NAB2021は中止

NAB2021は中止

10月9日から13日までラスベガスで開催される予定だったNAB 2021は、ソニー、キヤノン、パナソニックの大手カメラメーカー3社の不在もあり、ショー全体が中止さることが決まった。

NAB 2021は2019年4月以来の対面式のショーになるはずだった(2020年は直前に中止になった)。コロナ禍が収まることを期待し、4月から10月に延期したのだ。しかし、今回のショーでは、参加者全員にワクチン接種を義務付け、安全対策を講じてはいるが、機材に触れることは禁止されていた。 もちろんこれは大きな問題で、そもそも人々がトレードショーに参加したいと思う主な理由の1つである「買う前に触れる」ことができなかったのだ。

Image credit: NAB Show website

OfficiaNABの公式声明

NAB Showコミュニティの皆様へ。

私たちは1年以上にわたり、ラスベガスで開催されるNAB Showに安全に業界を集結させるため、たゆまぬ努力を続けてきました。しかし残念なことに、パンデミックとデルタ株の急増は、私たちのグローバル・コミュニティに予想外の乗り越えられない課題をもたらしました。

私たちは常に業界の利益と安全を優先してきましたが、このような問題に直面し、NAB Showや併催イベントであるRadio ShowやSales and Management Television Exchangeを直接開催することができなくなったことが明らかになりました。

NAB Showは、メディア・エンタテインメント業界にとってのプレミア・デスティネーションであり、我々のコミュニティが我々に期待し、期待されている卓越性を欠くようなショーでは前進できません。

来月、直接お会いできないのは残念ですが、2022年4月23日から27日まで開催される2022年NAB Showに集結し、ビジネスへの情熱を再燃させ、前途ある明るい未来に目を向けることを楽しみにしています。 2021年NAB Showのコンテンツの一部をNAB Amplifyで視聴できるバーチャルオプションの詳細については、今後の発表をお待ちください。

NAB Show Statement

CineDも直接参加を見送り

CineDは先日、いくつかの理由でNAB 2021に参加しないことを決めた。チームを危険にさらしたくなかったこと、ヨーロッパからの参加者はアメリカへの入国が許可されないこと、そしてもちろん、多くのメーカーがすでに撤退していたことなどだ。

視聴者の感想

この数週間、私たちはソーシャルメディア上で、実際にどれくらいの人がNABに参加するかというアンケートを実施した。

これは代表的なものではないが、渡航の制限もあり、今年は行かないという聴衆からの圧倒的な声があった。 機器に触れることができないのも大きな理由だ。

結局、大手メーカーが2021年のNABを辞退したことで、主催者側としては、このイベントを完全に中止するしかなかったのだろう。

NAB2022に期待

私たちは、2022年4月23日から27日の間に開催される予定のNAB2022に、再び読者と会い、メーカーと話ができることを楽しみにしている。最後の厳しい「Covidの冬」となるかもしれないが、春には最悪の事態を脱し、このイベントが予定通り開催されることを願いたい。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience