Lindsey Opticsがラージフォーマットディレクター用ビューファインダーを発表

Lindsey Opticsがラージフォーマットディレクター用ビューファインダーを発表

アメリカのフィルター専門メーカー、Lindsey Opticsは、ラージフォーマットのディレクター用ビューファインダーを発表した。このビューファインダーには3つの異なる光学系が付属しており、S35からAlexa 65までのフォーマットをカバーする。

LindseyOptics_Featured

Image credit: Lindsey Optics

主な特長

Lindsey Opticsは、Brillant²シリーズのような高品質のシネマフィルターでよく知られているが、同社は次のようなフォーマットに対応したラージフォーマットのディレクター用ビューファインダーを発表した。

  • Large Format (ARRI Alexa 65 and RED Monstro 8K).
  • Full Frame ( Sony VENICE).
  • Super 35.

各フォーマットを切り替えるには、ビューファインダー内のモジュールを変更する必要がある。しかし、方法は簡単で、ボタンを押すだけでモジュールが着脱でき、ツールは不要で簡単に行える。

LFビューファインダーはLPLレンズマウントを備えているが、LPLからPLへのマウントアダプターも含まれている。視度は-4から+4まで調整できる。

LindseyOptics_01

Image credit: Lindsey Optics

このビューファインダーは、スライド機構でハンドルエクステンションに取り付けできる。 Kippアームを緩めると、使用しているレンズの重量に応じて、重心を調整できる。

またこのビューファインダーには、ロゼットでの調整が可能なオークハンドルベースが付属している。アクセサリーをビューファインダーやスタンドに取り付ける場合は、ビューファインダーのベース、ハンドルエクステンションのベース、あるいはオークハンドルベースの1 / 4-20インチの取り付けポイントを使用する。

価格と発売時期

Lindsey Opticsラージフォーマットディレクター用ビューファインダーは現在10,000ドルで入手できる。この価格帯では、ほぼレンタルのみの製品と言えるが、たとえばP + S Optica Magnusフルフレームファインダーも同程度の価格となっている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する