IdolcamがKickstarterに登場 - ジンバル搭載でレンズ交換できる4Kアクションカメラ

IdolcamがKickstarterに登場 - ジンバル搭載でレンズ交換できる4Kアクションカメラ

IdolcamKickstarterに登録された。これは交換レンズとライトを備えた4Kアクションカメラで、ジンバルも装備している。以下に詳細を紹介しよう。

このIdolcamのKickstarterプロジェクトは、交換レンズと照明を備え、世界初のポケットサイズのスタビライザー付きカメラだ。

オールインワンカメラ 3軸ジンバル+ライト+レンズ

Idolcamの創設者は、ドローンとジンバルを開発していた人たちだ。彼らは、カメラ単独で、あるいはドローンやリモートコントロールされたクルマにスタビライザー機能を取り付け操作できるカメラの設計に努力している。

The Idolcam is installed on a remote car

Idolcamには、3軸ジンバルが一体化されており、揺れを補正し、安定した映像を撮影できる。

また、Idolcamにはマグネティックレンズシステムが搭載されているため、素早くレンズ交換ができる。今のところ、このプロジェクトでは、標準と広角の2本のレンズが用意されている。しかし、今後更なるレンズが開発される予定。レンズは磁石が付いており、カメラに簡単に取り付けられる。ライトも同様の方法で着脱でき、レンズやライトは素早い着脱が可能だ。

More interchangeable lens options

General view of the Idolcam

Interchangeable lights

プロモーションビデオ

4番目の軸、サスペンションアーム

第4の軸であるサスペンションアームは、興味深い。これは、3軸ジンバルでは補正できない垂直方向の揺れを軽減し、Steadicamsに匹敵する安定した撮影をすることができる。

このアームはまだ準備段階だが、将来はGoProsなど他のアクションカメラに実装できる製品として考えられている。

The 4th axis suspension arm

Idolcamの差異化点

Idolcamチームは、Idolcamを GoPro + KarmaやDJI Osmoのような同類の製品と比較している。以下はそれらの比較表だ。この情報はメーカーから直接得たもので、その比較の方向性が見える。

Comparison between Idolcam to similar products

主な仕様と機能

  • イメージセンサー:ソニー製12メガピクセルセンサー
  • フレームレート:4K(3840 x 2160) – 25/30 fps、2.5K(2560 x 1440) – 30/60 fps、1080p(1920 x 1080) – 30/60/120 fps、720p(1280 x 720) – 30 / 60/120 / 240fps
  • 記録フォーマット:mp4、H.264
  • 接続性とポート: Wi-Fiでスマートフォンを接続しアプリ(現在iOS / Android用)でコントロール。
  • ストレージ:64 GBまでのMicroSDカード
  • バッテリー: 1500mAhのリムーバブルバッテリー
  • 写真モード:セルフタイマー/連続撮影可
  • タイムラプス:1/ 2/5/10/20/30/60秒。
  • ホワイトバランス:マニュアル/オート/白熱光/ D4000 / D5000 /昼光/曇り/ D9000 / D10000 /フラッシュ/蛍光灯/水/屋外
  • オーディオビットレート: 48KHz、チャンネル(モノラル)

価格

初期オーダーでは375ドルで購入することができる。キャンペーンは、こちら。

セットには、カメラ本体、2本のレンズ、2個のライト、バッテリー、180度回転タッチスクリーン、充電とファイル転送用のミニUSBケーブルが同梱される。

最後に

Idolcamは非常に面白いアイデアだが、映像制作ではなく、一般ユーザー向けだろう。プロの映像制作には画質的に十分ではない。見た限りでは、ビデオ画質は GoProやDJIのカメラのレベルには達していない。しかし一般消費者が日常で使用する分には面白いカメラだろう。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する