広告

KiponがIBELUX 40mm F0.85 Mark III を発表 – フルマニュアルAPS-Cプライムレンズ

KiponがIBELUX 40mm F0.85 Mark III を発表 - フルマニュアルAPS-Cプライムレンズ

Kipon IBELUX 40mm F0.85は、APS-Cセンサーをカバーできる明るいフルマニュアルプライムレンズで、0.75mのクローズフォーカスを備えている。270°の長いフォーカスリング回転角度と67mmのフロントフィルタースレッドがあり、キヤノンRF、ニコンZ、ソニーE、富士フイルム X、MFT、ライカLマウントで、1,780ドルで販売されている。

中国の会社Kiponは、主にレンズアダプターで知られているが、明るいフルマニュアルレンズも発売した。とはいえ、まったく新しいものではない。第一世代のIBELUX 40mm F0.85レンズは、HandeVisionの下で2013年に紹介された。今は、このレンズのMark IIIが同社の名前で出てくるので、Kiponがこのブランドと技術を所有しているようだ。

Kipon IBELUX 40mm F0.85 Mark III レンズ

9年前の初代IBELUXと同様、Mark IIIも世界最速のレンズとして宣伝されている。IBELUXは10枚羽根の絞りを採用し、F0.85の開放から、必要なときはF22まで絞ることができる。どの絞り値でも使用可能な画像が得られるが、同社によるとF5.6で最高の光学結果が得られる。

IBELUX 40mm f/0.85 Mark III lens. Source: Kipon


本レンズの光学設計は、レンズの組み立てと量産を行うドイツのIBEオプティクスが担当したとKiponは説明している。Kiponによると、このレンズのMark IIIバージョンの最も顕著な改良点は、光の乱反射/拡散の問題を解決したことと、強い光源に直接向かって広角撮影する際のパープルフリンジを大きく改善したことだ。

Kipon IBELUXは28.4mmの像径を生成し、ほとんどのAPS-Cセンサーをカバーする。しかし、例えばRED KOMODOのセンサーサイズは27.03×14.26mm(対角:30.56mm)とSuper35よりやや上なので、IBELUXではカバーしきれずに画像にケラレが発生してしまう。フルサイズでの焦点距離は、センサーサイズやクロップファクターにもよりるが、60mmと64mmあたりになる。なお、このレンズの画角は41.3°(対角線)。

IBELUX 40mm f/0.85 Mark III lens – optical structure and MTF charts. Source: Kipon

光学設計と物理設計

光学的には、8群10枚のレンズで構成されている。Mark IIIレンズは、Kiponによると、フレアを抑制し、細部をよりよく解決する新しいコーティングを備えている。IBELUX 40mmは0.75mからのフォーカシングが可能で、最大の再現比1:20を備えている。

IBELUX 40mmは完全マニュアル設計のため、フォーカスリングは270°の長い回転角(フォーカススロー)を持ち、正確なマニュアルフォーカスに役立つ。レンズ本体は、アルミ製の筐体、真鍮製芯材、ステンレス製マウントで構成されている。また、67mmの前面フィルタースレッドがある。レンズの長さは128mmで、直径は74mm。重量は1150gで、かなり重いレンズであることは間違いない。

IBELUX 40mm f/0.85 Mark III lens. Source: Kipon

価格と発売時期

Kipon IBELUX 40mm F0.85は1,780ドルで現在販売中。このレンズは、キヤノンRF、ニコンZ、ソニーE、富士フイルムX、MFT、ライカLの5種類のレンズマウントに対応する。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手