#NoFilter 写真やビデオのタッチアップを禁止する新しいフィルター法がノルウェーで成立

#NoFilter 写真やビデオのタッチアップを禁止する新しいフィルター法がノルウェーで成立

ノルウェーで、タレントのタッチアップを含むコマーシャル写真やビデオを禁止する「#NoFilter」法案が可決された。このようなフィルター法は、善意のものではあるが、クリエイティブ業界全体に問題をもたらすものでもある。

画像を美しくすることと、その画像に写っている人を美しくすることの境界線は微妙だ。この議論は、最初は少し学術的に見えるかもしれないが、ノルウェーの新しい法律によって、非常に現実的な問題になる可能性がある。この法律は、画像の中にそのような作業が行われたことを示さずに、手を加えた画像を投稿することを軽い違法行為としている。違法なタッチアップというのは、ウエストを縮めるような体の変形のようなものから、唇を膨らませたり、顔色を良くしたりするような極端なものまで多岐にわたる。

CineDの読者の多くは、 DaVinci Resolveの「中間調の詳細」スライダーを「俳優をより良く見せる」スライダーと呼ばれるのを聞いたことがあるだろう。このようなものも、いずれ違反行為になるのだろうか?

#NoFilter法の懸案点

現在この法律は、広告を含む商業コンテンツにのみ適用されているが、この原則は、収益化されるあらゆるコンテンツに簡単に適用することができる。もともと広告に焦点を当てたのは、この用途で写真や動画に最も手を加えていたという事実からだが、そのうち一般のユーザーにも及ぶことになる。

Norway photo filter law
Norwegian influencer Erin Kristiansen. Image Credit: BBC

ワシントンポストによると、児童・家族省の州秘書であるReid Ivar Bjorland Dahl氏は、「私たちの目標は、子どもや若者が自分の体を変えなければならないというプレッシャーを経験することなく成長することです」と語ったそうだ。ノルウェーは、新しい社会的・技術的影響に対して、常にどちらかというと活動的な姿勢をとってきた。そのため、身体に関する問題を認識した上での今回の反応は、北欧の国として考えられるものだ。

私たちの多くは、ノルウェーに住んでいるわけでも、ノルウェー政府のような行動をとる政府の下に住んでいるわけでもないが、この#NoFilter法は、テクノロジーがもたらす社会的変化の驚異的なスピードを抑制しようとする、世界規模での一般的な圧力に対する反応と言える。その目的は、「ボディプレッシャー」、つまり、普通の人間の体、あるいは物理的にリアルな体では十分ではないという考えを牽制するものだ。

果たしてこれはうまくいくだろうか?それとも、ノルウェーのクリエイターたちをインターネット上で最悪の容姿にするだけで、何の成果も得られないのだろうか?どちらにしても、この規制がアートに強力な影響を与え、全体的にマイナスの影響を与える可能性は無いだろうか。

filter laws
Critics are becoming increasingly aware than colorizing footage can cast different groups in very different emotional lights.

文化への介入は、予期せぬ結果を招くことがある

ノルウェー政府は確かに興味深いことをしようとしているが、ある教授がワシントンポスト紙に語ったように、これは「傷口に貼る絆創膏」のようなもので、これで本質的な解決になるわけではない。ただし、この法律を支持している多くのグループの中に、ノルウェーの若者たちが含まれていることは注目に値する。

しかし、視覚メディアに支配された文化において、タッチアップは生まれつきの美男子に限定されないことを保証するものである、という主張もある。化粧を制限することで、ノルウェーは、大きな唇、小さなお尻、シミのない肌を持って生まれた人々に特権を与えることになるのではないだろうか。

テクノロジーが特定の体型に対する好みを生み出したという前提があるが、その好みが物理的なものであるために絶対になくならないのであれば、その好みを体現することを妨げることは、単に競争に勝つことを妨げることになる。これは、スポーツにおけるパフォーマンスの議論に似ているが、被害を受けているのは競技者ではなく、観客だ。

Image Credit: Victoria’s Secret

クリエイターは誰よりも加工を嫌う

クリエイターは、画像に手を加えなければならないことを、時間やコストの面からも、またその必要性自体からも、しばしば窮屈に感じている。ノルウェーでは、多くの人が「#NoFilter」法を支持している。これは、自分が嫌だと思う方法で外見にフィルターをかける必要がなくなることを期待してのことだ。

ノルウェーがこの変化を十分に実施して結果が出るまでは、ノルウェーに続く国はほとんどないだろう。私たちは、この法律がどのような影響を与えるのか、それを見守る必要がある。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience