ブラックマジックデザインがATEMミニスイッチャーを発表

ブラックマジックデザインはBlackmagic ATEM Mini Switcherを発表した。これは、HDビデオのミキシング、ストリーミング、ビデオブロギングをさらに簡単にする。

ビジョンミキサーとストリーミングの世界は、複雑で理解するのが難しい場合がある。 ATEM Miniは、キーイング、エフェクト、WebカメラからのYouTubeへのストリーミングなどが簡単にできる小型HDスイッチャーだ。

小型ながら多機能

HDビデオストリーミング、AV制作、およびWebキャスティングを目的としたATEM Miniは、最大1080 / 60pで各種ソースを4系統HDMI入力できる。これらの入力はカメラやゲーム、あるいはパソコンからのもので、このスイッチャーはこれらをクロスコンバージョンまたはアップスケールする。

ATEM Miniには、オーディオコントロールを含む重要なコントロールがすべて組み込まれている。オーディオはビデオにフォローする他、更に別系統のオーディオチャネルとして、2系統のステレオミニジャックオーディオ入力も用意されている。

カット、トランジション、ピクチャーインピクチャーエフェクトも含まれており、ATEM Studio Controllerソフトウェアを介して利使用できる。これにより、イーサネットではなくUSBを介して接続されるようになり、複雑なIP設定のセットアップが不要になった。

ATEM Miniウェブカメラ出力はUSB-C経由で、これはX-SplitのOBSなどのアプリを実行しているパソコンに1080 HD形式で接続できる。

HDMI aux出力も利用でき、ビデオアシスト、外部ディスプレイへの記録に使用したり、より大きなシステムに組み込むことができる。

価格は300ドル未満で、安価なビジョンスイッチャーだ。ユーザーインターフェイスやATEMソフトウェアへの接続は簡単で、個人レベルや小規模なプロダクションに最適だ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する