ニコンがD850を発表 - 4K動画撮影もサポート

ニコンがD850を発表 - 4K動画撮影もサポート

フォトグラファーの間では、ここしばらくニコンD850の発売が噂されていた。D850は次世代のフルフレームDSLRであり、その仕様を見る限り、写真の世界では人気のモデルになるだろう。もちろん、今日ではほとんどのDSLRは専用の「ムービーモード」を搭載しており、ニコンも例外ではない。それではD850の動画機能を見てみよう。

Nikon D850

まず、ニコンのカメラはフォトカメラマンはもちろんビデオカメラマンの間でも非常に人気があることを忘れてはいけない。ニコンD850の前モデルであるD800 / D810はかつて最高の選択肢の一つであり、高品質なHDビデオ撮影ができた。新しいD850の仕様を見る限り、ニコンファンを失望させることはなさそうだ。

D850の写真仕様

以下はD850の写真機能の主な仕様

  • 45.7メガピクセル裏面照射型CMOSセンサー
  • アンチエイリアスフィルタなし
  • 1秒間に7フレームを撮影(オプションのバッテリーグリップ使用時9フレーム)
  • サイレント撮影モード
  • D5の153ポイントAFシステム
  • 内蔵のWi-FiとBluetooth
  • プロカメラとしては手頃な価格、($ 3,000強)

こちらから全仕様を確認できる。

D850動画機能の主な仕様

  • 同社初のフルカラー4Kビデオカメラ
  • 最大30fpsで4K UHDを撮影
  • Full HDで最大120fps
  • 8K Timelapse機能(ビデオシーケンスに8Kの画像を保存)

Nikon D850 - back

写真撮影中にビデオも撮影するフォトグラファーにとって、フルフレーム4Kは歓迎すべき機能だ。ビデオカメラマンにとっては、競合機種に比べスピードアップしているところが嬉しいところだ。

専用のログガンマや、データレート、フラットプロファイルの存在には言及されていない。キヤノン同様、ニコンはこのカメラで映像制作者の興味を引くことは考えていないようだ。残念なことに、下のプロモーションビデオを見ると、ムービーモードは主にフォトグラファーがビデオを撮影する機能という位置付けらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=qqVEod5AtOk

仕様やプロモーションビデオだけでそのカメラを評価するのは適切ではないだろう。オーバーな宣伝はニコンの得意とするところではないし、多くの顧客は同社のカメラの実力を知っているし、実際D800 / D810では映画制作者たちを驚かせた。したがって、カメラのビデオ機能を正しく評価するため、近くテストを行って見たい。

D850は9月8日に出荷を予定している。

D850のWebページはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する