Leica(ライカ)が SL2-Sフルサイズミラーレスカメラを発表 - 4K/10bit/4:2:2記録とDNG RAWで25fps連写

Leica(ライカ)が SL2-Sフルサイズミラーレスカメラを発表 - 4K/10bit/4:2:2記録とDNG RAWで25fps連写

ドイツのカメラメーカー、ライカはSL2-Sフルサイズミラーレスカメラを発表した。24.6メガピクセルセンサーを搭載しISO 100,000での撮影を可能としている。 もちろんLマウントを採用し、IBISも搭載。また、最大25fpsの14ビットDNG RAWで連続静止画(音声なし)を内部記録できる。連続記録時間は無制限。もちろん通常の写真も撮影できる。さらに、DCI4K/4:2:2/10ビットで最大30fps、DCI4K /4:2:0/8ビットで60fpsのビデオを撮影できる。希望小売閣価格は60万円(税別)。

約1年前、ライカはSL2フルフレームミラーレスカメラを発表した。 5K/30p、4K/60p、10ビットの内部ビデオ記録など印象的なビデオ仕様で注目を集めた。ライカSL2のレビュー記事はこちら。今回、同社は、新しいフルフレームミラーレスカメラSL2-Sを発表した。

BIS 機能付き24.6メガピクセルセンサーを搭載

新しいSL2-Sには、フルフレームの24.6メガピクセル(6072 x 4056)3:2 BSICMOSイメージセンサーと同社独自のMaestroIIIイメージプロセッサーが搭載されている。これはSL2の47.3メガピクセルに比べると解像度は低いがピクセル自体は大きいため、動画撮影にとっては低照度特性で有利だ。光感度はISO50から100,000まで使用できる。センサーは5軸センサーシフトIBISを備えている。

SL2-SはライカLレンズマウントを採用しており、Lマウントアライアンスにより、多くのネイティブレンズから選択できる。Lマウントのフランジバックが短いため、事実上すべてのレンズを適合させることができる。

オートフォーカス

オートフォーカスに関しては、コントラストベースAFシステムを採用している。最大480fpsでリフレッシュでき、静止画と動画どちらでも有効だ。また、被写体検出モードを使用することで、被写体追跡でも機能する。 なお、225の選択可能なAFエリアが可能となっている。

Leica SL2-S Camera Announced. Source: Leica

25fps 14-Bit DNG RAW連写

静止画機能では、電子シャッターで最大25fpsのフル解像度14ビット DNG RAW写真を撮影できる(メカニカルシャッターで9fps)。これは4GBバッファーを使用することにより、連続記録時間無制限で撮影できる。つまり、理論的には6K/14ビット/DNG RAWビデオを25fpsで撮影できるということだ。これは興味深いことだが、実用性をテストする必要があるだろう。もちろん、このモードでは録音はできない。

Leica SL2-S Camera Announced. Source: Leica

ビデオ記録

内部ビデオ記録モードでは、SL2にあった5K/30pモードは搭載されていない。 SL2-SはDCI4Kが最大で、すべての内部録画モードはH.264でのみ使用できる。ビデオ記録に時間制限はなく、次の解像度とフレームレートで内部的に記録できる。

  • DCI 4K (4096 x 2160) at 24.00p/25p/29.97p – 400 Mb/s MOV 4:2:2 10-bit
  • DCI 4K (4096 x 2160) at 50p/59.94p – 150 Mb/s MOV 4:2:0 8-bit
  • UHD 4K (3840 x 2160) at 23.976p/25p/29.97p – 400 Mb/s MOV 4:2:2 10-bit
  • UHD 4K (3840 x 2160) at 50p/59.94p – 150 Mb/s MOV 4:2:0 8-bit
  • Full HD (1920 x 1080) at 23.976p/25p/29.97p/50p/59.94p – 200 Mb/s MOV 4:2:2 10-bit
  • Full HD (1920 x 1080) at 100p/119.88p/180p – 200 Mb/s MOV 4:2:0 8-bit
  • UHD 4K (3840 x 2160) at 23.976p/25p/29.97p/50p/59.94p – 100 to 150 Mb/s MP4 4:2:0 8-bit
  • Full HD (1920 x 1080) at 23.976p/25p/29.97p/50p/59.94p/100p/119.88p/180p – 20 to 150 Mb/s MP4 4:2:0 8-bit
Leica SL2-S Camera Announced. Source: Leica

記録メディアはUHS-II SDカードを使用し、デュアルメモリカードスロットを備えている。専用のハイブリッドログガンマ(HLG)モードとL-Logガンマプロファイルが用意されている。またフルサイズのHDMIポートを介してで最大DCI4K/4:2:2/10ビットを59.94fpsで出力できる。

カメラボディ

カメラ本体は、耐候性を備えた堅牢なマグネシウム合金製。バッテリーとメモリーカードを含めた重量は931g。背面には5.76mドットのEyeRes OLED EVFと3.2インチ2.1mドットのタッチスクリーンLCDがある。残念ながら、LCDは固定されており、角度調整はできない。さらに、上面にもLCDがある。 オーディオに関しては、外部マイクとヘッドフォン用の3.5mmジャックが2つ用意されている。

Leica SL2-S Camera Announced. Source: Leica

内蔵のUSB Type-Cポートは、高速ファイル転送、テザリング、またはカメラ内の高速バッテリー充電に使用できる。バッテリーは1860mAhのBP-SCL4リチウムイオンバッテリーパックを使用する。

価格と発売時期

SL2-Sの希望小売価格は60万円(税別)とされている。

ライカのWebサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する