広告

K-TekがKC108 Essential Boompoleをリリース – コンパクトで手頃なブームポール

K-TekがKC108 Essential Boompoleをリリース - コンパクトで手頃なブームポール

アメリカのK-Tek社から、コンパクトで手頃な価格のブームポール、K-Tek KC108 Essentialが発売された。このエントリーレベルのブームポールは、ケーブル無しで、独自の複合素材から作られており、74.9cmから275cm/29.5インチから108インチまで伸びる。

妥協なく作られた高品質のブンポールといえば、K-Tekは世界中のブームオペレーターやサウンドクルーの間で最も有名なブランドのひとつだ。実際、このアメリカのメーカーは20年以上もブームポールを製造しており、その高品質な製品は世界中の撮影現場で確かな評価を得ている。

2021年に発売された軽量グラファイト素材を使用したハイエンドのK-Tek “Mighty Boom “シリーズに続き、K-Tekは、これからブームを始める音響オペレーターのための、より手頃な価格のオプション、KC108 Essentialを発表した。

The K-Tek KC108 collapses to only 74.9cm/29.5in
The K-Tek KC108 collapses to only 74.9cm/29.5in. Image credit: K-Tek

K-Tek KC108 Essential – 特長

K-Tek KC108 Essentialは、市場に出回っている他のエントリーレベルのブームポールとは異なり、金属やアルミニウムではなく、独自の複合素材で作られています。この複合素材により、ブームは544g/1.2ポンドと比較的軽量に仕上がっている。比較として、同じような寸法でアルミニウム製のRØDE Boompole Proは940g/2.07ポンドだ。ブームポールを操作したことがある人なら誰でもわかると思うが、1オンスでも軽量化できれば、特にブームポールを完全に伸ばしたときに大きな違いが生まれる。特にブンポールを完全に伸ばしたときには、効果的だ。

K-Tek KC108 Essential folded and fully extended
K-Tek KC108 Essential folded and fully extended. Image credit: K-Tek

KC108エッセンシャルは折りたたんだ状態で74.9cm。この5セクションのブーンポールは、4つの陽極酸化ローレット加工された表面カラーにより、最大275cm/108inまで伸ばすことができる。

Bottom of the K-Tek KC108 Essential
Bottom of the KC108 Essential. Image credit: K-Tek

よりハイエンドなブンポールとは対照的に、KC108 Essentialはケーブル非対応。ただし、ブーンポールの下部には開口部がある。K-Tekに連絡すれば、内部にコイル状のケーブルと底部に3ピンXLRコネクターを備えたKC108 Essentialをカスタムメイドしてもらえる。

Top of the K-Tek KC108 Essential
Top of the K-Tek KC108 Essential. Image credit: K-Tek

最後に、KC108 Essentialの上端には、マイク・ショック・マウントやRycoteスタイルのシールドと互換性のある3/8″-16トップ・アタッチメントが装備されている。

価格と発売時期

K-Tek KC108 Essentialは199.99ドル/201ユーロで発売中。

詳しくはK-Tekのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する