°カメラ

Insta360 EVOは折りたたみができる新しい3Dカメラで、最大5.7Kの解像度で180°3DビデオあるいはVR 360ビデオ、そして18メガピクセルの写真を撮影できる。 EVOはTimeShiftモードを特徴とし、アプリで編集して共有することが簡単にできる。 Insta360はHoloFrameも発表した。これはスマートフォンで3Dコンテンツを直接観ることができ、3Dメガネを必要としない技術だ。

Insta360は革新的なカメラを次々に発表している。2ヵ月前の2019年1月にも、同社はマイクロフォーサーズセンサーと11Kの解像度を持つTitanを発表した。また昨年の10月には Insta360 ONE Xを発表した。これは、手頃な価格で機能満載のVRカメラだ。そして今回 Insta360はもう一つ革新的な新しいカメラを発売した。 Insta360 EVOだ。

折りたたみのできるカメラ

Insta360 EVOで最も目を引く特徴は折りたたみ式のデザインだろう。 2台のカメラがヒンジで接続されているように見える。EVOを展開すると、人間の目が見るのと同じ方法で撮影できる。これにより、5.7K 180°ビデオと18メガピクセルの180°写真を撮影することができる。

カメラを折りたたむと、ONE Xと同じように5.7K 360°ビデオと18メガピクセル360°写真を撮影できる。360°コンテンツは、ヘッドセットで再生したり、EVOの編集アプリケーションで再生したりすることができる。

EVOは2種類の手振れ補正も内蔵している。 360モードでは Insta360 ONE X でも採用されたFlowState手振れ補正技術を採用している。また180°3Dモードでは、EVOは新しい手振れ補正技術を採用、スムースな撮影を可能にしている。

TimeShiftモード(ONE Xにも搭載)は、タイムラプス撮影とハイパーラプス撮影に360°情報を加え、ユーザーは時間の流れとカメラの遠近感の両方を制御できる。

Insta360 EVOに用意されているアプリで、撮影と編集を容易行うことができる。 WiFi接続によりEVOで撮影されている映像をリアルタイムで確認し、その後すぐに自分のスマートフォンに映像を転送できる。また、数回タップするだけで180°映像と360°映像を確認、トリミング、微調整したり、360°映像を編集することができる。このアプリは、YouTubeやFacebookなどへ360°や180°の3D映像をアップロードすることもできる。

Insta360 EVOでキャプチャされた映像は、様々なVRヘッドセットで再生できる。新しい Insta360 VRアプリを使用すると、ユーザーはOculus GoまたはSamsung Gear VRをEVOに直接接続して、すぐに再生したりファイル転送を行うこともできる。

HoloFrameとは?

Insta360のもう一つの革新的な技術は「HoloFrame」と呼ばれるものだ。これはスマートフォンの画面に装着する特殊な透明のフレームで、3Dコンテンツを3Dメガネを使わずに見ることができるもの。 HoloFrameを使うとスマートフォンのディスプレイ上に飛び出して見えるのだ。ユーザーは3D写真やビデオをEVOアプリで開くことができリアルな3D画像を表示する。

HoloFrameに関し同社は「信じられないような3Dコンテンツを体験するための画期的な方法」と述べている。HoloFrameは別売りで、iPhoneX、XS、XS Max、XRに対応した製品が発売される。サムスンギャラクシーS8、S8 +、S9、S9 +およびNote8モデルへの対応は近日発売予定。

EVOの主な仕様

デバイス

  • 絞り:F2.2
  • 写真の解像度:6080×3040(18メガピクセル)
  • ビデオ解像度:5760×2880 @ 30 fps、3840×1920 @ 50 fps、3840×1920 @ 30 fps、3008×1504 @ 100 fps
  • 写真のフォーマット:insp、jpeg(App経由でエクスポート可能)、dng(RAW)
  • ビデオフォーマット:insv、mp4(App経由でエクスポート可能)、LOG
  • ビデオコーディング:H264
  • ビデオビットレート:最大100Mbps
  • 手振れ補正:内蔵6軸ジャイロ手振れ補正
  • 対応デバイス:iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8/8Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6s / 6s Plus、iPhone SE、 iPad Pro、iPad(2018) Androidデバイスについてはこちらをクリック。

写真とビデオ

  • 写真モード:標準、タイムラプス、インターバル、RAW、HDR
  • ビデオモード:標準、タイムラプス、ログ、HDR
  • EV:-4EV〜+ 4EV
  • 露出モード:自動、手動(シャッター1/4000秒〜55秒、ISO 100〜3200)、シャッター優先(1/4000秒〜1/4秒、写真のみ)、ISO優先(100〜3200、写真のみ)
  • WB:自動、曇り、晴れ、蛍光灯、白熱灯

一般

  • カラー:ブラック
  • 重量:113グラム
  • 寸法:展開時:98.4x49x26.27mm、折りたたみ時:50.3x49x52.54mm

記録機能と接続

  • Bluetooth:BLE4.0
  • Wi-Fi:5G(標準範囲約20メートル)
  • MicroSDカード:UHS-I V30スピードクラス、exFAT(FAT64)フォーマットを推奨。最大記憶容量128 GB

バッテリー

  • 容量:1200mAh(5V2A)
  • 充電方法:マイクロUSB
  • 充電時間:90分
  • 動作時間:65分
  • 使用環境:動作温度: – 10℃〜40℃、保存温度:-20℃〜40℃

Insta360 EVOは419.99ドルで発売済み。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する