BMPCC 4K用のケージが続々登場 - Shape、Wooden Camera、SmallRigからも

BMPCC 4K用のケージが続々登場 - Shape、Wooden Camera、SmallRigからも

ブラックマジックデザインの Pocket Cinema Camera 4k(以下BMPCC4K)が高評価に受け入れられているようだ。ネット上にはレビューや他のカメラとの比較、あるいはアクセサリーに関する話題など多くの情報が掲載されている。 cinema5Dのレビューはこちら)。しかし多くのユーザーにとって不可欠な付属品の1つは、操作性を向上するためのケージシステムだろう。 BMPCC 4Kのケージについてはこれまでにも紹介しているが、更にShapeWooden CameraSmallRigからも発売された。

Shape

ShapeのケージはCNC加工されたアルミニウム製で0.3kgと軽量だが、これはフルサイズのケージではないのが理由だ。右側は開いていて、サイドパッドでサポートされており、グリップを快適に握れる。ケージの上部にはコールドシューマウントがあり、上部と側面には多数の1/4インチマウントポイントが用意され、そのほとんどに回転防止ピンホールが付いている。カメラの左側には、HDMIケーブルを固定するクランプがあるが、SSDに録画するためのUSB-Cケーブルも固定できるほど延びないようだ。ケージ底面のバッテリー収納部へのアクセスは問題なく、三脚プレートなどには1/4 “と3/8″の取り付けポイントが用意されている。

Shapeの BMPCC 4Kケージは基本構成で提供されるが、トップハンドルから重装備のマットボックス付きショルダーマウントソリューションまで、さまざまなアクセサリーを組み合わせたキットも用意されている。高品質なShapeのアクセサリーの中で注目なのは、商標ボタンの回転可能なハンドルと、2種類の異なるハンドルグリップと、 BMPCC 4Kケージの左側のサイドハンドルだ。 またSSDマウントも用意されている。

Wooden Camera

Wooden Cameraの BMPCC 4Kケージは全く異なるアプローチだ。これは完全なケージではなく、カメラの左側のロッドで接続された上部と下部から構成されている。ロッドには1/4インチの取り付けポイントがあり、キットに同梱されているWooden CameraのHDMIのL型アングルコネクタが取り付けられる。ケージの底面は、一体になったマンフロットスタイルのベースプレートクイックリリースシステムと、レンズやスピードブースタを固定するピンで構成されている。ケージの上部には1/4インチと3/8インチの多数の取り付けポイントを持つチーズプレートがあり、後者の1つは回転防止ピン用の穴を備えている。ケージは、選択したトップハンドルに応じて2つのバージョンが用意されている。グリップの唯一の違いは材料で、ラバーか木製を選択できる。トップハンドルは上面のチーズプレートの前にネジ止めされており、複数の取り付けポイントと、コールドシューマウント、および15mmのロッドホールがある。ケージの重さは442グラム。

同社が提供するアクセサリーの中には、カメラ用のD-Tap to DCケーブル、トップハンドルのロッドアタッチメントに取り付けることができるユニバーサルファインダーマウント、15mmのロッド用ベースプレート、MFT to PLマウントアダプターがある。

SmallRig

SmallRigのケージはTiltaのものと同じように、2種類用意されている。1つはハーフケージでもう一つはフルケージだ。主な相違点はフルケージでは右側に更に5つの1/4 “と1つの3/8″のマウントポイントがあること。どちらのケージもバッテリー収納部へのアクセスを妨げず、2つの内蔵されたNATOレール(上部に1つ、左側に1つ)と上部にコールドシューマウントを持つ。フルケージには両側にカメラストラップの取り付けポイントがあるが、ハーフケージでは片側のみ。ハーフケージは228グラム、フルケージは300グラムの重さだ。

SmallRigのアクセサリーには、ケージの底面に取り付けられるMetabonesアダプター用サポート、Samsung T5 SSDと互換性のあるSSDマウント、およびケージ側にネジ止めされたHDMIとUSB-Cのクランプが付属している。ハンドルを取り付けるための標準のNATOレールを持つケージでは、SmallRig独自のサイドグリップとトップハンドルか、NATO対応のハンドルメーカーのものが使用できる。もちろんこのケージは、オフセットショルダーマウント、EVFとモニターマウント、マジックアームなど、SmallRigの多くのアクセサリーに対応している。

比較

これらのケージを他のケージの比較は、以下の記事を参照いただきたい。

各社のBMPCC4K用ケージの価格は、以下の通り

  • SmallRigは、それぞれ 55.00ドルと$69.00ドルから
  • Tiltaは69.00ドル(ハーフケージ)または$99.00ドル(未出荷)
  • Shapeは 175.00ドルから
  • 8Sinnは、$179.00ドル(ハーフケージ)と 279.00ドルから
  • Wooden Cameraは 350.00ドルから
  • LockCircleの価格は未発表

BMPCC 4Kのケージについては、更に他のメーカーから発売されればお伝えしたい。

 

フジヤエービックのショップサイト

Blackmagic Design Blackmagic Pocket Cinema Camera 4k (CINECAMPOCHDMFT4K)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する